スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] テーマ : | トラックバック(-) | コメント(-)| 編集]

赤い疑惑 第6話「夫の衝撃的告白」 

幸子と光夫は電話でドライブの約束をした。
敏江は複雑な表情を浮かべた。
幸子は敏江に茂を説得するように頼んだ。
敏江が茂に相談したところ、茂は光夫とのドライブを許可しなかった。
敏江がどうしてダメなのと執拗に聞いた。
茂は観念して、本当の事を言った。
幸子と光夫は兄妹なんだよ、2人は父親が同じなんだよと言った。
敏江は幸子の本当の父親は亡くなったと聞かせられていたので
驚いた。
そして、茂は父親は相良雅之であることも打ち明け、さらに敏江は驚いた。
茂は事の経緯を話し始めた。
理恵は妻子ある雅之と愛し合ったが、妻子ある相手とうまくいくはずが
ないと考えた茂は2人の仲を引き裂いた。
しかし、理恵は既に妊娠していた。
理恵は太一郎の病院で出産したが、外国で女一人子供抱えながら
子育てをすることはとても無理だと判断した茂は幸子を理恵から
取り上げてしまった。


山口百恵/赤...

山口百恵/赤...
価格:5,040円(税込、送料別)



茂は敏江に高校に通わせることにしよう、幸子も気が紛れるといった。
敏江は危険ではないかと言うが、茂はなんとかなると言った。

幸子は意気揚々と高校に通うことになった。


森川は茂に電話をし、大至急きてくれと言った。
茂は大学病院に向かった。
森川は幸子の精密検査の結果が出た、白血球が異常に増殖している、
急性リンパ球白血病と診断した。
つまり、血液の癌だといった。
茂は幸子はあとどれくらい生きられるのかと聞いた。
森川は来年の春あたりまで、運がよくてもあと1年だといった。


がっかりした茂が自宅に戻ると、太一郎と敏江は幸子の病気が
治るかも、大丈夫と励まし合っているところだった。
しかし、茂は敏江と太一郎に幸子に白血病の症状が現れたと言った。
そして、茂は来年の春までは何とか持つらしいと言った。
3人がっかりした。
敏江は堪えきれず、2階の幸子の部屋に行ってしまった。

そこに幸子が高校から帰ってきた。
様子が変なので、幸子が理由を聞くと太一郎は茂と敏江が
夫婦げんかしてその仲裁にやってきたと作り話をして誤魔化した。

幸子は高校の創立記念祭のお芝居で主役に選ばれたと喜んでいた。


飲み屋の女将(大山のぶ代)は神頼みで胃がんが治ったことも
あるらしいですよと言い、茂と森川を苦笑いさせた。
森川は突然幸子は誰の子だと言った。
血液検査で茂と敏江の子供でないことが推測できた。
茂は自分の妹理恵の娘だと言った。
森川は父親は誰だというと、茂は思い出したくもないと言い、
名前を伏せた。


茂は大学病院内で光夫に声を掛け、うちに夕食を食べに
来ないかと誘った。
光夫は以前とは違い、茂の態度が豹変したことに驚いた。


岡崎ゆかりが光夫に夕食を招待するが、光夫はだめなんだと
うれしそうに言った。
大島助教授に夕食に呼ばれているからと言った。
光夫に気があるゆかりは光夫が幸子に会うのをうれしそうにしていることに
すねた。


茂、敏江、幸子、光夫は夕食をともにしていた。
そして、茂は幸子と光夫との交際を許可した。
幸子と光夫は喜んだ。
そこに、太一郎がやってきた。
太一郎はバーゲンセールで夏物が安かったので、
幸子のために買ってきたと言った。
幸子の命が来年の夏まで持つかどうかわからないことを知っている
茂と敏江は複雑な表情を浮かべた。
さらに、太一郎はヨットも買うと言った。
幸子はうれしくて涙が出た。


岡崎文雄と岡崎ゆかりが相良家にやってきた。
貴子は光夫の部屋にいき、ゆかりがきているといった。
そして、貴子はゆかりとつきあってほしいといった。
しかし、光夫は貴子を無視した。
そして、光夫はあまりに口うるさい貴子に嫌気がさし、
部屋を出て行った。


貴子は大島家に出向き、光夫を返してくれと言った。
貴子は茂に幸子と血液型が一致するから光夫の血が欲しいだけでしょと
茂たちを侮辱した。
そして、貴子はとにかく光夫を自分から奪わないでくれと
涙ながら訴えた。
茂には、口は悪いが貴子の母親としての気持ちは伝わってきた。


茂は東都大学文学部の川村(川口厚)のアパートを訪ねた。
光夫は川口のアパートにいた。
茂は、貴子の母親としての気持ちを伝え光夫のことを心配していると
いうと、光夫は素直に従い、家に戻ることにした。


敏江と幸子は、創立記念祭のお芝居「ランヴェルの鐘の音」の稽古をしていた。
茂も自宅に帰ってきて、稽古を3人でやることになってしまった。
しかし、幸子は目眩を覚え、倒れてしまい、吐血した。
森川と助手(林ゆたか)が大島家に来た。
幸子はベッドに横たわっている間も
芝居のセリフをうわごとのように言い続けていた。
太一郎も駆け付け、光夫もやってきた。
光夫は茂に輸血を申し出て、輸血することになった。
幸子は目覚めた。
幸子は光夫が輸血してくれたと言うことを聞くと、
うれし泣きした。
森川は茂に幸子はすごい生命力だ、大丈夫と力強く語った。


幸子は光夫にヨットの名前を考えてと言うと、光夫は希望は
フランス語で言うと何て言うんだろうと言った。
幸子が、レスポワールと答えると、いい名前だわと言った。
ヨットの名前はレスポワールに決めた。


創立記念祭の日、幸子が主役の演劇が開演し、茂や敏江や光夫たちを
魅了した・・・。
[ 2012/02/23] テーマ : テレビドラマ | TB(0) | CM(0)| 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://softtouch.blog90.fc2.com/tb.php/1909-eeb98b77







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。