スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] テーマ : | トラックバック(-) | コメント(-)| 編集]

HEROES/ヒーローズ シーズン3 第24話(#58) “I Am Sylar”(サイラー) 

現在 コヨーテ・サンズ

クレア、ネイサン、アンジェラ、ピーターの
4人がカフェで食事をとっていた。
クレアがこれからどうするのと聞くとネイサンは
とりあえずワシントンに戻るといった。
すると、クレアがもう戻っているみたい・・・
とテレビを見ながら言った。
ネイサンは不思議に思いテレビを見ると
テレビには演説をしているネイサンが映っていた。
サイラーが変身能力を使ってネイサンに変身し
会見を行っていたのだ。


18時間前にさかのぼる・・・


*************************************


18時間前のロサンジェルス

マット・パークマンは元妻のジャニスに
Jr.を抱っこしながら電話をかけていた。
マットは、Jr.をすぐにジャニスの元に
連れていくよといって電話を切った。
ヒロは、ジャニスは捜査機関から解放されていましたかと
きくと、マットはあぁといった。
しかし、マットの顔色はさえなかった。
マットが、ジャニスの元に行こうとすると
アンドウは、力を貸してほしいといった。
しかし、マットは諦め顔でダンコたちは
殺し屋なんだよ、放っておいた方がいいといった。
ヒロは、そんなのマットらしくない、もっと
勇敢な人のはずだというと、マットはそんなことない
赤ん坊の成長を見ることができなくなるのが怖いんだよといった。
ヒロはわかりました、では第26ビルの場所だけでも
教えて下さいというと、マットはダメだといった。
ヒロはなぜですかと聞くとマットは行ってどうするんだ
時を止めても捜査官が生き残っていたら君たちは
殺されてしまうんだぞといった。
マットは、車でその場を去って行った。

ヒロ達はやむなく2人で立ち向かうことにした。
アンドウが囮になってわざと敵に捕まり
相手のアジトがわかったら、ヒロがアンドウを
救う作戦だった。
モヒンダーが研究室に使っていたアイザックの
アトリエの防犯装置にわざとひっかかった。

間もなく、警官が乗り込んできて発砲してきた。
間一髪ヒロは時間を止めた。
ヒロは、すまんアンドウ、お前が囮だといって
その場を去ろうとすると、アンドウは囮にならない
っていっているだろうといった。
アンドウはヒロの時間制止能力の影響を
うけておらず、普通に動けた。

どうやら、触って発進赤ちゃんの、マットJr.の
力でヒロの能力がパワーアップしたようだ。
アンドウは、時間が停止している状態を
初めてみたので、はしゃいでいた。

ヒロは、やたらアンドウがうるさかったので
一度時間停止を解除した。
すると、アンドウは兵士の発砲したテイザーに
あたってしまった。
すぐに、ヒロはまた時間を停止した。
今度は、アンドウも動かないようだ。


****************************


18時間前のワシントンDC

タウブに変身していたサイラーが目覚めた。
しかし、サイラーは自分がどうしてタウブに
変身していたのか覚えていなかった。
おまけに、なぜか歯も一本増えていた。

ダンコは、サイラーに捜査官がサイラーを発見した
といっていたから、それは間違いだといっておいた、といった。
サイラーは死んだことになっているからな。。
サイラーは、自分が寝る前は変身するつもりはなかったのに
起きたらタウブになっていた、自分の存在が消えそうになっている
といった。
サイラーは、遺伝子を組み替えすぎておかしくなっているんだと
吐き捨てるように言った。
ダンコはサイラーにお前はタウブでしばらくい続けるか
または俺に殺されるかどちらか選べといった。
サイラーはタウブでい続ける方を選んだ。


