スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] テーマ : | トラックバック(-) | コメント(-)| 編集]

赤い運命 第8話「他人を装う父と母…」 

直子は父が殺人犯ということで、近所からきつい仕打ちを
受けていた。
そして、近所の住民からアパートを
出て行くようにといわれてしまった。

由美子は実の娘直子がひどい仕打ちを受けていること
に我慢ができなくなり、検察庁に赴き、
信人にどうにかするように相談した。
しかし、信人はどうすることもできないといった。

一方、由美子が検察庁に赴く様子を尾行していた者がいた。
由美子の現在の亭主である大竹修三であった。
修三は由美子になぜ検察庁に赴いたのか問いただした。
由美子は仕方なく直子といづみが入れ替わってしまっている事情を話した。

由美子はそのことを黙っているように修三に頼んだが、
由美子を盗られたくない修三は、拘置所に拘束されている島崎に
事情を全部話してしまうのだった・・・。

【25%OFF】[D...

【25%OFF】[D...
価格:3,780円(税込、送料別)

スポンサーサイト
[ 2011/06/09] テーマ : ドラマ・映画 | TB(0) | CM(0)| 編集]

世界各国の日常を臨場感たっぷりに映すドキュメンタリー番組「グローバル・ビジョン」 

グローバル・ビジョンというのをご存知でしょうか。
グローバル・ビジョンは、これまで50を超えるテーマで
40ヶ国以上を取材、世界各国の日常を臨場感たっぷりに映す
ドキュメンタリー番組なんですよ!

TwellV (BS12)では毎週日曜夜9時から、
ヒストリーチャンネルでは毎週土曜と日曜の朝10時から放送中
なのです。

BSやCSは視聴環境が整ってないから
見ることできないや、とお思いの方
心配ご無用です。
ネット配信もしているのですよ。

私は今回「世界のお菓子」をみてみました。
世界には本当にたくさんのお菓子があるなと思いました。
世界にあるカラフルなお菓子もよかったのですが、
この番組の良さはお菓子の種類だけではなくて
お菓子を通じて親子や、地域の子供と老人といった
人の触れ合いをうまく映像で見せているところですね。
特に、日本の駄菓子は本当に昔のことを思い出させてくれます。
なぜか、駄菓子を売っている店は売り子が
おばあちゃんなんですよね。
子供の頃の思い出がこの番組をみて
懐かしく思い浮かんできました。

今、番組見逃し視聴をみてクイズに答えると
プレゼントがもらえるキャンペーンを実施している
みたいですよ!
ぜひチェックしてみてください。

[ 2010/03/01] テーマ : 今日見たテレビ番組 | TB(0) | CM(0)| 編集]

小田和正の「ババア」発言が不愉快(読売新聞・放送塔) 

正直、この投書見て笑ってしまった。

ババアで笑えるのは、毒蝮三太夫と綾小路きみまろだけ」って、
あんたの勝手じゃん(笑)。

同様8通ってことは、ババア発言に不快に感じた方がかなり多かったんですかね。

確かに、おばさんを小馬鹿にした発言は多かったかも・・・。

番組見てたんですけど、私は(たぶん)ババアじゃないので(笑)
あまり気にならなかったんですけどね。

個人的には感動のライブでした。

でも、松たか子とかライブ以外のVTRはいらなかったかもしれませんね。


ま、TBSはこんなもん・・・。


今年は、この投書した“お嬢さん”は、
小田和正のこのクリスマス番組みるんでしょうか。



babaa.jpg
[ 2009/01/07] テーマ : ***小田和正&オフコース*** | TB(0) | CM(0)| 編集]

第50回レコード大賞にEXILE、“予想通り”の結果に「茶番」の声も。 

2008年12月31日03時04分 / 提供:ナリナリドットコム

年末恒例のレコード大賞が12月30日に発表され、大賞にEXILEの「Ti Amo」が選ばれた。EXILEはレコード大賞のほかにも、第41回日本有線大賞の大賞やベストヒット歌謡祭のグランプリにも輝くなど、まさに今年の音楽シーンを象徴するアーティストとなっている。

第50回レコード大賞の主な受賞結果は次のとおり。

☆第50回レコード大賞 受賞結果
日本レコード大賞:EXILE「Ti Amo」
最優秀歌唱賞:中村美律子「女の旅路」
最優秀アルバム賞:安室奈美恵「BEST FICTION」
最優秀新人賞:ジェロ「海雪」

なお、EXILEのレコード大賞受賞については、9月4日発売の週刊新潮が「1年前に内定済み」と報じていたほか、同時期にサイゾーも「EXILEの大賞は春の段階で決定、ジェロの新人賞は8月末に決定していた」と報じるなど、早い時期から“出来レース”と揶揄する声が上がっていた。結果的にその通りの結果となったことにネットでは「茶番すぎる」「談合賞」など冷めた反応も出ている。

とはいえ、EXILEに関しては日経エンタテインメントの「アーティスト別CD総売上額」で堂々の1位(107.8億円)に輝いているほか、シングル、アルバム、ミュージックDVDの年間総売上金額をまとめたオリコンの「年間ランキング2008」でも1位(195.8億円)となるなど、今年の音楽シーンで“最も売れたアーティスト”であり、業界への貢献度が高いことは間違いなく、例え出来レースだったとしても妥当な結果と指摘する声も少なくない。

