スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] テーマ : | トラックバック(-) | コメント(-)| 編集]

赤い衝撃 第29話(最終回)「愛よ走れ!」 

鈴代はスーパーのレジうち、兵吉は駐車場の料金受取人、
豊は病院の勤務医と、大山家の人々はそれぞれ新しい生活の第一歩を踏み出していた。
友子はトレーニングを続けていた。
秀夫も友子のトレーニングを一緒にこなしたりもした。

豊が兵吉の家に帰ってくると、政子がヒステリーを
起こしてアパートを飛び出してしまったと言った。
政子は以前の生活を取り戻そうと、高級クラブで
ホステスとして働き出そうとするが、接待がうまくいかなかった。

政子は通りすがりの優しそうな男に声をかけられ
ついて行ってしまう。その光景を友子はみていたが、
その男はヤクザで女を外国に売り飛ばす悪い男ということを
そばにいた人から聞いた。
政子は車でその男と移動しようとしたが
友子は政子を説得しようとした。
政子は友子の説教など、耳を貸さず車に乗って
走り去った。
しかし、友子は車の後を走って追いかけた。
そして、友子は転んで倒れてしまった。
その光景をずっとみていた政子は車を無理矢理止め
友子のそばに駆け寄った。
友子は政子に必死に説得を続け
政子は友子の優しさに感動した。


友子はトレーニングを続けるもののタイムは13秒5で、
それ以上タイムが縮まらない。
このままでは競技会の予選タイム12秒5を切ることができないと
焦りと落胆が友子を襲った。
秀夫はつい半年前までは下半身麻痺で車いす生活だったのに
13秒5のタイムが出るのはすごいと褒めたが
友子は心の底から喜べなかった。
しかし、秀夫の必死の励ましに再び友子はやる気をだし
トレーニングを続けた。
そして、ようやくタイムを12秒6まで縮めることができた。


大山豪介は面会に来た友子からまだ文子から秀夫との結婚の
許しが出ていないことをきき、文子を東京拘置所に呼び出した。
そして、大山豪介は文子に友子と秀夫との結婚を
許してやってくれと頼むが、文子は納得することはなかった。


友子のトレーニングは続き、コーチ自らタイムを計ることになった。
そして、とうとう友子は12秒4のタイムを出すことができ
コーチも競技会に出場することを認めた。


友子は新田家にいる文子を訪ねた。
友子は競技会が終わったら秀夫と別れると明言した。
もともと秀夫にトレーニングを頼んでいたのは
秀夫に元通り走れるようになって安心して欲しかったからだと
いう。
友子が秀夫のために一生懸命だったことに
文子は少し感慨深いものを感じた。


秀夫は水谷課長に大山豪介に競技会をみせたいという。
しかし、水谷課長はその場ですぐには返事できなかった。


友子が走る競技会の日がやってきた。
鈴代、政子、兵吉、豊は競技会の見学にやってきていた。
鈴代達は、競技会の見物客の中に文子を見かけた。
さらに、水谷課長は大山豪介を拘置所から競技会に
移送してきていた。


100メートル走がスタートした。
しかし、友子は足の痙攣で途中転んでしまった。
しかし、そのまま友子は自分の力でゴールに向かって
走り始めた。

大山豪介は秀夫にテープを切って欲しいと頼み
豪介と秀夫はゴール地点まで走っていき
テープを張って友子のゴールを待った。

そして、友子は最後まで走り抜きゴールした。
友子にすぐに駆け寄ってきたのは文子だった。
文子は友子と秀夫との結婚を許した。

秀夫は友子を抱え、フィールドを後にする。
秀夫は友子の傷の手当てをする。
友子はもうスプリンターは諦めた、
でも人生のテープを切ることはできると
新たな人生のスタートに強い意欲をみせた。


そして、最後に友子と秀夫は2人並んでトラックを併走した・・・・・・。


赤い衝撃1...

赤い衝撃1...
価格:4,536円(税込、送料別)

[ 2011/08/20] テーマ : テレビドラマ | TB(0) | CM(0)| 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://softtouch.blog90.fc2.com/tb.php/1803-cb649b61







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。