スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] テーマ : | トラックバック(-) | コメント(-)| 編集]

羞恥心“歌手活動休止”来年1月2日で 

 今年大ブレークした“おバカ”ユニット、羞恥心が3日夜、フジテレビ系で生放送された「2008FNS歌謡祭」に出演し、来年1月2日で歌手活動を“休止”することを発表した。生みの親のタレント、島田紳助(52)はビデオ出演の形で「これからは役者としてどんどん育ってほしい」。解散ではなく、来年は新たな形でおバカパワーをさく裂させる。


 大みそかのNHK「紅白歌合戦」初出場も決めるなど、4月のデビュー以来、人気大爆発の羞恥心。だが紅白の舞台の2日後、歌手活動にいったんピリオドを打つ。

 「4月のデビュー時に言ったように、来年1月2日の『クイズ!ヘキサゴンIIスペシャル』をもって、歌手・羞恥心のファーストステージを終了とします」

 「ヘキサゴン」司会の島田紳助が「FNS歌謡祭」に「音楽プロデューサー・カシアス島田」としてVTR出演。生みの親自ら歌手活動の休止を“通告”した。だが、ユニット自体の活動終了ではない。紳助は「これからは役者としてどんどん育ってほしい」とコメントした。

 通告を受けた形の羞恥心のつるの剛士(33)も、いつもの明るい表情。生出演の舞台上で「解散ということではなく、役者や歌、バラエティーなど個々の持ち場で頑張って、羞恥心のサードステージに向けてパワーをためようと」と今後の抱負を語った。

 「歌謡祭」司会の女優、黒木瞳(48)から「新しい羞恥心が見られるということ?」と問われると、つるのは「そうです!」とキッパリ。「歌手羞恥心としてはあと1カ月。精一杯頑張りたい」と宣言した後、「弱虫サンタ」を熱唱。Paboと合体したアラジンとして「陽は、また昇る」やデビュー曲の「羞恥心」も披露した。

 年末年始まで、歌手・羞恥心の“最後の”弾けっぷりから目が離せない。

2008.12.4 05:06 サンスポ

http://www.sanspo.com/geino/news/081204/gnj0812040504009-n1.htm



そうですね。
せいぜいがんばってください。
[ 2008/12/04] テーマ : 芸能界のニュース | TB(0) | CM(0)| 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://softtouch.blog90.fc2.com/tb.php/171-91e81a18







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。