スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] テーマ : | トラックバック(-) | コメント(-)| 編集]

赤い迷路 第14話「晴れ着」 

明子は家へ走って帰ってしまった。
正人が追いかけたものの、明子は部屋に閉じこもってしまった。
結城家に電話が来て、正人が出ると園田からだった。
園田が心配してビレッヂから電話を掛けてきたのだった。
ビレッヂに潤がやってきた。
潤がどうした、何があったのかときくと園田は黙って
「明子さん おめでとう 母より」と書かれたカードを見せた。
園田はとりあえず、結城家に足を運ぶことを決め、ビレッヂを出た。
潤は村井からこのカードを明子、正人も見たことを聞いた。



【送料無料】山口百恵/GOLDEN☆BEST 山口百...

【送料無料】山口百恵/GOLDEN☆BEST 山口百...
価格:2,783円(税込、送料込)





園田が結城家に着いた。
園田が明子の説得を試み、明子が閉じこもっている部屋のドアをノックした。
明子はドアを開けようとしなかった。
園田はドアの外から部屋にいる明子に説得し始めた。
そして、園田は明子の本当の母親は由紀子といった。
その先を言わないでと明子は言った。
園田は妙子もあなたのことを愛し、由紀子も今でも気にしている、
何が不満なの?といった。
明子は園田に本物の父親は誰ときいた。
明子は部屋のドアを開けた。
明子は本当の父親は正人で由紀子との間に産まれた子供なのかときくと
園田は違うと言った。
園田は本当の父親は明子がお腹の中にいるとき亡くなったと嘘をついてしまった。

園田は正人に明子に嘘をついてしまったというと
正人はそれでよかったんだ、ありがとうといった。


潤は桜井家に行き、由紀子にビレッヂに贈られてきた花束に
添えてあった「明子さん おめでとう 母より」と書かれた
カードを見せた。
由紀子は明子が真実を知ったことを悟った。


年も開け、正月を迎えた。


柳田が結城家に来た。
正人は柳田に明子とはしっくりいっていないとぼやいた。
柳田は時間が解決してくれるといった。
正人は柳田から自分で明子との壁を作っていてはいけないとアドバイスを受け、
明子に晴れ着を着てみないか、妙子が用意しておいてくれたものだと誘ってみた。
しかし、明子は私にはお母さんなんていないのよといって、正人のそばから
離れた。


潤は園田を誘って、光明寺で待ち合わせをし、浜辺を二人で歩き
たわいもない会話を交わしていた。
まるで、恋人同士のように。


由紀子は秀彦に離婚を迫っていたが、秀彦は受け入れることはなかった。
秀彦は由紀子を正人に盗られたくなかったのだった。
由紀子はとうとう、明子が自分の本当の娘であることを打ち明けた。
秀彦はやっぱり正人と由紀子との仲は本当だったんだなと言った。
しかし、由紀子は明子は昔都築家に出入りしていた画家との子だと
正直に言った。
由紀子は都築の織物と意匠登録はあげますからというと、
秀彦は欲に駆られて由紀子と結婚したみたいで世間体が悪いと言った。
秀彦は仮に離婚して明子を引き取った後どう生活していくんだ、
まさか絵描きとよりを戻すつもりなのかと聞く。
その後、思い出したように秀彦はまさかその絵描きというのはといいかけて
由紀子は、「江上勝」ですと答えた。
秀彦は言葉を失った。


秀彦は結城家へ出向き、明子を引き取りたいと言った。
正人は明子を手放したくないと言った。
結局、正人は明子本人の意志に任せると言い、
明子本人に確かめることにした。


正人は明子に話をした。
明子は正人はどうなのときくと正人は手放したくないと断言した。
明子は考えてみると言って、即答を避けた。


正人は東和医科大学の教室で、明子を手放したくないと叫び
苦悩に満ちていた。
大学から帰ろうとすると、ガラスのドア越しに突然江上勝が現れた。
江上が一つだけ聞いてくれ、奥さんを殺したのは俺じゃないといった。
正人はもっと話を詳しく聞かせてくれと言って、ガラスのドアを開けようとしたが、
ドアに鍵がかかっていて開かなかった。
正人が場所を移動して、江上と話をしようとすると、江上は何者かをみつけ
その者から逃げ失せるようにして、その場から立ち去ってしまった。
正人は急いで、外に出て江上を追いかけようとすると、そこに潤が現れた。
潤は江上を追いかけていた者を追っているうちに、ここにたどり着いたらしい。

正人は潤に江上は妙子を殺していないと言ったというと
潤もその通りだと言った。
問題は江上を追っている男だと言った。


明子は桜井家に赴いた。
由紀子は喜び、そして戸惑った。
明子は「お母さん」と呼びかけた。
由紀子は喜び、明子を抱き寄せた。
しかし、明子はごめんなさいといった。
明子は自分を試してみたと言った。
由紀子をこれから母親としてみることができるかどうか
試したようだった。
明子はやはり正人の元に戻る決意をしたらしい。
明子は産んでくれたことを感謝すると言い、由紀子に別れを告げた。


明子は桜井家を出ると園田の所に出向いた。


正人が自宅に戻ると園田がいて驚いた。
正人は明子はいるのかなというと、園田はいますわといった。
そして、奥の方から、妙子の用意しておいてくれた晴れ着を着た
明子が出てきた。
一人で晴れ着を着ることができないので、園田に
手伝ってもらったと言った。
正人は喜んだ。

結城家に電話がかかってきた・・・・・・。
[ 2012/01/29] テーマ : テレビドラマ | TB(0) | CM(1)| 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2012/01/30] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://softtouch.blog90.fc2.com/tb.php/1891-13cae625







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。