スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] テーマ : | トラックバック(-) | コメント(-)| 編集]

赤い迷路 第9話「激情」 

正人はポストに投函されていた手紙を由紀子に見せた。
由紀子は江上に間違いないというが、正人は筆跡を由紀子に
確認して江上の書いたものに間違いなさそうか聞いた。
しかし、由紀子は江上から手紙などもらったことがなく、
筆跡から本人のものかどうか判定できなかった。
江上勝は由紀子が妊娠したことを知っていた。
身ごもった由紀子の父親と母親は江上勝との間を許さず
瀬戸内海にいる婆やのところに由紀子を預け、そこで由紀子は
明子を産んだ。
婆やも江上のことは知らず、江上のことを知っているのは
妙子と正人だけのハズなのだった。


松田優作 マツダユウサク / Y Matsu...

松田優作 マツダユウサク / Y Matsu...
価格:2,294円(税込、送料別)




正人は柳田にも手紙のことを打ち明けた。
柳田は明子が自宅に届いた郵便物を取ったあとに
手紙が投函されていることから、正人への脅迫とも受け取れると推理した。


明子が高校から帰宅途中、変な張り紙が貼ってあると他の女子高生が
騒いでいた。
明子が見ると張り紙には「世紀の奇跡 AB型の父とA型の母から
O型の娘誕生」とあった。
明子はO型だった。

家に帰ると明子は3丁目の角に塀があり、変な張り紙が
張ってあったと昼間の出来事を正人に話した。
張り紙の内容「世紀の奇跡 AB型の父とA型の母から
O型の娘誕生」を説明すると、正人の表情がこわばった。
妙子はA型だったねと明子が言った。
明子はO型だから・・・というと正人は父さんもO型だと即答した。
そのあと、正人はこっそりと張り紙が貼ってある場所に行き、
張り紙を剥がした。


翌日、正人は柳田に相談した。
正人は実は正人がAB型であることを伏せたと柳田に伝えた。
正人は箱根に向かうと言った。
張り紙は箱根の包み紙の裏に書かれていたものだったからだ。


由紀子は潤に、あの日モーテルには行っていないと断言した。
しかし、潤は由紀子がモーテルに入っていくところをみたといった。
由紀子は、本当の事を打ち明けた。
電話がかかってきて、妙子が浮気をしているからその現場を
押さえろといわれ、モーテルに足を運んでしまった。
妙子とは高校時代からの友達だから、そんなことをしてしまったといった。
電話の相手は男性だったと言った。


正人は箱根にやってきた。
ある宿屋の主人に聞くと、昨日か一昨日に買ったものに間違いないと言った。
なぜなら、ここ数日に包み紙のデザインを変えたからと言った。
その宿屋の部屋を見てみた。
正人が布団やシーツを調べようとすると、押し入れに
「江上勝 血液型O型」と書かれていた。


潤はスナック「ビレッヂ」にいた。
潤は三崎に江上とのグラビア写真の焼き増しを頼んだ。
潤は姉さんの由紀子の後をつけていたことを犯人に知られ、
そこで罪を被せられそうになったことを村井、三崎に話した。


園田は研究室にいる正人に見損なったといった。
最近の正人の仕事に対する熱意の奪われ方が大きかったからだ。
園田は外に飛び出し、近くの寺でやけになって鐘を突きまくっていた。
その光景を潤が見ていた。
潤は正人のことを聞きに来たのだが、園田が正常な状態では
なさそうなので、日を改めてまた来ようと思いとりあえず帰った。


真夜中12時過ぎ、正人は園田のアパートに出向いた。
そして、高浜に聞いた、EC医大から誘いが来ているようだが、
園田に大学を辞めないで欲しい、君が必要だ、君にいて欲しいと頼んだ。
正人は妻の妙子のことだけではなく、明子のことも絡んでいるから
悩んでいると、心の苦しみを打ち明け、帰って行った。


明子が高校でテニスをやっているところを由紀子はじっと見守っていた。
そこに潤がやってきた。
潤は三崎の撮ったグラビアの焼き増しの写真を由紀子に見せて
この男は何者だと江上のことを聞いた。
由紀子はただ黙っていた。


潤は江上のことを調べ始めた。
江上が昔京都に住んでいたことと、画を描いていたことを突き止めた。


潤は明子と出会った。
明子は潤に犯人だと思っていたことを謝った。


正人は結城家に来た郵便物を明子から渡され、確認していた。
そこに、怪しげな封筒を見つけ、開けてみた。
その封筒には「五百万円」「檜町公園」「明日午后二時」と書かれていた。

翌日正人は園田に手紙を渡し、自分に何かあったら柳田に
これを渡して相談してくれと言い残し、待ち合わせの現場に向かった。


潤は園田に江上は何者だ、正人とどういう関係だと聞いた。
園田はそれを答えたら、一緒に江上を探してもいいかと答えた。


正人は檜町公園で待ち合わせ時刻よりも2時間近く経っても
まだ待っていた。
そこに子供が正人に声を掛けてきた。
そして、正人に何かを手渡した。
正人がそれを見ると、結城正人名義の富士総合口座通帳
とかかれた銀行預金通帳だった。

正人は自宅に戻った。
電話が鳴った。
正人が電話に出ると、謎の男の声で、よく長く待ったな、
500万円は明子が高校を卒業したあとの将来のために預金しておけといった。
でも、明子が無事に高校を卒業できるかどうか保障しないけどな、といって
電話を切った。

正人は電話口で「姿を見せろ、卑怯者!」と激高して怒鳴った。
その光景を明子は見ていた。
[ 2012/01/20] テーマ : テレビドラマ | TB(0) | CM(0)| 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://softtouch.blog90.fc2.com/tb.php/1886-686891e5







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。