スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] テーマ : | トラックバック(-) | コメント(-)| 編集]

赤い迷路 第20話「愛と死」 

三崎は妙子殺害の当日、昭和49年10月4日午後、撮影会前の
打ち合わせのため、丸の内の喫茶店「ロータリー」において、
人気ファッションモデルの緑川レイコとそのマネージャー沼沢コウイチと
面談していたと供述。右両名の供述により三崎のアリバイは成立していた。

三崎はカメラマンの仕事で工事現場を渡り歩いていたので、潤のヘルメット
を手にするのも容易であった。



松田優作 マツダユウサク / Y Matsu...

松田優作 マツダユウサク / Y Matsu...
価格:2,294円(税込、送料別)



坂崎刑事は三崎のアリバイを再度確認するため、喫茶店で沼沢と会い
話を聞いた。
最初沼沢は坂崎の質問に対し、三崎に会っていたといった。
しかし、坂崎が沼沢と緑川レイコとは隠れた恋人関係であり
密かにラブホテルで何度も密会を繰り返していた事を指摘すると
沼沢は表情を変えた。
沼沢はようやく真実を打ち明け、実は事件当時三崎とは会っていなかったと
告白した。

三崎のアリバイは崩れた。


柳田は三崎敏彦を真犯人とほぼ断定した。


坂崎が三崎の逮捕のため、自宅アパートに向かったが、
三崎は既に逃亡していた。


結城家には由紀子が来ていた。
由紀子は家の戸締まりを注意深く確認していた。
由紀子は三崎が捕まるまで明子を守るため、誰がなんと言おうとも
ここにいると明子に言いきった。
明子はこの前はごめんなさいと、桜井家に行かなかったことを謝った。
明子は本当は由紀子に会いたかったと涙ぐんだ。
由紀子は明子にあなたの気持ちは分かっていると抱き寄せると
明子は「お母さん」といい、2人抱きしめ合った。


その頃、三崎は焼け落ちた家に隠れていた。
そして、「やるか・・・」とつぶやいた。


正人、明子、由紀子が朝食をとっていると、
村井が結城家にやってきた。
明子を高校まで送り迎えするためだった。
明子は村井と刑事にガードされながら、車で登校することになった。


潤は発作が続いていた。
正人は由紀子に潤が危険な状態であることを打ち明けた。
潤は結城家にやってきた。
正人が呼び出していたからだった。
由紀子は潤に入院を勧めるが、潤は心配するなの一点張りだった。


明子は高校の校門の手前で村井の車から降り、刑事と一緒に校門に
向かっていた。
明子たちを車で尾行していた三崎は先回りをし、明子と刑事をもろとも
車ではねた。
明子と刑事は路上に倒れた。
三崎は明子を車に乗せ、立ち去った。
村井は三崎の車の後を追いかけたが、途中で巻かれてしまった。


柳田から結城家に電話がかかってきた。
正人が出ると、明子が三崎に拉致されたことが伝えられた。


園田、城北警察署に出向いた。
城北警察署には、既に、村井、正人、由紀子、潤もいた。
明子のことが心配だった。


ビレッヂに、村井、潤、園田が待機していた。
そこに、電話がかかってきた。
潤が出ると、電話の相手は江上勝だった。
江上はテレビで明子のことを知ったといった。
そして、三崎の行く先に心当たりがあると江上は言った。
潤は江上から教えてもらった行く先を誰にも告げることなく、
店を出た。


潤は地下鉄駅で江上に会った。
江上は自分の本当の娘が偉い先生の家にもらわれて、何不自由なく育っていると
いうことを他人に一度だけ話し、それを三崎に聞かれてしまった、
そのあと妙子がそのネタで三崎にゆすられていたことを後で知ったと
今までの経緯を、潤に語った。
江上は三崎に妙子殺しの犯人であることを問い詰めようとしたが、
逆に三崎に脅されてしまったと言った。

潤と江上は明子の救出に向かった。


ビルの廃墟のような所に着くと、三崎は明子を殺そうとしていた。
潤と江上は明子を救おうとし、江上は明子にすぐ近くの交番に飛び込みなさいと
指示を与え、明子を逃がした。
潤は三崎と取っ組み合いになった。
潤は発作と闘いながら三崎を追った。
潤は三崎を捕まえ、犯行の目的を聞いた。
三崎は幸せなヤツをみて頭にきたとだけ言った。
そこに警察のパトカーのサイレンが鳴り響き、刑事が下の階に
駆け付けたのを三崎はみた。
三崎は自殺をしようとするが、潤は死にたくなくても死ぬしかない人間
もいるんだよと言って、三崎の自殺を止めた。
三崎は警察に逮捕された。
そして、潤もその場に倒れてしまった。


ビレッヂに電話がかかってきて、明子が保護されたことを村井が聞き
それを園田に伝えると、園田も喜んだ。


南警察署に保護された明子は迎えにくるまで待っていたが、
そこに正人と由紀子が駆け付け明子喜んだ。
そこで、警察官が電話で潤が逮捕現場で倒れてしまったことを話しているのを
由紀子と正人は聞いた。

潤は病院に入院した。
正人は担当医から手術不可能と告げられ、やるせない気持ちになった。
潤はようやく意識が回復した。
由紀子がずっと看病していたが、潤は喉が渇いたといって
由紀子を病室から外に誘導した。
潤が目に巻かれていた包帯を自らとると、視界が暗いことに気づいた。
潤は軽くパニックになり、死にたくないよと嘆き悲しんだ。


園田は潤を見舞うことなく、ビレッヂにいた。


明子は潤を見舞った。
潤は明子に気丈に振る舞ったが、明子は不安そうに潤をみていた。
潤は1人にしてくれと言った。
明子が病室から出る間際、潤はサヨナラと言った。
明子は又来るわといって、病室を出た。


柳田は正人に三崎は犯行を認めたと言った。
しかし、動機が普通じゃないことから三崎には精神鑑定が必要だと言った。
正人は自分が精神鑑定をやるといったが、
柳田は困惑した。
柳田に電話がかかってきた。
潤が病院から逃げ出したことを正人に伝えた。
このことは、研究室にいた園田にも伝えられていた。


園田は海に向かった。
園田は海岸近くで横たわっている潤を見つけた。
潤は良くここが分かったなと言うと、園田は海に行こうと
約束したでしょと答えた。
園田、潤を抱えた。
潤は煙草に火をつけてくれと言った。
園田が自ら煙草に火をつけ、潤に咥えさせようとすると
潤は身動きとらなかった。
園田が潤のしていたサングラスを外すと、もはや潤は絶命していた。


正人は三崎の精神鑑定のため、園田を連れて取調室にいた三崎と面会した。
三崎は、俺に至って正常、すぐに死刑台に送り込め、でも本当に面白い
ことが起きるのはこれからということを忘れるなとにやけながら言った。
正人は嫌な圧力を感じていた。


正人が自宅に戻ると明子の様子がおかしかった。
明子に手紙が来ていた。
正人がその手紙を見ると、「貴女の父江上勝は生きている
あと1か月逃げ切れば 貴女の前に現れる」と書かれていた。
その手紙には江上勝の顔写真も同封されていた。
[ 2012/02/07] テーマ : テレビドラマ | TB(0) | CM(0)| 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://softtouch.blog90.fc2.com/tb.php/1897-5e3d7d1c







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。