スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] テーマ : | トラックバック(-) | コメント(-)| 編集]

“冬の時代”を迎えたスポーツタレント(ゲンダイネット) 

●定岡正二、宮本和知、パンチ佐藤といった元プロ野球選手はどこへ…

 かつての隆盛ぶりはどこへやら……。テレビからスポーツタレントの姿が消えている。

 プロ野球引退後にタレントに転身し、一時はバラエティー番組に出まくっていた元巨人の定岡正二や宮本和知、元オリックスのパンチ佐藤、元ヤクルトのギャオス内藤といった面々は、いまや仕事が激減中だ。

 宮本は土曜早朝の「ズームイン!!サタデー」(日本テレビ)と、同局系列のCS放送「G+」でレギュラーを持っているが、かつてのように地上波のゴールデンタイムに登場する機会はほとんどない。

 佐藤は「ジャンクSPORTS」(フジテレビ)からたまに声がかかる程度で、ローカル局への出演、パチンコ屋の営業、講演活動に精を出している。

 定岡は地元・鹿児島で結成したアマチュア野球チームの監督業、内藤はラジオ解説がメーンという状況だ。

 元巨人の元木大介のように大手芸能プロに所属して活躍中のタレントもいるが、気の毒なことに「クイズ!ヘキサゴンII」(フジ)の企画で長縄跳びをやって転倒し、アキレス腱を断裂する重傷を負ってしまった。

「彼らはいずれもプロ野球選手にしてはしゃべれるし、面白いといわれていた連中で、しょせんはにぎやかしの宴会要員です。タレントとして通用するはずがない。消えていくのも当然です」(作家の吉川潮氏)

●ギャラの安い芸人を使え!!

 経費節減が加速しているテレビ局では、番組制作費が大幅にカットされて出演者のギャラも抑えられている。テレビ関係者からは「中途半端なスポーツタレントを使うくらいなら、もっとギャラが安い上に、あれこれむちゃな注文もできる若手芸人を使った方がよっぽどいい」という声が上がっている。これからスポーツタレントはますますお呼びがかからなくなるだろう。

 また、広告代理店が有力企業175社にアンケート調査した「使いたくない男性CMタレントランキング」が「週刊現代」に掲載され、1位・中田英寿、2位・北島康介、3位・朝青龍、4位・秋山成勲と、スポーツ選手が上位を占めた。

 サッカー、水泳、相撲、格闘技のトップ選手もソッポを向かれているわけだ。スポーツタレントにとっては厳しい時代である。

 この惨状を見て、安易にタレントに転身するスポーツ選手が減ってくれればいいのだが。

(日刊ゲンダイ2009年6月24日掲載)

2009年06月27日10時00分 / 提供:ゲンダイネット



板東英二もある意味スポーツタレントなんですけど
世間的にはもう元プロ野球選手のイメージは全くないんでしょうね。

そういえば、昔頻繁にドラマに出ていた赤井英和も
最近ではテレビの仕事やってないですね。

元スポーツ選手は話芸に長けているわけではないので
なかなか芸能界の仕事はきついでしょうね。


北京オリンピックで、リレーで銀メダルをとった
宮下純一(ホリプロ)はタレントとして成功するでしょうか。
[ 2009/06/28] テーマ : 芸能界のニュース | TB(0) | CM(0)| 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://softtouch.blog90.fc2.com/tb.php/1300-07d403ad







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。