スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] テーマ : | トラックバック(-) | コメント(-)| 編集]

赤い迷路 第3話「さまよい」 

結城家に電話がかかってきた。正人が出ると柳田からの電話だった。
柳田は城西署からだが、犯人が捕まった、そのことを知っているかと聞いてきた。
正人はテレビを見ておらず、知らないと答えると柳田は
犯人の名前は都築潤だといった。
正人は愕然とした。都築潤は桜井由紀子の弟だった。



山口百恵/赤いシリーズ...

山口百恵/赤いシリーズ...
価格:2,100円(税込、送料別)


明子が正人の元にやってきた。
正人は明子に犯人が捕まったといった。
明子は犯人が捕まってももう妙子は帰ってこないと嘆いた。
正人は、綺麗な思い出だけを残してもうこのことは忘れようといった。
しかし、明子は妙子のことを忘れられるわけないといい、
続けて、正人の「綺麗な思い出」という言葉に反応し、
妙子のことを信じろといったくせに、正人が本当は妙子が
モーテルでいかがわしいことをしていたのではないか、
だから「綺麗な思い出」なんて言葉を使ったのではないかと
指摘し、正人に突っかかった。


潤の取り調べが始まるものの、潤は犯行を肯定することはなかった。


明子は菊村学園高校に通い始めるものの、他の生徒から
白い目で見られ、堪えきれなかった。


由紀子は正人の勤務する東和医科大学の研究室を訪ねた。
そして、由紀子は正人に相談し潤は妙子を殺していない
潤を信じて欲しいと頼んだ。
しかし、正人は取り合わず、由紀子は諦めて部屋を出た。


由紀子が潤と一緒に住んでいたひかり荘に帰ると園田が訪ねてきた。
由紀子は潤の無実を信じていると園田に言い張った。
しかし、園田は由紀子の言動から本当は潤を疑っていることを見抜いた。
由紀子はそんなことはないというが、興奮してまた体調を崩した。

園田は由紀子を実家まで送り届けた。
実家では由紀子の旦那の桜井秀彦(垂水悟郎)が由紀子に
入院を勧めた。
由紀子と秀彦はあまりうまくいっていないようだった。


園田はスナック「ビレッヂ」のマスター村井に潤の過去を聞き出そうとしたが、
常連客の三崎がゴロー話さなくていいよと邪魔をした。
三崎はそんなに潤のことを聞きたければ正人に聞けといった。


園田は正人に直接聞く決心をした。
正人の研究室に足を運び正人に潤との関係を聞くが、
正人はこの事件に首を突っ込むのは止めて欲しいと制した。
そこに、秘書の高浜がきて、明子が正午過ぎに高校から行方不明に
なってしまったと報告を受けた。
正人は柳田にもそのことを報告した。

その頃、明子はふらふらと歩き、モーテル付近をうろついていた。
しかし、モーテルを見定めて引き返そうとすると、
車にひかれそうになった。
その現場を見ていた警察官が明子に声を掛け、
そのまま明子を保護した。

警察には明子を迎えに正人と園田がやってきたが
明子は正人に反発する。


正人と明子は自宅に戻ると、正人は明子に対し、妙子のことを
疑っていたことを素直に告白した。
モーテルに行く目的は限定されるからであった。
その一方、実は明子も妙子を疑っていることを打ち明け、
そして妙子を許せない気持ちを持っていることも告白した。
しかし、正人は妙子が明子のために一生懸命尽くし、生きてきたことを
力説すると、明子は納得し、二人のわだかまりが解けたのであった。


結城家に電話がかかってきた。
柳田からであり、潤が自供したと報告を受けた。


しかし、潤の自供はあいまいだった。
刑事は柳田に支離滅裂な自供で今後潤が取り調べに堪えられるか
どうか潤を担当している小松原弁護士の希望で正人に精神鑑定を依頼したことを報告した。
柳田は驚いた。

園田たち研究室のスタッフは正人に精神鑑定を断るように
勧めたが、正人は公私混同はしないと言い切り、仕事を引き受けてしまった。
園田もお供することにした。


正人は潤と面会した。
正人と潤はお互い鋭い目でにらみ合った・・・・・・。
[ 2012/01/12] テーマ : テレビドラマ | TB(0) | CM(0)| 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://softtouch.blog90.fc2.com/tb.php/1880-d94d76c5







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。