スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] テーマ : | トラックバック(-) | コメント(-)| 編集]

赤い運命 第2話「逮捕・引き裂かれる父と娘」  

のちに錦堀殺人事件と呼ばれた、学生殺しの事件現場に
信人は駆け付けた。夜11時30分を回っていた。
杉山刑事(小瀬格)は信人に、被害者は奥田誠也~おくだせいや
と報告し、もう一人の刑事は、車のトラブルで口論していた
ところを目撃した者がいると信人に報告した。
そして、その男はいまどき見かけない古い職人ズボンを履いていた
という報告を受けると、信人はふと島崎栄次を思い浮かべた。
そして、さらに上は黒の革ジャンパーを着ていたという報告も受け
信人はますます栄次に対する疑惑が大きくなっていった。


赤い運命1...

赤い運命1...
価格:4,536円(税込、送料別)


翌日、直子と栄次が朝食をとっていると、直子がジャンパーに血が
付いていたと言った。
栄次は食べるのを止め、それがどうしたと急に怒りだし
気にいらねーなと言って立ち上がった。
直子は栄次が手首を怪我していることに気づいた。
栄次はそこの階段で転んだんだよと言った。
直子がじっと栄次を見つめていると、何だその面はと言って
栄次はテーブルにけりを入れた。
そして、栄次は直子に、こんなオヤジを持って運命を呪いたいだろ、
逃げ出したいんだろ、早く逃げろよと強い口調で言った。
直子は逃げませんと言った。
そして直子はあなたが私のお父さんだからと言うと、
栄次はたじろいだ。
栄次は17年間牢屋に入ってひとりぼっちだった、誰も面会に来ないとぼやいた。
すると、直子も私もひとりぼっちでしたと言った。
そして、直子は園長には世話になった、中学卒業のときには圭子と二人
保母見習いということでそのまま施設に置いてくれたと言った。
栄次は、直子の話を遮るようにして、うるせーと言い、すぐめそめそ
しやがってと言って話しを断ち切った。
栄次はしゃがみ込み、朝刊に目をやると錦堀で殺人があった記事があるのを見つけた。
そして、犯人は労務者風の男性とかかれていた。


信人は上司の上村に被害者は殴られた跡があり、フェンスに血と髪の毛が付着
しており、何者かに殴られて死んだのではないかと推測を報告した。
上村はなぜフェンスではなく、車のそばで死んでいたのかと信人に聞くと
信人はそれは謎でして・・・といった。
上村はあまり推測するなと釘を刺した。


大竹家の大竹由美子(岸田今日子)に修三(前田吟)は白百合園の子が
来ていると言った。
由美子が居間に移動すると、直子がいた。
由美子は直子に定時制高校を辞めると聞いたけど、本気じゃないでしょと聞いた。
直子は本気ですと答え、学校だけでなく、白百合園の保母見習いも
辞めると言った。
由美子は直子に理由を聞いたが、直子は黙っていた。
由美子は直子にお父様の事ねといい、罪は償っているんだから
世間の目が冷たくてもくじけてはいけない、父は父、あなたは
あなたといい、関係ないじゃないと言った。
直子は由美子にそうでしょうか、あの人と私は血が繋がっている、
血のつながりは切れないと言った。
直子は由美子に仕事を下さいといい、由美子は修三に頼んでみるわと言った。


信人は美矢子に事件が解決したら名古屋に行ってみようと思っている
と打ち明けた。
美矢子は世津子さんの事ねと言った。
信人はいづみが見つかったことをきっかけに、もう一度探してみると言った。
美矢子は信人に好意を寄せていたが、信人には世津子のことが
心の中にあった。


直子は下条にも白百合園を辞めると言った。
下条は残念がって辞めることを止めるように説得した。
そこに俊介と一緒に、いづみがやってきた。
俊介は直子に声をかけた。
俊介は自分が司法研修生だと自己紹介した。
俊介と直子が仲よさそうに会話をしているところをいづみは
見たが、いづみは不安そうな表情を浮かべた。


信人は剛造に明日大竹という方に会ってくる、いづみがお世話になったしといった。
剛造は突然あの二人をどう思うと信人に聞いた。
剛造は俊介といづみを一緒にさせたい、二人にこの家を継がせたいと言った。
剛造は続けて、兄妹といっても血は繋がっていないしといった。
しかし、信人と剛造の会話をいづみが聞いていた。
いづみはショックで自分の部屋に入った。


翌日、信人は世話になった礼を述べるため大竹修三の元を訪れた。
大竹家についたところ、庭いじりをしている女性がいたので
信人はその女性に声をかけたところ、その女性は立って信人の方を見た。
信人は唖然とした。
行方不明だった妻・世津子としか思えない女性だったからだった。
信人が世津子と呼びかけると、由美子は不思議そうな顔をして
信人を見知らぬ赤の他人を見るかのようにじっと見た。
由美子は少し警戒し、その場を離れようとした。
そこに、大竹修三が帰ってきて、家に何か?と信人に言った。
そして、修三のそばから「ママー」と言って由美子にハルヒコ(小沢雅裕)が駆け寄って
いった光景にも信人は驚いた。
修三が家内に用ですか?と聞くと、信人は家内?と聞き返してしまった。
修三は、用事がないなら失礼させていただきますといい、
家の中に入ろうとするが、信人が突っ立ったままでいるので修三は
信人を邪険に扱い、門を閉めて、信人を追い払った。
世津子が自分を完全に無視したことで、信人の心の中は怒りと悲しみが渦巻いた。



