スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] テーマ : | トラックバック(-) | コメント(-)| 編集]

赤い疑惑 第13話「涙いっぱいの贈り物」 

幸子は大島家に遊びに来ていたユミたちと一緒に買い物に行きたいと
敏江に頼んだ。外は流感がはやっているから注意するようにと茂から
言われていた敏江は幸子の外出の許可を渋った。
しかし、幸子におされてやむなく許可した。


山口百恵/赤...

山口百恵/赤...
価格:5,040円(税込、送料別)



幸子が出かけた先で、アルバイトをしてビラを配っている川村と光夫に
会った。
幸子は光夫のビラ配りを手伝っていると、夏森(松山省二)と
その妻で妊婦のミチコが通りがかり、急にミチコの容態が悪くなり
道にしゃがみ込んだ。
幸子は驚き、ミチコに近寄った。
夏森はミチコは再生不良性貧血といって、普通じゃないといった。
幸子はこの近くに太一郎の病院があるから、そこまで送りますと言い
光夫と一緒に夏森とミチコを杉岡産婦人科医院まで送り届けた。
送り届けた帰り道、幸子は気分を悪くして、倒れてしまった。
光夫は近くの店に駆け込んで、救急車を手配してくれるように
頼んだ。
幸子は東都大学医学部に運ばれた。
幸子は流感、すなわち流行性感冒を患い、肺炎の危険性もあったが
無事切り抜けた。


川村のアパートに光夫が転がり込んでいると、そこに貴子がやってきた。
貴子は光夫に構って、食材を持ち込んだり、現金を渡そうとするが
光夫は全て断った。
そして、光夫は貴子にもう22歳だし、独り立ちしてもいい歳だと言い、
貴子を突き放した。
貴子は複雑な表情を浮かべた。


幸子は回復に向かったが、茂は今年のクリスマスパーティーは
中止だと言い、幸子はがっかりした。


茂は敏江に、流感にあれだけ注意しろと言ったのにといい、
これからも注意しろいったが、敏江は幸子がたとえ風邪気味でも
外出を許可したかもしれないと言った。
敏江は白血病だからこそ、短い命だからこそ青春を有意義に
過ごさせてやりたいといった。
茂は敏江のその態度に腹を立てた。
医者である茂は少しでも幸子を長生きさせたいのに、
寿命が縮むような行為を敏江が認めようとしているからだった。
クリスマスパーティーも家中に雑菌がまき散らされるから中止すると言った
茂に敏江は辟易し、二人は口論となってしまい、茂は
怒って家を出てしまった。


敏江は幸子の部屋入った。
幸子はふてくされて編み物を止めていた。
敏江は編み物を手伝ってあげると言い、幸子は光夫の分だけでも
自分で編むと言い、少し元気を取り戻した。


茂が街をぶらぶらしていると、光夫が声を掛けてきて、
幸子の具合を聞いてきた。
茂は幸子の具合は良好だと言った。
二人は居酒屋「ちとせ」で飲むことにした。
茂はクリスマスパーティーを取りやめたことを光夫に伝えた。
光夫はもしかすると幸子にとって最期のクリスマスになるかも
しれないのに中止するのかと反抗的に茂に言った。
茂は君も敏江と同じようなことを言うのだなと言った。
茂は青春よりも命の方が大切だと言うことがなぜわからないのだと
いい、絶対にクリスマスパーティーは中止すると言った。
光夫は私も自分の意志に従うと言い残し、怒ったようにして
その場をたち、居酒屋をあとにした。
途中、太一郎に声を掛けられたが、光夫は気づかない様子で
そのまま言ってしまった。
太一郎は居酒屋「ちとせ」に入っていき、茂を探していたと言った。
太一郎は茂に入院している妊婦のことで相談があると言った。
太一郎は妊婦は再生不良性貧血で、茂と森川に力を貸して欲しいと言った。
茂がすこし考えると、太一郎はその妊婦は幸子と光夫が運び込んで
きたんだよ、もしこれが成功すれば幸子への最高のクリスマスプレゼント
になるはずだよと言った。


茂と森川は杉岡産婦人科医院に集まった。
茂は敏江に電話をし、幸子にこれから妊婦がお産に入るから、
必ず成功させると伝えてくれと言って、電話を切った。
敏江が幸子に妊婦のことを伝えると、幸子は期待した。

お産が始まり、ミチコはきつそうだった。
見るに見かねた夏森は待合室で、意気消沈していた。
茂が夏森に声を掛けると、夏森は気が進まない、助かりっこないと
自暴自棄になっていた。
茂は、夏森を励ました。
夏森は気を取り直して病室に戻った。


出産は無事成功した。
茂は感動した。


大島家では幸子と敏江が慎ましくクリスマスパーティーの
準備をしていた。
そこに、外から歌声が聞こえてきた。
幸子達が驚いて、玄関を開けてみると光夫、川村、ユミがいた。

茂、森川、太一郎もあとから大島家にやってきた。
大島家での賑わいに、茂は驚いた。
幸子が赤ちゃんはどうだったと聞くと、茂は産声を録音した
テープを幸子に聴かせた。
幸子は大喜びだった。
太一郎はその女の赤ちゃんの命名を頼まれ、幸子と付けたよと言った。
茂と敏江は幸子に日記帳をプレゼントした。
幸子は森川、太一郎、茂にプレゼントの手編みの手袋をプレゼントし、
そして最後に光夫にもプレゼントした。
光夫の手袋は未完成でまだ指が完成していなかった。
光夫は幸子に看護師ではなくて医師になりなよと言った。
幸子は勉強がと言うと、光夫は家庭教師をするよ、これが
俺からのクリスマスプレゼントだよといった。

そして、茂はテレビをつけ、理恵からのプレゼントがあると言った。
テレビ番組で理恵が出演し、直接名前は出さなかったものの、
幸子にメッセージを送った。
そして、理恵はアヴェ・マリアを歌った。


【送料無料】アヴェ・マリア ~サ...

【送料無料】アヴェ・マリア ~サ...
価格:2,090円(税込、送料別)



[ 2012/03/03] テーマ : テレビドラマ | TB(0) | CM(2)| 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/10/25] [ 編集 ]

Re: 突然すみません

> 光夫、川村、ユミが 幸子の家に尋ねる時に外で歌っていたクリスマスソングは何だか分かりますか?
> もし分かれば教えてください

White Christmas(ホワイト・クリスマス)という曲ですね。
Bing Crosby(ビング・クロズビー)が唄ったバージョンが
一番売れたそうです(wikipediaより)。

一昔前はクリスマスソングとして定番中の定番だったようですね。

WHITE CHRISTMAS - Bing Crosby
http://youtu.be/GJSUT8Inl14
[ 2014/10/30] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://softtouch.blog90.fc2.com/tb.php/1916-9745600d







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。