スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] テーマ : | トラックバック(-) | コメント(-)| 編集]

赤い迷路 第21話「約束」 

明子は翌朝、手紙の真偽を正人に聞くが、正人はでたらめだと答えた。


正人が大学に出勤すると、高浜から川原主任教授が呼んでいると伝えた。
正人は国際心理学会のことかとつぶやいた。
高浜も正人から課題が与えられず、やきもきしていた。
しかし、正人は園田に学会の研究発表を断ろうかどうしようか
迷っていると話した。
園田は正人を元気づけ、明子も元気になったしというが、
正人はそうじゃないんだと悩みの表情を見せた。


松田優作 マツダユウサク / Y Matsu...

松田優作 マツダユウサク / Y Matsu...
価格:2,294円(税込、送料別)





明子は桜井家へ出向き、潤の遺骨が飾ってある仏壇に線香をあげた。
明子は由紀子に自分の所に送られてきた江上勝の顔写真を由紀子に見せ、
これが私の本当のお父さんですねと尋ねてきた。
由紀子は動揺した。
明子は手紙に書いてあった「貴女の父江上勝は生きている あと1か月
逃げ切れば 貴女の前に現われる」という内容を由紀子に説明し、
逃げ切るとはどういうことかと続けて聞いてきた。
明子は、この写真の人に会ったことがあり、優しく絵を教えてくれたといった。
どうして、1か月逃げなければならないのか、本当の事を教えて欲しいと
由紀子に迫った。
そして明子はお母さんなら教えてとさらに強く迫った。
由紀子は許してくれと言って、白を切り通した。
明子は桜井家を後にした。


明子は公園でじっと物思いにふけって座っていた。
そこに園田が通り過ぎようとし、明子のことをみつけ、声を掛けた。
明子は園田に由紀子に父親のことを尋ねてみたが、二度と誰にも
聞かないことにしたと言った。
明子は続けて、父親のことを聞くとみんな悲しそうな顔をするからと言った。
明子は園田に結城家に遊びに来て欲しい、正人が寂しそうだからと言った。
園田は明子を海に誘った。
園田は潤の思い出を語り始めた。
園田は潤に恋していたことに気づき、思い出にふけっていた。


大学にいる正人の元に由紀子が会いに来た。
由紀子は明子が既に江上に2回も会っていること、1回目は絵を習い
2回目は自分の部屋に入ってきたことを指摘した。
正人は初耳だったので、驚いた。
由紀子はもうどうしたらいいのか分からないと狼狽した。


明子は東京地検に足を運び、柳田に面会に来た。
そして、明子は柳田に三崎に会わせてくれと頼んだ。


マロニエという喫茶店で園田と柳田は会っていた。
柳田は園田に明子が東京地検にやってきて、三崎に会わせてくれ
と頼んだことを話した。
柳田は園田に明子を説得させて欲しい
以前にも由紀子のことを上手く説明したので、
また今回も同じように父親のことも上手く話してくれと頼んだ。


桜井家に電話がかかってきた。由紀子が出ると俺だと相手の男は言った。
おそらく、江上勝だったに違いない。
由紀子はすぐに桜井家を出た。
その由紀子の後を刑事が尾行始めた。
由紀子は京王クラウン街のある待ち合わせ場所でしばらく待っていた。
しかし、待ち合わせ場所には江上は現れず、由紀子は家路についた。

由紀子が自宅に戻ると家政婦のクメが会社の下絵屋が来ていると報告された。
由紀子がみると、江上だった。
江上は張り込みの刑事をまくにはこの方法しかなかったと言った。
江上は由紀子に明子に会わせて欲しいと頼んだ。
由紀子は江上にこのまま帰って欲しいというと、江上は引かなかった。
江上は明子を抱きしめたいと固執した。
江上は泣いて頼んだ。


由紀子は正人を呼び出した。
由紀子は正人に江上と明子とを会わせると江上に約束してしまったと話した。
正人は育ての親として、はっきりと断った。


正人は研究室に戻った。園田もいた。
正人に対し、園田は江上に会わせた方がいい、嘘偽りは今の
明子には通用しないと言った。
正人は実の父親が殺人犯であることを知ったら再び明子が死を選ぶのではないかと
不安なんだと言い、明子と江上を会わせることを頑なに拒否した。


柳田は三崎を取り調べていた。
三崎は取り調べで幸せな家庭を潰したいという目的を言い張るのみだった。
そして、妙子をゆすったところ、幸せな家庭を守るために必死だったと
いうことを三崎が言うと、柳田は激怒した。


柳田は正人の所にきた。
柳田は江上の隠れ家に踏み込んだが、逃げられたといった。
そして、手配することになり江上の顔写真が駅や交番など至る所に
貼られることになりそうだといった。
明子が真実を知ることはもう時間の問題になってしまったといった。
柳田は正人に思い悩んでいる場合じゃないとアドバイスした。
正人は柳田に江上を明子に会わせようと思っている、そして
自首させようと思っていると言った。
正人の柳田にもう少し逮捕を待って欲しいという態度に対し、
柳田はは犯人蔵匿の片棒を俺に担がせるつもりかとあきれかえり
辟易とした。


正人は由紀子に電話をして、明子を江上に会わせると伝えた。
自分が明子を広尾の自然公園に写生に誘うので、午後1時に
江上を連れてきてくれと頼んだ。
正人と由紀子の電話のやりとりを秀彦は聞いていた。

秀彦は犯人を逃亡させるのと同じ事ではないかといい、由紀子の行動を責めた。


正人は予定通り明子を写生に誘った。
桜井秀彦は公衆電話から警察に通報した。
待ち合わせ場所の広尾の自然公園には警察もうろつき始めており
正人はそれに気づいた。

江上がやってきて、正人に声を掛けようとすると
正人は「明子」と叫んだ。
江上は急に大声を出した正人の異変に気づき、周囲を見渡すと
刑事らしき人たちがいることに気づいた。
刑事たちが江上を追いかけ始めると江上は逃げ出した。


正人は由紀子に江上は裏切り者だと思いながらその場から
逃げたことだろうと電話で伝えた。


一方園田は柳田に明子に真実を伝える決意をしたと言った。
[ 2012/02/08] テーマ : テレビドラマ | TB(0) | CM(0)| 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://softtouch.blog90.fc2.com/tb.php/1898-038777dc







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。