スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] テーマ : | トラックバック(-) | コメント(-)| 編集]

赤い嵐 第7話「恋人の謎をとく勇気」 

兵吉はしのぶを養女にし、店も家も土地もすべて譲ると
正一、英二、真に言った。
真はしのぶに本当に養女になりたいのかときくと
しのぶは過去に何をしたかわからない女が養女になれる
わけがないといった。
正一、英二、真は豆腐店をいったんあとにしたが、
真はしのぶのことが気がかりで、また戻ってきた。
真ははしごをしのぶの部屋にかけ、はしごをよじ登って
しのぶにいろいろ話しかけるが、その様子を千代に見つかった。


【送料無料】GOLDEN☆BEST 柴田恭...

【送料無料】GOLDEN☆BEST 柴田恭...
価格:1,782円(税込、送料別)




真と千代は台東区谷中児童公園で昔話をし始めた。
正一は過保護だったせいか、運動はまるでだめ、
英二はわんぱくで滑り台の上からこうもり傘を差して
飛び降りて骨折、一番ひどかったのは真で、
喧嘩ばかりして公園に来るなと近所の母親からいわれ
あやまり続けたとグチをこぼした。


英二と宏美は正一の住む家にいた。
しのぶを養女にするという話を啓太郎たちにも報告したのだった。
8000万円もする家、土地をしのぶに独り占めされてしまっては
たまったものではないと思い、令子の母親は兵吉のしのぶに対する
可愛がり方は普通じゃない、きっとしのぶは兵吉の隠し子だと
決めつけてしまった。
そして、しのぶの素性を明らかにすべきだとみんなに進言した。


真は警察官の制服姿で英二の会社、新中央産業に行き、
兵吉と千代に隠居して店を売れと言ったことはよくなかったから
謝りに行こうと言った。
しかし、逆に英二は真に、しのぶが兵吉の隠し子だと
どうして黙っているのだと問い詰めたが、真は笑い飛ばした。
英二は惚けても遅い、今頃戸川のおばさまが
しのぶにきつく問い詰めているはずだと言った。

丁度その頃、無縁坂マンションに令子の母、令子、そして宏美が
しのぶを呼び出して、素性を聞き出そうとしていた。
令子の母親がきつくしのぶを問い詰めると
しのぶはまた豹変し、3人に威圧的に出た。
そこに真が駆け付け、しのぶは冷静さを取り戻した。
そして、英二のマンションを出た。

真としのぶがマンションを飛び出したあとすぐに
山根がやってきて、宏美に結婚式のときの写真ができたといった。
山根は英二のマンションの部屋に入った。
そして、山根は3人にしのぶは隠し子じゃない
記憶喪失だと言った。


正一と英二は大野豆腐店にやってきて、
真にとんでもない女を引きずり込んできたものだ、
記憶喪失の女を拾ってきて、なおかつ養女にするとは
どういうことだと怒鳴り散らした。
兵吉はお前たち血の繋がった息子が何もしてくれないのに
比べれば、たとえ赤の他人でもしのぶの方が
よっぽどましだと言い切った。
正一たちはあきれた。
そして、正一は戸籍のわからない女を養女にすることなんて
できるわけがないといい、英二は記憶喪失の女を養女にするなんて
これから先どうなっても知らないからなと言い切り
2人は出て行ってしまった。

真は家庭裁判所に行って、新しい戸籍を作ってもらえばいいといって
しのぶの養女にする考えに好意的な態度を見せることにした。


真はしのぶと一緒に家庭裁判所に出向いた。
しかし、担当者は記憶喪失で戸籍作ろうとする人たちは
大抵は嘘、犯罪者であることが多いから、新しい戸籍を
作ろうとしても調査に時間もかかるし、却下されることが
多いと言った。
そして、しのぶの古い戸籍を探した方がいいとアドバイスした。

真は同僚の警察官たちと、しのぶの身元を調べ始めた。
しのぶの指紋を取り、警視庁に問い合わせたが犯罪者として
登録されていなかった。
関川医院に足を運び、しのぶの血液検査をし、
しのぶが不忍池で発見されたときに着ていた衣服に
付着していた血液と符合するか調べた。
鑑識によると、ブラウスに付いていた血液型は
RHマイナスAB型だったが、しのぶはA型だった。
ただ、同僚の警察官はブラウスのブランドが
横浜で売られている物であることを突きとめた。

しかし、それを聞いてしのぶは急に逃げ出した。
しのぶはどうしてこんなに過去を探るのかときくと
真は過去を探さないとしのぶが人間に見えてこない
人形にしか見えないといった。
しのぶは自分には感情もある、死ぬこともできると言って
また不忍池に飛び込んで自殺を図ろうとするが
真は食い止めた。
しのぶは自分の過去を探って欲しくないというと
真は手がかりの一つであるしのぶのブラウスの衣服を
不忍池に放り投げて捨ててしまった。
そして、真はしのぶの過去探しを止める決心をし、
養女にすることも諦めてしまった。

しかし、いずみ寿司の進作が逃げずに過去にぶつかれと
真としのぶに強く言い聞かせ、真としのぶは進作の言葉に
納得した。
そして、2人は横浜に行ってみることにした。

真としのぶが横浜にたどり着くと
そこに山根が待っていた。

2人は山根に付いていくことにした。
[ 2011/12/02] テーマ : テレビドラマ | TB(0) | CM(0)| 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://softtouch.blog90.fc2.com/tb.php/1864-142243a4







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。