スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] テーマ : | トラックバック(-) | コメント(-)| 編集]

赤い衝撃 第29話(最終回)「愛よ走れ!」 

鈴代はスーパーのレジうち、兵吉は駐車場の料金受取人、
豊は病院の勤務医と、大山家の人々はそれぞれ新しい生活の第一歩を踏み出していた。
友子はトレーニングを続けていた。
秀夫も友子のトレーニングを一緒にこなしたりもした。

豊が兵吉の家に帰ってくると、政子がヒステリーを
起こしてアパートを飛び出してしまったと言った。
政子は以前の生活を取り戻そうと、高級クラブで
ホステスとして働き出そうとするが、接待がうまくいかなかった。

政子は通りすがりの優しそうな男に声をかけられ
ついて行ってしまう。その光景を友子はみていたが、
その男はヤクザで女を外国に売り飛ばす悪い男ということを
そばにいた人から聞いた。
政子は車でその男と移動しようとしたが
友子は政子を説得しようとした。
政子は友子の説教など、耳を貸さず車に乗って
走り去った。
しかし、友子は車の後を走って追いかけた。
そして、友子は転んで倒れてしまった。
その光景をずっとみていた政子は車を無理矢理止め
友子のそばに駆け寄った。
友子は政子に必死に説得を続け
政子は友子の優しさに感動した。


友子はトレーニングを続けるもののタイムは13秒5で、
それ以上タイムが縮まらない。
このままでは競技会の予選タイム12秒5を切ることができないと
焦りと落胆が友子を襲った。
秀夫はつい半年前までは下半身麻痺で車いす生活だったのに
13秒5のタイムが出るのはすごいと褒めたが
友子は心の底から喜べなかった。
しかし、秀夫の必死の励ましに再び友子はやる気をだし
トレーニングを続けた。
そして、ようやくタイムを12秒6まで縮めることができた。


大山豪介は面会に来た友子からまだ文子から秀夫との結婚の
許しが出ていないことをきき、文子を東京拘置所に呼び出した。
そして、大山豪介は文子に友子と秀夫との結婚を
許してやってくれと頼むが、文子は納得することはなかった。


友子のトレーニングは続き、コーチ自らタイムを計ることになった。
そして、とうとう友子は12秒4のタイムを出すことができ
コーチも競技会に出場することを認めた。


友子は新田家にいる文子を訪ねた。
友子は競技会が終わったら秀夫と別れると明言した。
もともと秀夫にトレーニングを頼んでいたのは
秀夫に元通り走れるようになって安心して欲しかったからだと
いう。
友子が秀夫のために一生懸命だったことに
文子は少し感慨深いものを感じた。


秀夫は水谷課長に大山豪介に競技会をみせたいという。
しかし、水谷課長はその場ですぐには返事できなかった。


友子が走る競技会の日がやってきた。
鈴代、政子、兵吉、豊は競技会の見学にやってきていた。
鈴代達は、競技会の見物客の中に文子を見かけた。
さらに、水谷課長は大山豪介を拘置所から競技会に
移送してきていた。


100メートル走がスタートした。
しかし、友子は足の痙攣で途中転んでしまった。
しかし、そのまま友子は自分の力でゴールに向かって
走り始めた。

大山豪介は秀夫にテープを切って欲しいと頼み
豪介と秀夫はゴール地点まで走っていき
テープを張って友子のゴールを待った。

そして、友子は最後まで走り抜きゴールした。
友子にすぐに駆け寄ってきたのは文子だった。
文子は友子と秀夫との結婚を許した。

秀夫は友子を抱え、フィールドを後にする。
秀夫は友子の傷の手当てをする。
友子はもうスプリンターは諦めた、
でも人生のテープを切ることはできると
新たな人生のスタートに強い意欲をみせた。


そして、最後に友子と秀夫は2人並んでトラックを併走した・・・・・・。


赤い衝撃1...

赤い衝撃1...
価格:4,536円(税込、送料別)

スポンサーサイト
[ 2011/08/20] テーマ : テレビドラマ | TB(0) | CM(0)| 編集]

赤い衝撃 第28話「流せ熱い涙 心ゆくまで」 

大山豪介は高知から北川に電話した。
大山産業の後始末を北川に任せると言うが、
北川はもうその手は食わない、信じないと突っぱねる。
しかし、大山豪介は真摯に頼み込み
大山産業や鈴代、友子のことを頼むと改めて言い
北川は引き受ける。

一方、矢野ジローは高知にたどり着き
大山豪介をつけ狙っていた。


鈴代は大山豪介が風呂からなかなか帰ってこないのを
不審に思い宿内を探し回っていた。
そこに秀夫がやってきた。
大山豪介の行方が分からなくなったことを鈴代から聞くと
大山豪介の「最後の・・・」の言葉から
大山豪介が自殺を図ろうとしていることを察知した。