ただし、羞恥心や青山テルマなど、露出や売り上げの面で活躍した面々を抑えての受賞となったジェロの新人賞に関しては、レコード会社の関係者による会談で「CDの売り上げ枚数では、テルマや羞恥心のほうが上ですが、各社演歌市場を盛り上げたいという思惑もあり、今年はジェロで行きましょう、ということになった」とサイゾーが報じていたこともあり、やや不透明感が漂う結果となった。



茶番もここまでくると笑えますね。
何の感動もありませんでした。
でも、青山テルマの曲とか、曲そのものは決して悪くないので
音楽祭としてみている分にはよかったのかもしれません。

司会をしていた人たちは、この茶番をどんな気持ちで
司会進行していたんでしょう。
[ 2008/12/31] テーマ : TBS | TB(0) | CM(0)| 編集]

紅白歌合戦のリハーサル始まる 

2008年12月29日13時45分 / 提供:スポーツ報知

 大みそか恒例の「第59回NHK紅白歌合戦」(後7時20分)のリハーサルが29日、東京・渋谷のNHKホールでスタート。午前中には、2人組ユニットの「WaT」や3人組ユニット「いきものがかり」、2人組ユニット「キマグレン」、木山裕策(40)ら初出場組を中心に登場した。

 ◆Aqua Timez(アクアタイムズ)、堂々と歌いたい
2年ぶり2回目の出場の5人組バンド。ボーカルの太志(28)は「本番が楽しみです。たくさんの人と一緒になれるライブならではの曲。堂々と歌いたい」。披露曲「虹」はソニー・ミュージック史上最高記録のデジタル配信200万ダウンロードを記録するなど充実の一年に。「年中ライブ、レコーディングをやっていた。これからも音を楽しんでやっていきたい」。

 ◆中島美嘉、しっとりと披露
7年連続の出場。バラードナンバー「ORION」をしっとりと披露し「アガリ症なので、いつも通りやりたい」と意気込み。本番当日は黒のロングドレスをまとい、ビジュアルでも魅了する。今年は5年ぶりのドラマにも出演。来年は「50か所弱まわるツアーがあるので、それを成功させたい」と話していた。

 ◆徳永英明、希望の曲で出演に嬉しい
3年連続3回目。「3年目なんで地に足がついてやっています」と笑顔。希望していた楽曲「レイニーブルー」での出演がかない「この曲で紅白に出たい思いが強かった。すごくうれしいです」。衣装も「“ブルー”のスーツにしようと思う。しっとりと聴かせたい」と抱負を話した。

 ◆アンジェラ流のデニム姿
 デビューから3年連続3度目の出場。この日もいつものデニム姿で「(当日も)家からデニムを履いたまま来ますんで、さすがにTシャツじゃなく襟付きシャツで。衣装係みたいなのも一番少ないと思う」とカジュアルな“アンジェラ流”を貫く。これまで合唱で披露してきた「手紙~拝啓十五の君へ~」だが、本番では独唱する予定。

 ◆WaTはリラックスした表情
4年連続4回目の出場となった人気デュオ「WaT」は終始リラックス。今年10月下旬にリリースした新曲「36℃」を熱唱し、ウエンツ瑛士(23)は「(リハーサルで緊張する)キマグレンを見て、ああ、(以前は)僕らがああだったなと冷静になれた。でも結局、本番になって一番緊張するのは僕らなんですけどね」と笑わせた。歌唱中にマイクが倒れるなど過去の紅白ではトラブルにも見舞われたが「まだ何も起きてません」と一息。本番は「派手じゃない、さっぱりしたスーツ」で望むという。今年は2年ぶりの全国ツアーも成功し「来年から僕ら二人とも厄年なのでその前にいろいろやれてよかった」。小池徹平(22)も「リハでステージに立つと年末って感じがする。映画でも役者としていろいろ経験もさせてもらった」と充実の表情を浮かべていた。

 ◆いきものがかり「名前を知ってもらいたい」
デビュー3年目で初出場。ボーカルの吉岡聖恵(24)は「いつもよりホールの熱気がすごい。当日が近づくに連れて興奮してくると思う」。デビュー曲「SAKURA」について水野良樹(26)は「初めての音楽番組がNHKホールで、『SAKURA』を歌った」と思い入れもひとしお。「『いきものがかりという名前を知ってもらいたい」と話した。

 ◆キマグレン「普段よりライブ感を感じると緊張
初出場にイセキ(28)は「普段よりライブ感を感じる」と緊張の表情。クレイ(28)も「昨日何が起こったか分からないくらいの激動だった。来年はもっとたくさんの人に聴いてもらいたい」。神奈川・逗子で海の家のライブハウスを営んでおり、衣装はTシャツ、ハーフパンツにはだしの予定。クレイは「僕らなりの正装。海と夏を届けたい」と話した。

 ◆木山裕策、家族の顔を浮かべて歌う
日テレ系オーディション番組「歌スタ!」をきっかけにデビューしたサラリーマンの星。出版社勤めを続ける“兼業歌手”は「激動の一年だった。出場発表後は夢のような気分。ステージに立って現実感がわいてきた」。4人の男児の子を持つ父親でもあり「当日は緊張すると思うけど、家族の顔を浮かべながら歌いたい」と抱負を話した。



浜崎あゆみはどうなった?
[ 2008/12/29] テーマ : NHK | TB(0) | CM(0)| 編集]





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。