スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] テーマ : | トラックバック(-) | コメント(-)| 編集]

赤い迷路 第7話「母の日記」 

柳田に交渉したもののうまくいかず、正人は諦めて帰った。
しかし、その夜柳田から電話がかかってきて
明日朝10時に二人きりで会わせてやるから東京地方検察庁にこいと言われた。



松田優作 マツダユウサク / Y Matsu...

松田優作 マツダユウサク / Y Matsu...
価格:2,294円(税込、送料別)




正人が潤と二人きりで会うと、また以前と同じように
グラビアで一緒に写っている男のことを聞いた。
潤は知らないの一点張りに変わりは無かった。
潤はいらだった。
潤は本当に知らないようだった。

正人は東京地検から出ると自問自答を繰り返した。
犯人は江上勝に間違いないとふみ、工事現場を渡り歩き
江上勝を探し続けた。
正人はようやくドヤで江上勝がぎんちゃんと呼ばれ「ささきぎんぺい」
と名乗っていたことを掴んだ。
江上は仕事に困ると千葉の九十九里の飯岡に出稼ぎに
行くことも掴んだ。
正人は園田に連絡し、千葉に向かった。


柳田が正人の研究室にやってきた。
正人は留守にしており、園田が応対し、正人は千葉のどこかに
出かけていると説明した。
柳田は園田に由紀子と正人との間に何があったのか探って欲しいと頼んだ。

園田は桜井家に足を運んだ。
由紀子の旦那桜井秀彦は、潤の一件で自分の事業にも支障が出始めているし、
由紀子は狂言自殺を図るし、とても迷惑だとぼやいた。
園田はそこで初めて由紀子が自殺を図ったことを知った。


正人は千葉の飯岡漁港に着き、江上のことを聞いて回った。
ようやく、又信丸に乗っていることを突きとめた。
又信丸は明日の朝に港に着くらしい。
そして、又信丸に無線で連絡を取ってもらった。
正人は研究室にいる園田に連絡をし、明子に一晩泊まることを
伝えておいて欲しいと言った。
園田は明子の面倒を見るため、結城家に泊まることを進言し
正人は了承した。

結城家に来た園田と明子は一緒に料理を作った。
そして、寝床をつくるとき、敷布を取りに明子は
2階の部屋に行った。
敷布を持って帰ろうとすると、明子は偶然妙子の日記を見つけてしまった。
そして、明子は妙子の日記を読み始めた。
日記には明子との思い出が綴られていたが、途中「Aより電話」という
言葉を見つけて明子の表情が曇った。
園田は明子が戻ってくるのが遅いので、みにいくと明子は敷布を園田に
手渡し、日記を持って自分の部屋に入って行ってしまった。


翌朝、正人は帰ってくる船の中に「又信丸」の文字をみつけ、
その船に近寄っていった。
しかし、船からは江上勝は下りてこなかったようだった。
同僚に聞いてみると「ささき」は途中時化で港に立ち寄ったときに
降りてしまったと言った。正人は焦りを感じた。
江上勝(西沢利明)は無線連絡が入ったとき、何かを察知し、逃げたのだった。


由紀子は再逮捕された潤と面会した。
潤は自分はやっていないと犯行を否定し、由紀子を安心させた。
潤はあの日、なぜモーテルの近くをうろついていたのかを聞いた。
由紀子は答えなかった。
潤は由紀子を疑っていた。
由紀子は潤に江上さんという人知っているかときいた。
潤はあきれ果てた。
潤はグラビアで一緒に写っている男か、知らないよと言った。
正人に頼まれてここまで来たのかと潤はいらだち混じりで怒った。


拘置所を出た由紀子に柳田が声を掛けた。
柳田は由紀子に明子の本当の母親であるという事実を盾に
正人を窮地に追い込んでいるのではないかと責めた。
そして、正人に証拠隠滅のため潤をシロだと言わせたり、
千葉の九十九里に出かけて捜査をさせようとしたりしていると
柳田は強い口調で言った。
真犯人は由紀子ではないか?と柳田は由紀子を追及した。
事実関係を明らかにするため、正人にも強く出る必要があると
柳田はいうが、由紀子は正人が責められ始めたのを我慢できず、
本当の事を打ち明けることにした。

15年前、ある男と由紀子は駆け落ちをした。
その男は殺人事件を起こして、行方不明になった。
その男の名前は江上勝。曙町事件と呼ばれる殺人事件の容疑者だった。
そのとき、由紀子のお腹の中には赤ちゃんがいて、その赤ちゃんが
明子だった。
明子を引き取って育ててくれたのが正人と妙子だった。
話を続けようとすると、由紀子は発作を起こして倒れた。


正人が研究室に戻ると高浜に昭和35年3月の新聞縮図版を
準備してくれと頼んだ。
そして、研究室に入ってきた園田に明子の様子を聞くが、
昨夜は一睡もしていないようで朝食も取らなかったと言った。
2階で日記帳のようなものを見つけてそれを読んでいたという
ことも報告した。
明子が妙子の日記を読んでしまったことに正人は愕然とした。


柳田は潤を取り調べていた。
曙町事件のことや、江上勝のことを聞いた。
潤はまた江上という男の話かと言い、その江上という男は
何者なんだよと怒った。
潤は早くここから出せ、というと柳田は最初にどうして
自白したんだと聞かれた。
潤は無言だった。


柳田から正人に電話があった。
柳田は正人に江上勝の行方が分かったかと聞いてきた。
正人は凍り付いた。
柳田は話は全て由紀子から聞いたと言った。
そして食事の約束を取り付け、二人は食事を一緒に取ることにした。

正人は妙子を殺したのは江上勝と考えていたが、柳田はその可能性は
低い、動機がないし、時効が成立しそうなのに犯罪を犯すことが
考えにくいからだった。
そのことは正人も考えたが、自分でグラビアの切り抜きを由紀子に
送りつけてきたのだから江上以外に考えられないと語気を荒げていった。
正人は柳田にこの事件についてはもう少し目をつぶってくれと頼んだ。


正人は自宅に帰った。
自宅には明子が既に帰っていたが、明子は妙子の日記帳を
見たことを正直に打ち明けた。
明子は自分がどんなに愛されていたか分かったし、とても感動したと言った。
正人と妙子との間に産まれてきたんだから幸せなことだと明子は
続けていった。
正人は表情がこわばった。

明子は妙子に電話を掛けてきた人は誰だったのだろうと
正人の胸で泣いた。
[ 2012/01/18] テーマ : テレビドラマ | TB(0) | CM(0)| 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://softtouch.blog90.fc2.com/tb.php/1884-1717a903







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。