スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] テーマ : | トラックバック(-) | コメント(-)| 編集]

「函館の女」などの作詞家、星野哲郎さん死去 

作詞家の星野哲郎(ほしの てつろう)氏が、15日亡くなったことがわかった。
85歳


 「黄色いさくらんぼ」「三百六十五歩のマーチ」「函館の女」など数多くのヒット曲で知られる作詞家の星野哲郎(ほしの・てつろう)氏が、15日午前11時48分、亡くなったことがわかった。85歳。

 大正14年生まれ。昭和21年、清水高等商船学校(現商船大)機関科を出てトロール船の機関士見習いになったが、腎臓結核にかかり船乗りを断念。療養中の27年に雑誌「平凡」の流行歌歌詞募集に応募した「チャイナの波止場」が入選、選者の作詞家、石本美由起さんの勧めで作詞家に。その後も各種の懸賞作詞に応募して入選し、作曲家の船村徹さんに勧められ上京、33年にコロムビアの専属となった。

 34年にスリー・キャッツが歌った「黄色いさくらんぼ」(浜口庫之助作曲)が大ヒット。39年には、都はるみさんが日本レコード大賞新人賞を受賞した「アンコ椿は恋の花」を作詞した。

 42年、クラウンに移籍。北島三郎の「兄弟仁義」「函館の女」、水前寺清子の「いっぽんどっこの唄」「三百六十五歩のマーチ」など、次々に演歌の大ヒットを飛ばした。

 その後も、「昔の名前で出ています」で小林旭を復活させ、船乗りだった鳥羽一郎に「兄弟船」を作詞し、演歌作家の第一人者と言われた。

2010.11.15 14:22 サンスポ



兄弟船は、名曲ですね。


昔の歌の詞には重さがあったり、

心がこもっているものが多かった気がします。

インターネットがない時代、星野氏の作り出した詞の世界に

救われた人も多かったことでしょう。

ご冥福をお祈りいたします。



関係ないですが、銀河鉄道999とは何か関係があったのでしょうか・・・。
[ 2010/11/16] テーマ : 芸能ニュース | TB(0) | CM(0)| 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://softtouch.blog90.fc2.com/tb.php/1708-d11a17b0







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。