スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] テーマ : | トラックバック(-) | コメント(-)| 編集]

TBS系「特上カバチ!!」に弁護士会抗議 

 TBS系で放映されたドラマ「特上カバチ!!」で、行政書士が示談交渉をするなど弁護士法違反(非弁活動)を助長する内容があったとして、大阪弁護士会が制作したTBSに文書で抗議し、DVD販売や再放送の自粛を要望していたことが9日、分かった。

 「特上カバチ!!」は桜井翔さんや堀北真希さんらが出演。行政書士事務所で補助者として働きながら資格取得を目指す主人公らが、派遣切りや投資詐欺など依頼人の抱える問題を解決していく人情ドラマ。今年1~3月に計10回放映された。

 行政書士法では、依頼の趣旨を正確に書面化するために必要な範囲に限って法律相談を認めているが、大阪弁護士会は「示談交渉をするなど行政書士に許された業務内容を明らかに超えた法律相談のシーンが頻繁にあった」と指摘している。

 TBS広報部は「個別の抗議やそれに基づく対応についてはコメントできない」とした上で「せりふや設定で行政書士と弁護士の仕事の区分については何度も説明しており、誤解を招くような内容ではないと考えている」としている。

2010.4.9 19:39 サンスポ



行政書士というと、どちらかというと免許をとるときに

試験所の近くで書類を作っている人というイメージしかありませんね。


行政書士ではなくて、司法書士に設定を変えてしまった方が

多少司法に携われる範囲が広がってよかったのかもしれません。

原作があるので、そうもいかないのかもしれませんけど。


しかし、弁護士も必死です。

司法試験改革によって、弁護士が急に増え仕事の奪い合いが

水面下で行われている上に、なおかつ法の改正により司法書士に

訴訟の代理権が与えられており、弁護士の仕事が奪われつつあります。


これで、行政書士にしゃしゃり出てこられると

たまったものじゃないというのが、本音のところなのでしょう。



医者や弁護士が大金持ちになる時代はもう終わっているのかもしれません。
[ 2010/04/09] テーマ : 芸能ニュース | TB(0) | CM(0)| 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://softtouch.blog90.fc2.com/tb.php/1573-ee8dd609







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。