信人は山手警察署に足を運んだ。
信人は杉山に錦堀殺人事件の進展を聞いた。
杉山は苦戦をしていると言った。
黒の革ジャンパーに職人ズボンの男がなかなか見つからないというと、
信人はその黒の革ジャンパーに職人ズボンの風貌は間違いないんだろうねと
杉山に念を押した。


信人は島崎栄次の動向を窺うため、第2大竹荘に足を運んだ。
信人は直子に挨拶をした。
信人が直子に栄次のことをいろいろ詮索し始めると
直子は止めて下さいと怖い顔でいった。
直子は父親の無実を信じており、直子は信人に帰って下さいといった。
信人は帰り際、栄次に出くわした。
そして、信人は栄次の履いているズボンを始め、
着ているものをチェックした。
信人は栄次に父親を殺されてしまった俊介のことを考えると
栄次に対し、怒りがこみ上げてきたが検察官としての自分と、
直子の父親を信じる目を思い出し、憎しみの感情を押し殺した。


直子は栄次にジャンパーどうしたのと聞くと、栄次はタバコの煙を
直子に吹きかけ、誤魔化した。


信人が第2大竹荘から帰るところに、杉山刑事たちにあい、同じく
島崎栄次をマークしていた。


信人は検察庁に戻り、上司の上村に島崎栄次が怪しいと報告した。
上村は厄介だね、俊介の父親を殺した男が容疑者とはというものの、
上村はこの事件から信人の担当を変えることはしなかった。
上村は証拠がない以上、別件逮捕で引っ張り込むしかないと言うが、
信人は別件逮捕に反対した。


信人は世津子のことも気になっていた。
信人は尾崎検察事務官に会社年鑑をみせてくれといった。
信人は大竹建設株式会社を調べると、社長の修三の出身地が
名古屋市になっていた。


信人が自宅に戻ると、直子がやってきていた。
直子はアパートの家賃半分を返しに来ていた。
信人は、直子が信人に対して負い目を持たないためだろうと推測した。
直子が帰ろうとすると、信人は俊介に見送るように頼んだ。
いづみは、うろたえた。
いづみは直子に俊介を誘惑しないで、俊介といづみは血が繋がっていないから
結婚もできるのよといった。
直子は驚いた。
直子はいづみが俊介のことを好きなことがすぐに分かった。
直子は俊介の言葉に耳を貸さず、見送りを断って一人で帰って行った。


直子は錦高校に立ち寄った。
ジュンやススムを始め野球部員や、先生も直子の周りに集まった。
先生は退学届は破っておいたといった。
そこに俊介もやってきた。
直子に見送りを断られたもの、心配であとからついてきたのであった。
俊介は直子を第2大竹荘まで送り届けた。
そこに、栄次が帰ってきた。
栄次は直子の腕を掴んで無理矢理部屋に連れて行こうとすると
俊介は止めろと言った。
栄次と俊介は取っ組み合いになり、俊介は殴られた。
俊介はそのままタクシーで帰った。
直子はそのまま部屋には帰らず、白百合園仮宿泊所に行き、
下条に今夜は泊めて欲しいと言った。
直子はあんな人の顔は二度と見たくないと、栄次のことを卑下した。


信人は美矢子を店に呼び出した。
信人は美矢子に世津子に会ったといった。
そして、世津子が大竹建設の社長夫人になっていたことも言った。
美矢子は調べてみましょうかといったが、信人は自分で一度会って
確かめてみると言った。


白百合園で寝床に入ったものの、直子は栄次のことが気になり、
第2大竹荘に戻った。


翌日、杉山刑事たちは、信人に傷害の別件で引っ張ることにしたと言った。
栄次が出所した日、あけぼの町の寿司屋で板前を殴っていると言った。


大竹家では栄次を修三の経営する会社の建設現場で働かせてあげる
ことを直子に伝え、直子は喜んだ。


島崎栄次が第2大竹荘に戻る途中、刑事たちに囲まれ傷害容疑で逮捕された。
直子が丁度アパートに帰ってきたとき、パトカーに栄次が乗せられるところ
だった。
栄次は俺は何もやっていないと直子に叫びながら、パトカーに押し込まれ
連行された。


信人が山手警察署に入ろうとすると、そこに直子がいた。
直子は父を逮捕させたのはあなたねと言った。
実の父親である信人と、栄次を実の父親だと思い込んでいる直子は
敵対することになってしまった。
[ 2011/06/02] テーマ : テレビドラマ | TB(0) | CM(0)| 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://softtouch.blog90.fc2.com/tb.php/1744-5ab29791







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。