スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] テーマ : | トラックバック(-) | コメント(-)| 編集]

赤い迷路 第25話「母の山脈」 

正人は庭に駆け寄り、明子が気づかないうちにわら人形を
すぐに木から外した。
翌日、正人はビレッヂに足を運び、村井に三崎と親しかった人は
いなかったか尋ねた。
村井は三崎は人付き合いが悪いやつだったからといった。
母親も中学の時に死んでいるし、父親も・・・といった。
正人は知り合いにも聞いてもらえないかと頼み、店を出た。






正人は研究室に戻り、園田にもわら人形を見せた。
正人は卯の刻参りをやるのは女性と決まっているので、
これをやったのは三崎の恋人なのではと推理した。


正人は拘置所に出向き、三崎と面会した。
そして、三崎に恋人はいないか尋ねたが、三崎は高笑いした。


園田と明子は道でばったり出会った。
明子は正人がひとりぼっちになってしまって可哀想というが
園田は正人は大丈夫、明子の方がもっと暗い過去を背負って
頑張って生きているのだからと明子を励ました。


正人は再びビレッヂにいった。
村井は調べてみたけど、親しい人間は見つからなかったといった。
村井はどうかしたのですかと正人に聞くと、正人はわら人形を
無言で村井に見せた・・・。


正人は中央区佃あたりに足を運び、三崎の実家があったところに着いた。
正人が三崎のことを近所の人たちに聞くと、3人家族だったが
おかよさんが亡くなってから10年くらい経つといった。
そして、カヨの実家は京都だということも突き止めた。
カヨは西陣のでかい織物工場で働いていたらしい。


正人が自宅に帰ると明子と由紀子がいた。
明子が2階に掃除するため向かうと正人は由紀子と二人きりで
話し始めた。
正人は由紀子にカヨという人を知らないかと由紀子に聞いた。
西陣の都築の工場で働いていた人らしいのだがと聞くと
由紀子は知らないといった。


正人が明子と由紀子をタクシーで送り出すと、入れ替わりに
結城家に園田がやってきた。
園田は正人に夕食を作ってあげた。
そして、園田は正人と乾杯すると、お世話になりましたといい、
ドイツにいる恋人サイジョウのところに戻ることを暗に示した。
正人はひとりぽっちになってしまった。


正人は桜井家の家政婦クメを桜井家近くの公園に呼び出した。
正人はクメに由紀子が生まれる前から都築にいたようだが、
カヨという人を知らないかと聞くと、クメは覚えていないと答えた。


正人は京都へ向かった。


江上勝が由紀子に電話をした。
由紀子は明子に、江上から電話があって警察に出頭することを
決意したらしく、最後に明子に会っておきたい、渋谷で待っている、
人混みの中で明子をこっそり眺めることにしたと伝えた。
明子は出かけ、渋谷できょろきょろと江上を探すが、
江上はこっそり人混みの中で明子を見定めた。


正人は京都に着き、松木タツオという職人に会い、カヨという人を
知らないか尋ねた。
松木は、カヨは東京にいる三崎という軍曹と結婚したはずといった。
そして続けて松木はクメさんはまだ由紀子の面倒をみているのかと正人に
確認し、そして言付けでクメさんに東京で子供が見つかったかどうか
心配していると伝えておくれと頼んだ。
正人はクメに子供がいたことに驚いた。


明子と由紀子が桜井家に戻ってくると、窓に「人殺しの親子」と
書かれた張り紙が貼ってあった。
由紀子は多少動揺したが、明子は気丈に振る舞った。
その夜、東京に戻った正人はクメに話があるので
明日会いましょうといった。


翌日、正人はクメに公園で子供のことを聞いた。
クメは都築に奉公する前に産んだ子供がいて
亭主は戦死し、子供とは空襲で離れ離れになったといった。
クメは正人にそのまま内緒にしておいて欲しいと言い残し
正人を振り切ってその場を去った。

正人が桜井家を訪ねると、玄関先でクメが家政婦を辞めようとして
桜井家を立ち去ろうとし、由紀子がそれを止めていた。
正人が止めようとしたとき、クメの手荷物がクメの手から離れ
床に落ち、散らばった。
その手荷物の中に三崎敏彦の写真があり、正人は驚いた。


正人と由紀子は事情を詳しくクメに聞くことにした。
クメは三崎敏彦の実の母親だった。
昨日の窓に貼られていた張り紙もわら人形もクメがしたことだと
告白した。
クメは由紀子と明子が憎かったといった。
正人が三崎敏彦がクメの子供ですねと聞くと、クメは息子は
三崎敏彦という名前なのですかと尋ね返した。
正人はクメが自分の息子の名前も知らないことに驚いた。
正人はクメに三崎が何をしたか新聞やテレビで見なかったのですかと
聞くと、クメは新聞もテレビも興味がなくて見ていないといった。

クメの、子供と空襲で離れ離れになったという話しは嘘だった。
クメは私の産んだ子供は都築の旦那様の子供、つまり由紀子の父親の
子供だと打ち明け、由紀子は驚いた。
クメは都築の旦那様と無理矢理身体を奪われ、その結果妊娠し
嵐山の寮で男の子を産んだ。
そして、クメはそのまますぐに由紀子の母親に取り上げられてしまったといった。
正人は、その後すぐに三崎軍曹とカヨに預けてしまったのだろうと推理した。

そして明子を他人の夫婦に預けることになってしまった由紀子も
自分と同じ運命を辿ろうとしていたので、クメさんは一生を
由紀子に捧げようと決心したのですねと正人は言った。


クメは正人に三崎敏彦は今どこにいるのか聞いた。
正人は後でゆっくり説明しますといった。
クメは正人に実はまた明子の部屋に・・・、すみませんと言った。
正人とは明子の部屋に入った。
明子の部屋には、由紀子、明子、江上勝の3人で写っていたであろう
写真の江上の部分を破き、「時効まであとわずか でも逃げ切れない
 きっとつかまる」と書かれたメモを一緒にナイフで串刺しされていた。
それを明子がみる前に正人は処理した。

由紀子は嘆き悲しんだ。
由紀子にとって、クメは義理の母親、三崎敏彦は腹違いの弟、
明子にとっては叔父にあたることになる。
明子を育てた妙子は叔父である三崎に殺され、またこの殺人事件に巻き込まれた
潤もまた明子からすると叔父であり、こんなこと明子に説明
できるわけがないと・・・。
正人は悩んだ。こんなとき、園田ならどうする・・・。
そのとき、園田はドイツ行きの飛行機に乗りつつあった。

明子が帰ってきた・・・。
[ 2012/02/14] テーマ : テレビドラマ | TB(0) | CM(0)| 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://softtouch.blog90.fc2.com/tb.php/1902-aaab8aa9







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。