スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] テーマ : | トラックバック(-) | コメント(-)| 編集]

HEROES/ヒーローズ シーズン4 第10話(#69) “Thanksgiving”(感謝祭) 

サミュエル

ヒロが取り返したフィルムをみた。
ヒロがチャーリーを返せというが
サミュエルは聞く耳を持たなかった。


ヒロはとにかくイライラしていた。
リディアは、真相をさぐろうとし
ヒロに自分の体を触らせ
感情移入能力を発動して真実を理解した。
しかし、なぜサミュエルが兄ジョセフを
守ろうとしてないのかわからなかったので
リディアはヒロに過去に連れていくように頼んだ。

そして、8週間前に戻った。
そこには、言い争いをしているサミュエルとジョセフがいた。
2人が場所を変えようとしてその場を立ち去ると
リディアもついて行った。

草原にサミュエルとジョセフが口論していた。
ジョセフはサミュエルが地面を動かせるだけでなく
数百万人を殺せる能力を持つことを告げ
監視する必要があるといった。
サミュエルは力を発揮する方法を聞くが
ジョセフは答えない。
そして、ジョセフは間もなくサミュエルを
捕まえるため政府の人間がここに来る
ことも告げた。

サミュエルは怒り、地面の石を能力で持ち上げ
ジョセフの喉に突き刺し殺してしまった。

リディアはその光景を見て驚き物音を
立ててしまった。
その物音に向かってサミュエルが向かってきたが
間一髪のところでヒロとリディアは
現在に時空間移動した。

現在に戻ったリディアはエドガーに事情を話した。
食事の途中でエドガーはサミュエルに
ジョセフを殺したことを責めたが
サミュエルはとぼけた。
そして、サミュエルはエドガーを殺そうとしたが
ヒロが時間を止めてエドガーを救った。
ヒロはサミュエルを殺さないでほしい
チャーリーの行方を知っているのは彼だけ
だからというと、エドガーは理解を示し
その場から立ち去った。

サミュエルは、ヒロにエドガーを救ったのは
お前だなといった。
あまり度が過ぎるとチャーリーを危険な目に
晒すことになるといった。
ヒロは、お前も強いが俺も強いといった。
サミュエルは、それはどうかなといい
ダミアンに記憶を操作させた。

ヒロは何かをつぶやいて
どこかに時空間移動した。

*************************


ノア

ノアはクレアに今日は感謝祭だから
いっしょにどうだというが、クレアは
それどころではないといったが
結局オーケーした。

ノアは偶然ローランに会った。
ローランとも一緒に食事をすることになった。

クレアが訪れるとそこにローランもいたので
クレアは戸惑った。
そこに、クレアの養母サンドラとサンドラの
“いい人”ダグも一緒にきた。
何か複雑な状況で、クレアは少しあきれ果てていた。

食事中にクレアは学校を辞めたいといった。
そこで白熱した議論になってしまった。
ことのなりゆきで、クレアはダグに自分の能力を
みせることになり、自分の腕をナイフで切り裂いた。
それをみたダグは気を失った。

そこにグレッチェンが訪れてきた。
クレアは喜んだ。

みんな家路につき、クレアはノアに
大学辞めるのをやめたと嘘をついた。
ノアの家にあった、能力者だけに反応する
例の“コンパス”を勝手に持ってきてしまった。


*************************


ネイサンとピーター

ピーターのマンションにネイサンもおり
ネイサンはうなされながら寝ていた。
そこに、ペトレリ家の母アンジェラがやってきた。
ピーターは、アンジェラが借りている倉庫に
いって、ネイサンの死体があったことを告げた。

アンジェラは開き直った。
全員をテーブルに着かせ、
夢でネイサンに危険が迫りマットが
助けるのをみたので、ネイサンに
会いに行ったら既にネイサンが死んでいたことなど
真実を語った。

そして、ネイサンの体に電流が走った後
再びサイラーに戻った。

サイラーは食事をし、そしてアンジェラを
殺そうと額をカット始めるが突如手を止めた。
まだサイラーの中のネイサンがサイラーを
食いとどめていたのだ。

サイラーは、またネイサンに変わった。

そして、ネイサンは飛び立っていった。
[ 2010/02/21] テーマ : 海外ドラマ(欧米) | TB(0) | CM(0)| 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://softtouch.blog90.fc2.com/tb.php/1547-9e4f5b63







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。