そこに、東京から大山豪介に向けて電話が来た。
秀夫が電話を取ると、電話の主は北川だった。
北川は矢野ジローが大山豪介を殺しに高知に向かったことを
伝えた。

秀夫、鈴代、友子は大山豪介を捜し始めた。

秀夫は大山豪介の父親がどこで亡くなったのか鈴代に尋ねた。
そして、漁師の父が亡くなった岩場がある岬に向かった。

岩場にたどり着くと、大山豪介が身軽な格好で大きな岩に向かって
舟をこぎ出していた。
秀夫は大山豪介の自殺を止めさせるため舟に向かって
泳ぎ始めた。
大山豪介は激しい荒波のため、舟から放り出され
海に落ちたが、なんとか秀夫が助け出した。


鈴代と友子が大山豪介に駆け寄った。
大山豪介は死なせてくれというが
友子達の説得により、自殺を思いとどまった。
秀夫も大山豪介のことが好きだと言い、
生き続けて欲しいと頼んだ。


北川が到着した。
大山豪介は北川と15000人の従業員を抱える大山産業の
今後のことを話し合いたいから少し時間をくれといった。

鈴代と友子は先にパトカーで宿屋に帰った。


大山豪介と北川が話し合っている最中
矢野ジローが猟銃で大山豪介を狙って発砲してきた。
秀夫が被弾してしまった。
さらに矢野ジローは発砲を続けてきた。
北川は矢野ジローを止めようと矢野ジローに
向かっていったが、数発被弾してしまった。

弾切れになり逃走を始めた矢野ジローを秀夫は
追いかけ、逮捕した。

北川は病院に運ばれたが、虫の息だった。
そして、北川は病院に見舞いに来た友子に
看取られ死んでいった。


病院の玄関口で大山豪介は秀夫に手錠をかけろと
いった。
自首するつもりの人間に手錠の必要は無いと
秀夫は断るが、新田雄作に報いるため
新田雄作に変わって手錠をかけろと言った。
秀夫は友子や鈴代の目の前で手錠をかけ、
そして、警察まで連行した。


文子と秀夫は新田雄作の墓参りをしていた。
そこに、北川の初七日のついでに立ち寄った
鈴代と友子がやってきたが、
文子は追い返そうとした。
友子と秀夫の結婚も頑として許さないことを
明言した。


大山豪介はマロン製菓の社長と大杉ミサコ
を拘置所に呼び出し、大山産業の後処理を
頼んだ。


そして、大山豪介は自分の所有する財産を
すべて処分することを決め、政子や豊、鈴代や友子は
無一文となった。
そして、大山家から退去することになった・・・・・・。


赤い衝撃1...

赤い衝撃1...
価格:4,536円(税込、送料別)

[ 2011/08/19] テーマ : テレビドラマ | TB(0) | CM(0)| 編集]

赤い衝撃 第27話「母と娘のさすらいの旅」 

秀夫は友子に会った。
秀夫は書類の入ったトランクを渡して欲しいと友子に言うが、
友子はもう少し待って欲しいという。


友子と鈴代が兵吉の家に帰り際、豊が駆け寄ってきた。
怪我をした北川から連絡を受けて、矢野ジローが書類の入った
トランクを奪うために押しかけるはずだときいて
とんできたのだった。

友子と鈴代はその話を聞いて驚いて急いで兵吉の家に
戻るが、時は既に遅かった。
資料の入っていたトランクは既に奪われていて
兵吉が縛り上げられていた。

そこに大山豪介が怒鳴り込んできた。
友子に裏切られたと信じ込んでいた大山豪介は
もはや誰も信じていなかった。


大山豪介は再び北川と接触を試みた。
大山豪介は北川に、友子のために財産を
どうしても残さなければならない、そのために
大山産業は潰してはならない、大山産業は
大山豪介のワンマン経営で成り立っているから
自分が逮捕されるのは避けなければならないと、
友子をダシにして、北川を言いくるめようとした。
北川は、友子のためと思い、再び大山豪介と
手を組んでしまった。


矢野ジローは北川に連絡を取ってきた。
北川は大山豪介にそのことを報告した。
北川は釣り道具を買うふりをして、トランクケースから
資料を移したクーラーボックスを矢野から受け取った。

北川は尾行していた秀夫をまいた。
そして、北川は大山豪介にその書類を手渡した。
大山豪介は資料が戻ってきたことを確認すると
北川を裏切り、5000万円の小切手を手渡し
追い返そうとした。
裏切られたと知った北川は怒りにあふれ
大山豪介の後頭部を花瓶で殴り、クーラーボックスを
取り戻した。