***********************************


ヴァージニア州のリッチモンド

トム・ミラーの元に反逆者レベルから
すぐに逃げてというメールが送られてきた。
そこにサイラーがやってきてしまった。
トムは、お前がレベルか?ときくと
サイラーはそうだといって嘘をついた。
トムは、どうして俺たち能力者を捕まえようとするのだと
きくと、サイラーは俺たちを恐れているんだと答えた。
サイラーは君の力を見せてくれと聞くと
トムは、近くにあった人形を手を触れない状態で
粉々に砕いてしまった。
サイラーは面白い能力だなといった。
サイラーは、トムに捜査官が追ってきている
奴らに捕まるか、俺についてくるか選べといった。
トムは、君について行くよというと
サイラーは素晴らしい決断だといって
トムの額をカットし始めた。
そのあとにダンコがトムの部屋に突入したが
その部屋には、頭部が切断されているトムの
死体があり、部屋の壁には「俺こそがサイラーだ」
と血文字がかいてあった。

サイラーはダンコの司令室にいた。
ダンコは、サイラーにお前は自分自身を見失いかけている、
自分の存在を確認できる何かを持っておいた方がいいと
いった。


********************************


タウブの部屋

サイラーがタウブに変身していたとき
警官が、サイラーの養母ヴァージニア・グレイの
未解決殺人事件の資料を持ってきた。
タウブに変身したサイラーがそれを受け取った。
その中には、養母ヴァージニアの遺品がたくさんあった。。
そこには、凶器のハサミも入っており、
血が付着していた。
サイラーはその部分を触り、ヴァージニアの
DNA情報を読み取って変身可能になった。

サイラーはヴァージニアに変身を繰り返しながら
自問自答を繰り返してた。
部屋をノックする音が聞こえた。
サイラーがドアを開けると、ダンコだった。
ダンコは、レベルを見つけたからすぐ来いといった。

ダンコ達は、ある建物までやってきた。
ダンコは電源を切れと命令した。
電源が落ちると、建物の中にいたマイカは
敵から逃げるため、逃げる準備を整えた。
ダンコ達は、建物に突入を始めたが、
タウブに変身したサイラーは突入しなかった。
マイカが逃げようとすると、目の前にサイラーが現れた。
サイラーがおまえがレベルなのか?まだ子供じゃないか
といった。
マイカは、サイラーにお前の悩みを知っているよ、
自分自身を見失いかけているでしょ?といった。
マイカは、僕なら解決できるよといったが
サイラーはお前には無理だといったが
マイカは何度も交渉してみた。

ダンコに無線が入り、レベルは建物から逃げ
埠頭に向かって逃走中といった。
ダンコは、埠頭に向かった。

サイラーは今度はマイカに変身していた。
マイカの交渉に応じたのだった。
マイカに変身したサイラーをダンコの部下たちが
追い詰めた。
兵士は、マイカに変身したサイラーを撃った。
サイラーは海の中に落ちた。
ダンコ達が海を探し始めている間に
本物のマイカはその場からうまく逃げた。

ダンコが埠頭の淵に立っているとサイラーが
後ろからやってきた。
ダンコは、お前らしくないな、能力は
奪ったのかといった。
サイラーは奪っていないといった。
ダンコは、これではレベルに敗北したのと
同じだな、とりあえずレベルの機械から
他の能力者の情報を手に入れたから捕まえるのに
力を貸せとサイラーに言った。


マイカは、サイラーの部屋にいた。
話声が聞こえるのでマイカが起きて話し声のする方向を
みると、サイラーは養母ヴァージニアに変身を繰り返しながら
自問自答を繰り返している姿をみた。
サイラーは、それに気付いた。
マイカは、いい考えがあるよ、ネイサン・ペトレリ
に変身して、大統領に自分の考えは間違いだったと
報告することだよといった。
そうすれば、作戦が終了するよといった。
サイラーは、納得したのかどうかわからないが、
マイカを解放することにした。


***************************************


ワシントンパークウェイのボルティモア

アンドウは護送中だった。
兵士になりすましたヒロも一緒だった。
ヒロは時間を止め、アンドウを起こした。
アンドウに繋がれた薬を止め、そして
また時間静止状態を解除した。

