スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] テーマ : | トラックバック(-) | コメント(-)| 編集]

赤い迷路 第23話「誤解」 

正人の発表は新聞の記事に載り、明子はその記事を読み動揺した。
桜井秀彦も由紀子も新聞を読んで動揺した。
園田を始めとする研究室のスタッフも新聞の記事を読んでいた。
スタッフの一人は、分科会は関係者以外の者はいなかったはずなのにと
不思議がっていた。


松田優作 マツダユウサク / Y Matsu...

松田優作 マツダユウサク / Y Matsu...
価格:2,294円(税込、送料別)




研究室にサイジョウタカアキから園田に電話がかかってきた。
サイジョウは園田を飲みに誘ったが、園田は誘いを断った。
サイジョウは7時からくれーる・ド・赤坂で飲んでいるから
気が向いたらきてくれと言った。

正人から研究室の高浜に電話が入り、講義もないので、研究室には
顔を出さないと言った。
スタッフは帰り支度をし、みんなは帰り始めたが
園田は複雑な表情をしていた。


正人が自宅にいると江上から電話がかかってきた。
正人と江上は競艇場で待ち合わせをした。
江上は新聞に載った記事のことで正人を非難した。
正人はすべてを明子に話そうと思うというと、江上はあなたは
明子と血が繋がっていないからそんなことができるのだ、
もし話したらあなたを殺すと怒った。
正人は江上に自首を勧めた。


明子は新聞の記事が気になっており、集中力を欠いていた。
そして、高校のクラブで体操の練習中、平均台から落ちてしまった。
明子は病院に運ばれたが、病院には正人が駆け付けた。
既に由紀子も駆け付けていて、明子が寝ているベッドのそばに
寄り添うように看病していた。
由紀子は正人に明子を引き取りたいと言った。
由紀子は明子との血のつながりを強調した。
正人は反論しづらくなり、明子次第と言って、明子に
判断をゆだねた。
正人は自分を選ぶと確信していた。
明子が鎮静剤の効果がなくなり、目覚めた。
明子は由紀子の所に行くと言った。
正人はショックを受けた。
明子は人から観察されて生きていくのはたくさんといった。


園田は2時間3分遅れてクレール・ド・赤坂に着き
サイジョウと語った。


正人は一人外で飲んだ後、ビレッヂに立ち寄った。
村井と酒を飲み交わし始めた。
村井は落ち込んでいる正人を励ました。
しかし、正人は血のつながりはあらゆる理性、道徳を
乗り越えていく強さを持っていると言った。


翌日、正人は園田に明子が高校で平均台から落ち、
怪我をして入院したことを伝えた。
そして、正人は明子が桜井家に引き取られたことも
話した。


明子が桜井家に行くと、部屋が新調され、由紀子はことのほか
朗らかでいつも以上に喜んでいた。
家政婦のクメにおじょうさんと呼ばれ明子は照れて明子と呼んで下さいといった。
クメは京都の都築の方でご厄介になっていたと打ち明けた。
そして、クメは由紀子を幼い頃から知っていると言った。
明子は昔のことを聞こうとしたが躊躇した。
そして、明子が産まれた時のことを聞くと、クメは丁度そのときは
いなかったといった。

秀彦が帰ってきた。
由紀子が秀彦に夕刊を取ってあげようとしたとき、
夕刊から江上の顔写真が落ちた。
秀彦は何でこんなところに江上の顔写真があるのだと激怒した。
由紀子には身に覚えのないことで、何者かが差し込んでいた。

そのやりとりを明子が2階から聞いているとクメがどうしたのですかと
明子に聞きに来た。
明子は無言だった。
江上の写真の裏には「殺人犯 江上勝」とペンで書かれていた。


由紀子はその江上の顔写真を結城家に出向き正人に見せた。
正人は写真を預かり、由紀子に明子のそばにいてあげて欲しいと言った。
そのとき、結城家に電話がかかってきた。
正人が電話に出ると、由紀子宛の電話だった。
由紀子が出ると、クメからだった。
クメが言うには、明子が目を離した隙に姿を消してしまったということだった。

そのとき、明子は本屋に立ち寄り、六法全書を広げ
刑事訴訟法の公訴時効の箇所をみていた。


園田のマンションに電話がかかってきた。
園田は丁度帰ってきたところだったが、郵便受けに置き手紙が
入っていた。
それを気にしながら、電話に出ると正人からだった。
正人は明子が姿を消してしまったので、行方を知らないかと尋ねてきたが、
園田のマンションに入れられていた置き手紙が明子からのものだったので
安心してくれといった。
そして、園田はその手紙を電話で読み上げた。
話しがあるので、広尾の自然公園にいるとのことだった。
正人が自分もそこに行くと言ったが、園田は止め、自分一人で行くと言った。

電話を切ったものの、やはり正人は江上の殺人事件の資料をもって
出かけようとすると、今度は由紀子が江上のことを話すのは止めてくれと言って
止めた。
正人は血のつながりよりも愛を必要としている、生き方全てを掛けて
話す、乗り越えることができれば私たちは本当の親子になれるといった。
正人は一人で出かけた。
正人が出かけた後、由紀子は発作が起き、その場にしゃがみ込んだ。


園田が広尾の自然公園に向かうと、明子がいた。
明子は園田に本当の父親は何をしたのかと問い詰めた。
園田が話そうとすると、正人が背後にいた。
正人はそこから先は私が話すといい、園田はその場から静かに去った。

正人は明子に江上勝の事件に関する新聞の切り抜きを見せ
江上は殺人犯だといった。
明子は愕然とした・・・・・・。
[ 2012/02/12] テーマ : テレビドラマ | TB(0) | CM(0)| 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://softtouch.blog90.fc2.com/tb.php/1900-1f197778







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。