スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] テーマ : | トラックバック(-) | コメント(-)| 編集]

押尾学被告に懲役2年6月の実刑判決 

押尾学被告に懲役2年6月の実刑判決が下った。

保護責任者として遺棄、放置したことは認めたものの、

被害者の死に対する責任までは問わないとした。


 合成麻薬MDMAを一緒にのんで死亡した東京・銀座のクラブホステス、田中香織さん(当時30)を救命しなかったとして、保護責任者遺棄致死罪などに問われた元俳優、押尾学被告(32)の判決公判が17日、東京地裁で行われた。山口裕之裁判長は、懲役2年6月(求刑懲役6年)の実刑を言い渡した。

 争点だった保護責任者遺棄致死罪については、保護責任者遺棄については認めたが、致死の成立は認めなかった。

 検察側は「田中さんの死亡時刻は異変の約1時間後で、直ちに119番通報すれば救命できたのに、押尾被告は保身のために通報を怠った」と主張し、懲役6年を求刑した。

 これに対し、弁護側は「異変から死亡までは数分程度で、救急車を呼んでも助かった可能性は低い」と反論。押尾被告も「私は田中さんを見殺しにしていない」と訴えた。弁護側は保護責任者遺棄致死罪など2罪について無罪を主張、執行猶予付き判決を求めていた。

 起訴状によると昨年8月2日夕、東京・六本木ヒルズのマンション一室でMDMAを一緒にのんだ香織さんは午後6時ごろに急性中毒症状となり、死亡時刻は同47~53分ごろとしている。

 公判では調書など90点が採用され、証人として救命医療の専門医や押尾被告にMDMAを渡して実刑が確定した知人男性(32)、香織さんの両親ら19人が出廷、評議は14日午後と15日の終日行われた。

2010.9.17 15:10 サンスポ



意外な結果になりました。

これでは被害者が浮かばれませんね。

遺族にとっても悲しい結果になりました。


結局薬物に手を出したら、もう救えないから

放って置けということなのでしょうかね。


最近検察はふがいないですね・・・。

司法試験のレベルの低さが検察のレベルの低さに

現れてしまったのでしょうか・・・。



押尾サイドとしては、申し分ないでしょう。
[ 2010/09/17] テーマ : 芸能ニュース | TB(0) | CM(0)| 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://softtouch.blog90.fc2.com/tb.php/1684-f975ba48







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。