そして、その資料が入ったクーラーボックスを
大山家の外で見張っていた秀夫に手渡した。


秀夫は大山家を訪ね、明日には大山豪介の逮捕状が
でることを予告した。
大山豪介はその夜、友子の寝ている姿を確認すると
一人大山家をでて、四国の高知の生家に向かった。


朝になると大山豪介の姿が見えなかった。
鈴代はふと大山豪介は生家のある高知に向かったのではと
思い、友子と一緒に高知に向かった。


鈴代と友子が大山豪介の生家にたどり着くと
そこに大山豪介がいた。
そこで、大山豪介は今夜は親子三人水入らずで
最後の晩餐を楽しもうと言った。

同じくその場に駆け付けていた秀夫は
大山豪介と鈴代と友子の三人だけで今夜は
過ごさせてあげようとした。
しかし、大山豪介の言葉、「最後の・・・」の
言葉が気になった。


大山豪介と鈴代と友子は阿波踊りを踊りながら
楽しい夜を過ごした。
途中で、大山豪介は風呂に行くと言い、
その場を退席した。


しかし、大山豪介はしばらく帰ってこなかった・・・・・・。


赤い衝撃1...

赤い衝撃1...
価格:4,536円(税込、送料別)

[ 2011/08/18] テーマ : テレビドラマ | TB(0) | CM(0)| 編集]

赤い衝撃 第26話「娘は悲しい…父二人の争い!」 

雄作が死んでからというもの、文子はずっとふさぎ込んでいた。
秀夫に大杉ミサコと結婚して安心させて欲しいというが
秀夫は矢野ジローと大山豪介の逮捕のことで精一杯で
結婚のことは考えられないといった。

友子はトレーニングに励んでいた。
北川は自分の本当の娘友子の様子を物陰からじっとみていた。
そこに鈴代が来て北川に気づき、友子には会わないでくれと
頼んだが、北川は友子が自分の本当の娘だと知ってから
情が湧いてきてしまったと言った。

鈴代や友子が身を寄せている兵吉の家に北川が
突然やってきた。
鈴代と友子の表情が曇った。
北川は友子にプレゼントを贈りたかった。
友子は本当の父親北川にコップを渡しビールを注いで
プレゼントのお礼を言った。
北川は感動した。
友子は今後何度でも北川に会ってもいいと約束した。

兵吉の家を盗み見ていた政子は友子が北川の本当の
娘であることを知った。

政子は大山豪介にこのことを報告すると
大山豪介は北川が友子を奪い去るのではないかと
思い込んだ。


秀夫が兵吉の家にやってきた。
そこで北川に会い、北川がこれからは友子のために
生きていくと改心したことをきいた。

秀夫は友子に競技会の100メートル走にエントリーしてきたことを
伝えた。
友子はまだ無理と言うが、秀夫は友子を励ました。

そこに、大山豪介が乗り込んできた。
大山豪介は北川に友子から離れろといい
威圧的な態度に出た。
しかし、北川はその要求を拒否した。
怒った大山豪介は北川を大山産業から首にした。

大山豪介がその場から去った後北川は
大山豪介を陥れる切り札をもっていると
つぶやいた。秀夫はそれを聞き逃さなかった。


北川が個人の金庫から資料を持ち出したところに
秀夫がやってきた。
その資料を警察に提出して欲しいと秀夫が言うと
北川は一日だけ待って欲しいといった。


北川は自宅に戻り、豪介が悪事を働いた資料の整理、確認を
していると矢野ジローが入ってきた。
矢野がその資料は何だと尋ねると北川は大山豪介の
背任、横領、脱税といった悪行の証拠資料だと言った。


北川は友子の元に出向く。そして友子に資料を渡し
秀夫にこの資料を提出するかどうか友子に任せるといった。
しかし、鈴代はその資料は一時期私に預けて欲しいといった。

その様子を政子が見ていた。
政子は大山豪介に報告した。
政子は豪介に対して点数を稼ごうと資料が入った
トランクを取り戻そうとするが、鈴代に阻止されてしまった。


大山家を鈴代と友子が訪れた。
二人は大山豪介に自首を勧めた。
しかし、大山豪介は自首を拒否した。


北川は秀夫と再び会った。
北川は資料が入ったトランクを友子と鈴代に
渡したと言った。


北川が自宅に戻ると、矢野ジローは怒りまくっていた。
北川がまだ資料を警察に届けておらず大山豪介が
逮捕されていないからだ。
そこに政子がやってきた。
矢野ジローは政子から書類の入ったトランクは友子と鈴代の
ところにあるときいて、そこに向かった。


矢野ジローは兵吉の家に押し入り
トランクを奪ってその場を去った。


そして、矢野ジローは大山豪介に電話を入れた。
矢野ジローは友子からトランクを友好的に受け取ったと
嘘をいい、電話を切った。


大山豪介は矢野ジローの嘘話を信じ込んでしまい
17年間手塩にかけて育ててきた友子に裏切られたと
思い込み、怒り狂った。

赤い衝撃1...