しかし、ヒロの隣の兵士が、おまえメガネ
してたっけ?と尋ねてきたので、アンドウが
これはばれると思い、電波を放った。
兵士が倒れ、車が止まってしまった。

ヒロ達は第一の計画は失敗に終わってしまったので、
第二の計画に移り、直接ワシントンに向かうことに決めた。


そして、第26ビルに到着した。
2人は協力しあうことを確認し、いざ突入しようと
してヒロが時間を止めようとしたところヒロの体調に
異常が生じた。
ヒロは頭が痛いといい出し、鼻血を出していた。


***********************************


ワシントンDC ネイサン・ペトレリの事務所

サイラーはネイサンの事務所に入っていた。
たくさんの勲章の数々をみて、とてもうらやましく
思っていた。
サイラーは、机の中からネイサンの使っている
ブラシを見つけ、それを握ることでDNA情報を
直感し、ネイサンに変身した。


******************************


ロサンジェルス ジャニス・パークマンの家

マットはジャニスの家にマットJr.を連れて入った。
そこにジャニスが帰ってきた。
ジャニスは会えてうれしいわといった。
2人がハグすると、マットは近くの捜査官の
存在を読みとった。
マットは、俺が追い払うからジャニスとJr.は
逃げてくれといった。
ジャニスは、あなたはどうすると聞くと
マットは、君とやり直したいから一緒にいたいといった。
ジャニスは話し合いがまず必要ねといった。

マットは、警察バッチを眺めながら
ジャニスにやっぱり一緒にはいかないといった。
ヒロの言う通り、連中をどうにかしないと
だめなんだといった。

そして、兵士たちが家の中に突入してきた。
マットは能力を使い兵士たちに誰もいない
幻影をみせて、逃げのびた。


**********************************


ワシントンDC

ネイサンに変身したサイラーが記者会見を開いていた。
サイラーは、アメリカは、さまざまな難局に対応するため
構造改革が必要だと主張した。
まだ大統領には了解を得ていないが
いずれ理解を得ることができるものと確信しているといった。


この記者会見を聞いていた、ネイサンたちはこれからのことを
話し合おうとした。
しかし、ネイサンは、これは俺一人でカタをつけるといった。
ネイサンは、一人でカフェを飛び出したが、
ピーターはネイサンを後から追いかけた。

ネイサンは、事務所に帰り机の中を探していると
これを探しているのかという声が聞こえた。
ネイサンが振り返ると、そこに銃を構えていた
ネイサンに変身しているサイラーがいた。
サイラーは、お前は自分のもっているものを
自ら壊そうとしているだろというとネイサンは
お前に俺のことなんかわかるものかといった。
しかし、サイラーは、ものでその人の過去を
知る能力をお前の母親アンジェラにもらったから
わかるんだよといった。
サイラーはネイサンになる気はない、さようならといって
ネイサンの額をカットしようとすると、背後から
ネイサンをダンコがテイザー撃ちこんだ。
ネイサンはその場に倒れた。

サイラーは、これはどういうつもりだときくと
ダンコは、ネイサンは上院議員だからもう少し慎重に
処理すべきで、おまえはまだタウブでい続けろといった。
残りの能力者を捕まえにいくぞといった。


サイラーは依然としてタウブに変身しようとしない。
ダンコはどうして変身しないんだというと
サイラーはダンコの計画にはもう興味はないといった
その瞬間、ダンコはサイラーの後頭部にナイフを投げつけた。
サイラーはその場に倒れた。
ダンコが応援を呼ぼうとすると、サイラーは
意識を取り戻し、起き上った。

サイラーは痛いなといった・・・。

サイラーの急所であったはずの後頭部を
突き刺しても、サイラーは死ななかったのだ・・・。


**********************************


そしてコヨーテサンズにいるモヒンダーを捕まえられてしまい
また、ノアも移動中検問にひっかかり捕まってしまった。
[ 2009/10/12] テーマ : 海外ドラマ(欧米) | TB(0) | CM(0)| 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://softtouch.blog90.fc2.com/tb.php/1443-b5d7b980







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。