スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] テーマ : | トラックバック(-) | コメント(-)| 編集]

赤い嵐 第13話「二人の恋人が裁かれる雪の朝」 

正一、英二は真としのぶの行方を捜したが見つからなかった。
兵吉と千代は真の暮らす清和寮にも連絡をつけたが、真たちはいなかった。


【送料無料】GOLDEN☆BEST 柴田恭...

【送料無料】GOLDEN☆BEST 柴田恭...
価格:1,782円(税込、送料別)



一方、真としのぶは泊まる場所を探し続けていたが、ビジネスホテルにも
満席で泊まれなかった。
やむなく、ラブホテルに入るが、ラブホテルに泊まることも躊躇し
結局清和寮に泊まらざるを得なかった。
しかし、同僚の井上にばれてしまった。
同僚たちの協力を得てしのぶは清和寮に泊まることになるが、
そこに山根が現れた。

しのぶと山根は湯島天神を歩き、しのぶは山根にもう付きまとうのは
止めて欲しいと言った。
山根は二日後に美千子の裁判が長野地方裁判所で始まるが、
しのぶを本名田上雪子を証人として呼んである、そこに出向けといい
山根は去って行った。

翌朝、清和寮に真の上司の村田がやってきたが、間一髪
しのぶをうまく逃すことができ、事なきを得た。
村田は、今度湯島天神で開かれる梅祭りで、上野北警察署も協力することになり、
真にファイブモンスターのパフォーマンスを見せて欲しいと頼みにきたのであった。


山根は大野豆腐店にやってきて、兵吉と千代にしのぶを殺人事件の
証人として呼んだといい、しのぶの過去が明らかにされるから、
長野まで傍聴しに来てくれと言い、帰った。
正一と英二はもうしのぶに係わるのはやめろといって傍聴することを止めたが、
兵吉と千代は、裁判を傍聴することに決めた。
しのぶの潔白を信じている真はしのぶに何かあったら
裁判所で暴れてやると暴言を吐いていた。

英二は無縁坂マンションに戻り、しのぶの証人の話や真の暴言の
話をし、真が犯罪でも犯したら、身内に犯罪者を出すことになって
会社をクビになり、お腹の子供も育てることができないと宏美は言い、
英二に長野に行って、真を監視してきてくれと言った。
同じく、正一も戸山家に戻り、しのぶと真の話をすると
令子や令子の母タカコは真を監視しておかないと、大学教授の啓太郎や
助教授の正一の将来がまずいといい、長野に行くようにいった。
そして、タカコもしのぶの正体を見極めたいと言い、
一緒に長野に向かうことに決めた。


田上洋平の殺人事件の裁判が長野地方裁判所で始まった。
田上洋平は昭和54年11月27日に殺害された。
丁度そのとき、居合わせたカメラマンのサガワアキラ(32)が
殺人現場の写真を撮っていたので、それをスライドで見せると
検察官(戸浦六宏)が言った。
パレットナイフの指紋を拭き取っているスライド写真を見せながら、
被告人田上美千子が殺したと主張した。

これに対し、弁護士(鈴木瑞穂)はパレットナイフの指紋を
拭き取っていたのは、真犯人をかばうためだと反論し、
証人としてしのぶを呼び、しのぶに対して尋問を始めた。
田上洋平の殺害現場のスライド写真を見せると
しのぶは動揺した。
弁護士は、しのぶは記憶を失い、そのあと上野の不忍池で
発見されたが、そのとき血の付いた衣服を着ていたはず、
その衣服はどうしたのだときいた。
その衣服にはRHマイナスAB型の田上洋平の血が付いていたはずだと言った。
服は既に真が不忍池に捨ててしまっていた。
真は、傍聴席から無断で裁判官に詰め寄り、
しのぶに無実を主張したが、
裁判官は真に退廷を命じた。

結局、真は法廷侮辱罪で譴責されてしまったがまもなく出てくるでしょうと
山根は言った。
しかし、真はまた何をするかわからない、
今度は親戚の人たちに多大なる迷惑を掛けるかもしれませんよと
兵吉たちに警告を与えた。
そして山根は、兵吉と千代、正一、英二、タカコにまず血の付いた衣服を
見つけて提出すれば、しのぶが逮捕され、問題は解決しますよと言った。


長野からの帰りの電車の中で、いつまでもしのぶをかばおうとする
真に対し、英二がつっかかり、英二と真がまた口論になり
とっくみあいの喧嘩をした。
真はしのぶを守り抜いてみせると言った。
真の真剣な態度をしのぶは見ていた。


上野に着くと、しのぶは舟に乗り、不忍池をさらって
捨てた衣服を探した。
しのぶは衣服を見つけ、その衣服を着て大野豆腐店に向かった。
そして、しのぶはその衣服を兵吉と千代に見せ、
自分が真に助けられたときはこの服を着ていたといって
血の付いた箇所も見せた。
しのぶは、今まで過去から逃げようとしていたが
もう逃げない、長野に戻って真相を掴んでくる、
このことは真に内緒にしておいて欲しいと言い、
豆腐店から出て行った。

しのぶは、上野駅に向かう途中、湯島天神に立ち寄った。
湯島天神では梅祭りが行われており、
真はファイブモンスターとして歌っていた。
しのぶは、真を見届け、さよならといって
長野に向かった。
[ 2011/12/09] テーマ : テレビドラマ | TB(0) | CM(0)| 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://softtouch.blog90.fc2.com/tb.php/1870-12763eeb







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。