スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] テーマ : | トラックバック(-) | コメント(-)| 編集]

赤い絆 第24話「闇からの声が私を呼んだ」 

恵子は登喜のお出かけのお供をする予定になっていた。
信夫が気を利かせて、恵子は他に用事があるというと
恵子は吉川家の引っ越しにいくまいと固く決意し
用事はない、登喜についていくといった。
第12回楓会チャリティーの催しに登喜と恵子は赴いた。


赤い絆1 ...

赤い絆1 ...
価格:4,536円(税込、送料別)




信夫は吉川家の新居に引っ越しの手伝いをしに顔を出した。
総一郎は馬鹿にしに来たのかといって追い返そうとするが
信夫が恵子の代わりに手伝いに来たというと
真砂子は手伝って欲しいといった。
引っ越しの荷物を整理していると志津子が倒れた。
志津子は病院に運ばれたが、過労からくる肺炎になっていた。


志摩家で邦夫と登喜が恵子と昼間の催しで手に入れた器を
品定めしていると、信夫がやってきて「君の母さんが肺炎になった」
といった。
最初邦夫と登喜は信夫が何を言っているのかわからなかったが
恵子と吉川志津子が実の親子であることを知った。
そして、恵子の父親は清川健夫であることも打ち明けた。
恵子は信夫の計らいで志津子が入院している病院に駆け付けた。
真砂子が優しく出迎えて、志津子についていて欲しいといった。
恵子は洋一を千葉に迎えに行くという真砂子に、そのおばあさんは
久保貞子というのだが、志津子に重病であることを伝えて欲しいと言った。
事情を知らない真砂子は不思議に思った。


志津子が病室で目覚めるとそばに恵子がいた。
志津子は恵子を見ると喜び、そして安心した。


千葉の貞子の所に真砂子は足を運び、洋一がお世話になった
お礼を言った。
そして、恵子の言うとおり、貞子に志津子のことを伝えた。
貞子は少し惚けたふりをし、なんとか動揺しないように
取り繕った。
貞子は志津子の容態をきいたものの、見舞いに行くことは
しないと決意していた。
ところが、洋一は志津子の所に帰りたくないといった。
真砂子は洋一の横面を張った。
洋一は貞子の家から飛び出して言ってしまった。


志摩家では恵子が隠し事をしていたことに不満で
また二人の間に溝ができてしまった。


恵子が志津子の病院に来ると、貞子が病院の玄関で
中をのぞき込むようにする姿を見た。
恵子が念を押すように、自分の祖母であることを
確認するが、貞子は頑として祖母として名乗らなかった。
そして、貞子は恵子に安心しなさい、
嫌なことは私が墓の中まで全部持っていってあげると
いい、何か過去にあったことを暗に示した。

恵子が病室に入ると洋一がいた。


恵子は志津子の看病のあと、志摩家に戻るとパリから佐智子が
帰ってきていた。
佐智子は恵子に全てを打ち明けた方がいいとアドバイスをした。
恵子は全てを正直に言う決心をした。

恵子は邦夫と登喜に自分には祖母がいるかもしれないといった。
その人の名は久保貞子というが、自分との関係を認めてくれないといった。
それを聞いた邦夫は貞子という名前に動揺した。

信夫がその事を知ると、恵子に自分の祖父志摩タツオと
貞子が知り合いなのかもしれないと言った。


信夫は久保貞子の所に足を運んだ。
信夫は恵子を助けてくれたお礼を言った。
そして、信夫は父親は志摩邦夫、祖父は志摩タツオと自己紹介した。
貞子は志摩タツオの名前を聞いて表情を変えた。
信夫はそこで取引にでて、過去をさらしてほしくなければ
志津子の見舞いに言って欲しいと言った。


恵子は志津子の見舞いに行き、全てを邦夫と登喜に
打ち明けたと言った。
そして、志津子は自分の過去を背負い責任を負いながら
生きていくべきだったのに、逃げてごめんなさいと
恵子に謝った。
ふとそこで、病室の外ですすり泣く声が聞こえたので
ドアを開けてみると貞子が立っていた。
貞子は志津子の言葉を聞き、共感しようやく
自分も過去の責任を果たそうとして親であることを名乗り出た。

貞子は事情を話した。
貞子は20年前志津子を捨てた。
貞子は赤線で志津子を見かけたが、貞子には身分の高い相手と
再婚話が持ち上がっていたので、志津子を捨て再婚の方を
選択してしまった。
しかし、式を挙げる前に結婚相手は病気で死んでしまった。
あわてて貞子は志津子を探しにいったがもはや赤線の火は消えていて
志津子の行方がわからなくなってしまった。

恵子は、ありがとう、これで久保家の血をひく三人が・・・
といって、三人すべて泣いた。


若杉と佐智子が港を歩いていた。
若杉は小さな船で働くことになったといった。
その船長のおじいさんに佐智子が志摩佐智子ですと
挨拶すると、そのおじいさんは志摩という名前に
動揺し、表情を変えた。


信夫のおかげで貞子は志津子の病室にお見舞いに来てくれたと
いって、恵子は感謝した。
信夫は貞子が話してくれた話を恵子から聞いた。
20年前に結婚相手が死んだというと、信夫は祖父の志摩タツオが
死んだのも丁度20年前だと言った。
信夫は邦夫も何か知っているのではといい、
邦夫に確かめようとした。
[ 2011/10/28] テーマ : テレビドラマ | TB(0) | CM(0)| 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://softtouch.blog90.fc2.com/tb.php/1853-a3c32305







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。