スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] テーマ : | トラックバック(-) | コメント(-)| 編集]

赤い魂 第25話(最終回)「人間の絆、それは愛」 

警察が駆けつけ、大里たちを逮捕した。
取り調べが始まり、刑事(柄沢英二)は大里になぜあの若者を刺したんだと
聞くと、大里は私が刺したわけじゃないと言った。
他方大里の手下(柿沼大介)は俺が刺した、大里は関係ないと言った。

スポンサーサイト
[ 2012/12/09] テーマ : テレビドラマ | TB(0) | CM(0)| 編集]

赤い魂 第24話「花開く素晴らしき人生」 

貴志は栗林の死を見て、大里にあんたがやったのかというが、大里は
あんたとバーで飲んでいただろといって、しらを切った。
貴志はどうして俺を呼んだ、あの男の死を見せつけるためかとおびえながら
聞くと、大里はあんたがそう思うのは勝手だといった。
貴志は大里に脅しているつもりだろうが、俺は恵明会病院の担当理事だ、
病院を自由に出来たらそれでいいだろうと、説得をし始めた。


[ 2012/12/08] テーマ : テレビドラマ | TB(0) | CM(0)| 編集]

赤い魂 第23話「迫る拒絶反応、父娘の闘い」 

和彦は病院に駆け付けた。
手術室の前には寿子と勇作がおり、良子の手術が終わるのを待っていた。
ようやく良子の手術が終わった。
良子はそのまま無菌室へ移送された。
史朗は寿子、勇作、和彦に手術は成功したと言った。
史朗は手術そのものは難しくないが、問題はこれからの拒絶反応だといった。
明子が手術室から出てきた。
和彦、寿子、勇作はまだ麻酔から覚めずに寝ている明子にありがとうと声をかけた。


[ 2012/12/06] テーマ : テレビドラマ | TB(0) | CM(0)| 編集]

赤い魂 第22話「今問われる移植の適否」 

明子は和彦に良子に腎臓を移植できるけど、適合率が低く、
拒絶反応が多くなると言った。
和彦は拒絶反応で良子が死ぬということかと聞くと、明子は死ぬとは限らない、
拒絶反応を何度も乗り越えればいいと言った。
明子は和彦の兄俊之が携わる、史朗が裁判にかけられている移植手術の患者と例と
同じ適合率だというと、和彦は驚いた。


【送料無料】脳死臓器移植は...

【送料無料】脳死臓器移植は...
価格:620円(税込、送料別)

[ 2012/12/04] テーマ : テレビドラマ | TB(0) | CM(0)| 編集]

赤い魂 第21話「手術台上のわが娘」 

史朗は良子の腎臓に適合する重体患者に会うため、恵明会病院を後にした。
栗林は貴志に80パーセントの適合性のあるドナーが見つかったと話した。
自分の腎臓を切り札に揺さぶり続けていた貴志は焦った。


[ 2012/12/03] テーマ : テレビドラマ | TB(0) | CM(0)| 編集]





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。