赤い衝撃1...
価格:4,536円(税込、送料別)

[ 2011/08/18] テーマ : テレビドラマ | TB(0) | CM(0)| 編集]

赤い衝撃 第25話「私の出生の秘密が今…」 

雄作の葬式が営まれた。雄作の葬式に参列した
友子や鈴代に対し、文子は目の敵にして追い返そうとした。

一方、大山豪介は秘書の北川に怒りをぶつけていた。
これでは、秀夫が雄作を殺したのは大山豪介と思うに
違いなく、大山産業の後継者にするのが難しくなったからだ。

大山家に秀夫が乗り込んでいった。
雄作が殺害された現場に残された拳銃から
矢野ジローの指紋が検出されたことから
雄作を殺した黒幕が大山豪介だと判断したからだった。

もうこうなっては秀夫を大山産業の後継者に
することは難しいと判断し大山豪介は諦めた。
そして、豪介は追い出した友子を再び大山家に呼び戻し
友子の婿をとって後を継がせようとした。

落ち込んでいる友子がいる兵吉の家に
江崎が訪れてきて、友子を励ました。

ここ数日江崎の元に鈴代は差し入れをしていた。
そんな情報をつかんでいた北川は大山豪介に
このことを報告し、大山豪介が鈴代と
仲違いすることを策略した。

江崎と鈴代が逢い引きしていると思い込まされた
大山豪介は江崎のいる病室に乗り込んでいった。
大山豪介は江崎と鈴代との関係を勘ぐり
友子も実は江崎と鈴代の子供ではないか?と
問い詰めたところ、
鈴代は違う、友子は自分と北川の娘であることに
間違いないと念を押した。

それをこっそりきいていた北川はショックだった。
北川は鈴代に友子が本当に自分の子供なのかと
問い詰め、鈴代は素直に認めた。


友子は雄作の初七日に新田家に弔問した。
文子はもはやぬけがらのようになってしまっていた。

友子は秀夫に雄作を殺したのは大山豪介ではない
信じて欲しいといい、秀夫は友子を信じることにした。


友子はジョギングの訓練をしていた。
そこに秀夫がやってきた。
友子は必死にジョギングができる姿を見せようとした。
友子が健康な身体になれば問題が解決すると江崎に
言われたことを固く信じていたからだ。


友子は、自分にとても優しい江崎に父親になって欲しい
いや、父親のハズだと信じ込んでしまった。


秀夫を後継者にすることに失敗した大山豪介は
リハビリ中の友子を無理矢理家に連れ帰ろうとした。
そこに、友子の様子を見ていた北川が止めに入った。
北川は友子には手を出すなと大山豪介に
たてついた。

北川と豪介の押し問答で友子は自分の本当の父親が
北川であることを知った。
その場に居合わせた江崎に友子は本当に自分の父親
が北川なのかと問い詰めたが、江崎は何も言うことが
できなかった。
その沈黙は友子が北川の本当の娘であることを知るに
十分の状況だった。
友子は江崎が本当の父親だと思い込んで信じ切っていただけに
相当のショックを受け、行方をくらませた。


友子はさまよったあげく、結局兵吉の家に戻ってきた。
江崎が兵吉の家に来ると20年前の話を始めた。
まだ医学生だった江崎は鈴代に恋をしたが、
鈴代の実家の佃煮屋が倒産して、鈴代は働かなければ
ならず、踊りの師匠になった。
一方、江崎も貧乏な医学生だったが、アメリカ留学の
チャンスに恵まれたので、思い切ってアメリカに留学
を決め、鈴代を見捨ててしまった。
そんなとき、鈴代を慰めたのが北川だったのだ。


友子は江崎の説得で鈴代を大切にしようと心に決めた。


友子はまた再びリハビリに励み、
フィールド上でジョギングの訓練を続けた。
そこに、秀夫も一緒にジョギングの訓練を始めた。


そんな光景を鈴代は見ていたが、そこに北川が
現れた。
北川は鈴代に、友子を大山豪介には渡さないと
強い語調で言い切った。

鈴代は、大山豪介と北川が友子を奪いあい、
さらなる問題がおこるのではないかと嫌な予感がしていた・・・。


赤い衝撃1...

赤い衝撃1...
価格:4,536円(税込、送料別)

[ 2011/08/13] テーマ : テレビドラマ | TB(0) | CM(0)| 編集]





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。