スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] テーマ : | トラックバック(-) | コメント(-)| 編集]

赤い衝撃 第25話「私の出生の秘密が今…」 

雄作の葬式が営まれた。雄作の葬式に参列した
友子や鈴代に対し、文子は目の敵にして追い返そうとした。

一方、大山豪介は秘書の北川に怒りをぶつけていた。
これでは、秀夫が雄作を殺したのは大山豪介と思うに
違いなく、大山産業の後継者にするのが難しくなったからだ。

大山家に秀夫が乗り込んでいった。
雄作が殺害された現場に残された拳銃から
矢野ジローの指紋が検出されたことから
雄作を殺した黒幕が大山豪介だと判断したからだった。

もうこうなっては秀夫を大山産業の後継者に
することは難しいと判断し大山豪介は諦めた。
そして、豪介は追い出した友子を再び大山家に呼び戻し
友子の婿をとって後を継がせようとした。

落ち込んでいる友子がいる兵吉の家に
江崎が訪れてきて、友子を励ました。

ここ数日江崎の元に鈴代は差し入れをしていた。
そんな情報をつかんでいた北川は大山豪介に
このことを報告し、大山豪介が鈴代と
仲違いすることを策略した。

江崎と鈴代が逢い引きしていると思い込まされた
大山豪介は江崎のいる病室に乗り込んでいった。
大山豪介は江崎と鈴代との関係を勘ぐり
友子も実は江崎と鈴代の子供ではないか?と
問い詰めたところ、
鈴代は違う、友子は自分と北川の娘であることに
間違いないと念を押した。

それをこっそりきいていた北川はショックだった。
北川は鈴代に友子が本当に自分の子供なのかと
問い詰め、鈴代は素直に認めた。


友子は雄作の初七日に新田家に弔問した。
文子はもはやぬけがらのようになってしまっていた。

友子は秀夫に雄作を殺したのは大山豪介ではない
信じて欲しいといい、秀夫は友子を信じることにした。


友子はジョギングの訓練をしていた。
そこに秀夫がやってきた。
友子は必死にジョギングができる姿を見せようとした。
友子が健康な身体になれば問題が解決すると江崎に
言われたことを固く信じていたからだ。


友子は、自分にとても優しい江崎に父親になって欲しい
いや、父親のハズだと信じ込んでしまった。


秀夫を後継者にすることに失敗した大山豪介は
リハビリ中の友子を無理矢理家に連れ帰ろうとした。
そこに、友子の様子を見ていた北川が止めに入った。
北川は友子には手を出すなと大山豪介に
たてついた。

北川と豪介の押し問答で友子は自分の本当の父親が
北川であることを知った。
その場に居合わせた江崎に友子は本当に自分の父親
が北川なのかと問い詰めたが、江崎は何も言うことが
できなかった。
その沈黙は友子が北川の本当の娘であることを知るに
十分の状況だった。
友子は江崎が本当の父親だと思い込んで信じ切っていただけに
相当のショックを受け、行方をくらませた。


友子はさまよったあげく、結局兵吉の家に戻ってきた。
江崎が兵吉の家に来ると20年前の話を始めた。
まだ医学生だった江崎は鈴代に恋をしたが、
鈴代の実家の佃煮屋が倒産して、鈴代は働かなければ
ならず、踊りの師匠になった。
一方、江崎も貧乏な医学生だったが、アメリカ留学の
チャンスに恵まれたので、思い切ってアメリカに留学
を決め、鈴代を見捨ててしまった。
そんなとき、鈴代を慰めたのが北川だったのだ。


友子は江崎の説得で鈴代を大切にしようと心に決めた。


友子はまた再びリハビリに励み、
フィールド上でジョギングの訓練を続けた。
そこに、秀夫も一緒にジョギングの訓練を始めた。


そんな光景を鈴代は見ていたが、そこに北川が
現れた。
北川は鈴代に、友子を大山豪介には渡さないと
強い語調で言い切った。

鈴代は、大山豪介と北川が友子を奪いあい、
さらなる問題がおこるのではないかと嫌な予感がしていた・・・。


赤い衝撃1...

赤い衝撃1...
価格:4,536円(税込、送料別)

[ 2011/08/13] テーマ : テレビドラマ | TB(0) | CM(0)| 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://softtouch.blog90.fc2.com/tb.php/1799-8e7690f2







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。