スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] テーマ : | トラックバック(-) | コメント(-)| 編集]

HEROES/ヒーローズ シーズン4 第2話(#61) “Ink”(インク) 

クレア

友達のグレッチェンに自分の能力を見られたのでは
ないかと、とても不安であった。
ノアが急に訪れてくる。



グレッチェンとノアとクレアで食事にいくことに
なるが、そこで、グレッチェンがクレアの能力を
知っていることをノアが知った。
ノアはハイチ人に頼んでグレッチェンの記憶を
消してもらおうかとすると、クレアは止めてくれという。
よせばいいのに、自分で解決したいという。

クレアはすべてをグレッチェンに打ち明けた。


********************************


マット

とにかく、サイラーの幻影に悩まされている。

薬の売人から自白を引き出したので
カリフォルニアで同僚と容疑者を捕まえにいく。
見事サイラーの幻想のおかげで?容疑者を捕まえた。
証拠を見つけようとするが、なかなか見つからない。
探していると、脅迫状を見つけた。
そこには、20万ドル渡さないと、女を殺すと書いてあった。
マットは時間が無いと判断し、仕方なしに
また能力を使ってしまった。

階段の下に行ったマットは少女の死体を発見。
マットはブチ切れ、容疑者を殴り付けた。
そこに相棒が帰ってきた。
マットは少女の死体を発見したといって
相棒と一緒に現場を確認すると死体はなかった。
脅迫状もなぜかその場から消えていた。

サイラーの幻想がマットの意志操作能力を
使って、マットに幻想を見せていたのだ。

マットは相棒に責められていたが
能力をさらに使い、今度は相棒に
何もなかったと報告して来いと意志操作した。
もはや、マットは自分をコントロールできず
サイラーの幻影の思いのままだった。


******************************


ピーター

自分の能力を救命活動に利用することで
充実した生活を送ろうとしている。

届け物が届いた。訴状だ。
救出した相手ウィリアム・フーパーという
人からなぜか訴えられる。

やたら現場に早くついて救出していたので
同僚からも自作自演だと疑惑をかけられる。


***************************


サミュエルとリディア

サミュエルはジョセフの死が悲しくて仕方がない。
サミュエルはインクを手から吸収し、
スーツ姿に着替え、外出。

ウィリアム・フーパーを名乗り、
ピーターに近づく。

ピーターよりも先回りして、ピーターの
部屋に忍び込み、ピーターがこまめに
壁に貼りつけてあった新聞記事に能力を使い
自分の写真を刷り込ませる。

ピーターが帰ってきてそれを見ると
本当にバスの事故にウィリアム・フーパーが
巻き込まれていたんだと信じてしまった。

ピーターはウィリアム・フーパーを名乗る
サミュエルが公園を歩いているところに声をかけた。
ピーターは誠意をこめて謝罪したところ
サミュエルは訴えを取り下げた。

サミュエルは、自分の生家を訪ねるが
むげに扱われる。

サミュエルは地盤操作能力を発動し
その家の地盤を沈下させた。

その現場にピーターが救命のため駆け付けた。
ピーターはそのとき、腕に激痛がはしった。
腕を見ると、刺青のようなコンパスが現れて
針がくるくると回っていた。


****************************


エマ

エマは聴力障害者。
病院に勤務し、受付をしていた。
手元が狂いコップを割ってしまった。
その時、コップの破片から光のようなものが見えた。

ピーターが謝罪した公園にエマも偶然いた。
そこで、チェロを弾いている人を見ると
またしても光が放たれていた。
エマはチェロを弾いている人がちょっと
離れているすきに、自分でチェロを弾いてみた。
すると、まばゆい光を放ち、見事なメロディーを
奏でていた。

ピーターもその音に気づき近づいて行った。
エマはふと我に返り、その場を小走りで去って行った。
[ 2009/10/24] テーマ : 海外ドラマ | TB(0) | CM(0)| 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://softtouch.blog90.fc2.com/tb.php/1450-d8f3be4c







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。