スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] テーマ : | トラックバック(-) | コメント(-)| 編集]

赤い迷路 第24話「呪い人形」 

明子たちは結城家に取りあえず戻った。
明子は悩み、落ち込んだ。由紀子は正人を責めた。
正人は由紀子に江上に殺された人の家族のことを考えたことが
あるのかと問い、自分は目を背けてきた、恥だといった。
そして正人は今こそ明子に真実を伝えるべきだと決意したといった。
そこに、明子が2階の自分の部屋から降りてきた。
明子は由紀子になぜ江上があんなことをしたのか話して欲しいと言った。
由紀子は自分が悪いと言った。
明子が由紀子にどうして結城家に自分を預けたのかと聞くと
由紀子は世間体を気にしてあなたをあの人の子供にしたくなかった、
いいえ、都築の娘があんな不始末をしでかしてはいけない・・・。
由紀子ははっきりとせず、そのまま堪忍してといって結城家を後にして
出て行った。


松田優作 マツダユウサク / Y Matsu...

松田優作 マツダユウサク / Y Matsu...
価格:2,294円(税込、送料別)





由紀子が桜井家に戻ると門前に貼ってある張り紙をみてよろけた。
尾行していた刑事たちが近寄ってきて、どうかしましたかときき
由紀子を介抱した。
その張り紙には「すべての原因は由紀子にある」と書かれていた。


柳田は正人の研究室に赴き、正人に「すべての原因は由紀子にある」と書かれていた
張り紙を見せた。
柳田は正人にどうやら三崎には共犯がいるという考えは間違って
いたような気がするといった。
柳田は別の犯人がいるのではないかといった。
柳田は続けて、張り紙の通り、すべては由紀子に原因があるのではないか、
由紀子が江上を愛したことから始まっているのではないかといった。
正人は、由紀子を責めるのは止めて欲しいと言った。
そこに、秀彦から正人に電話がかかってきた。
由紀子が取り乱しているから正人に来て欲しいということだった。
正人は桜井家にやってきた。


正人は江上を捜し始めた。
明子の登下校の途中の道で明子を待っている様子の江上を見つけた。
正人は江上に声を掛け、明子に全てを話したといった。
そして、正人は江上に明子に会って欲しいと言った。


正人が自宅に帰ると、明子が早退していた。
明子は友達みんな自分をみているような気がして・・・といった。
正人は表情がこわばった。
正人は明子に由紀子のそばにいて欲しいと言った。
明子は私どうしたらいいのか分からないとだけいって、家を出て行った。


明子はビレッヂに顔を見せ、その後園田の所に向かった。
明子は園田に桜井家に行こうと思っていると言った。
園田は正人のことを考えているのねと聞いた。
明子は園田に正人のことをどう思っているのかと聞いた、
私がいなくなると正人一人になってしまうから、園田に
支えになって欲しいと思ってといった。
園田は正人の苦しみをみて、他人事とは思えなかっただけといった。
そこにサイジョウがやってきた。
明子はサイジョウの姿を見て気まずくなりその場を去って行った。

サイジョウはドイツに帰ることになったといった。
そして、園田にもう一度会いたいといった。


明子は正人と明子の提案で日本間で寝ることにした。
そして、明子は正人に由紀子の所にいくといった。
正人はそうかとだけ言った。


翌日、明子は桜井家に行った。
由紀子は大喜びだった。
明子は由紀子に嫌いだといったことを謝った。
家政婦のクメが由紀子に電話だといった。
由紀子が電話に出ると、何か驚きすぐに家を出た。
由紀子を刑事が尾行し始めた。
明子も由紀子を追いかけた。
由紀子は明子にこっそり江上がうちに来るといった。
桜井家を見張っている刑事を一時的におびき寄せて家から引き離すため
出かけたようだった。


由紀子、明子が戻ってくると桜井家には江上勝がいた。
江上は殺人を犯した理由を説明し始めた。
江上と由紀子は愛し合っていた。
二人は東京に駆け落ちをしようとし、江上はお金が欲しかった。
それが理由だった。
しかし、明子はこれから死ぬまでお父さんの罪は許されないわといった。
そこに、誰かが警察に通報したらしくパトカーのサイレンを響かせて
警察が桜井家に集まってきた。
江上はまた逃げ始め、刑事は桜井を追いかけた。

逃げる江上の姿を見て、明子は園田に悲しかったと話した。


結城家に来た柳田は正人に江上が桜井家にいることを
密告した者がいたと言った。
正人はこれは由紀子と一緒にいたいという明子の幸せを
壊そうとしていると推理し、俺は戦うといった。
そこに明子が帰ってきた。
明子は柳田に牢に入ったら罪を償ったことになるのかと聞いた。
柳田は難しい問題だなと苦笑いした。
明子が由紀子の元へ戻ろうとすると、正人は送ることにした。


園田はサイジョウに電話し、呼び出した。
園田はサイジョウにドイツには一緒に行かないという決意を伝えた。


翌日、研究室で園田は正人にサイジョウはドイツから自分を迎えに来たが
断ったことを話した。


明子と由紀子は高校の校門前で落ち合い、結城家にやってきて
正人のために片付けをしていた。
正人が帰ってきて玄関のドアを開けようとすると、
中から由紀子の叫び声がした。
正人が驚いて、中に入っていくと由紀子は倒れていた。
正人がどうしたのだと聞くと、明子は由紀子が庭の方をみたら
急に倒れたといった。
正人が庭の方をみると、木に五寸釘で貫かれたわら人形が
張り付いていて、「由紀子」とかかれていた札がわら人形に
ぶら下がっていた・・・。
[ 2012/02/12] テーマ : テレビドラマ | TB(0) | CM(0)| 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://softtouch.blog90.fc2.com/tb.php/1901-14202a32







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。