スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] テーマ : | トラックバック(-) | コメント(-)| 編集]

赤い疑惑 第16話「限りある人間よ祈ろう」 

光夫は幸子を捜し歩いていた。
幸子は病院を抜け出して、大島家の自分の部屋にいた。
そして、幸子は光夫の写真を胸に抱いた。
光夫が大島家に寄ってみると、幸子の部屋に灯りがともっていたので、
少し安心した。
光夫は玄関のベルを鳴らすが、応答がなく幸子が出てくる
気配はなかった。
幸子は、自分の部屋で自殺を図ろうとナイフを持っていた。
幸子が手首を切ろうとしていると、光夫はガラス戸を割り
家に入り、幸子の部屋に向かった。
光夫が幸子の部屋に入ると、幸子が手首を切ろうとしていたので
光夫はナイフを取り上げ、間一髪自殺を食い止めた。



山口百恵/赤...

山口百恵/赤...
価格:5,040円(税込、送料別)




幸子は放って置いてくれといった。
光夫はアキラと同じ病気とは必ずしも言えないだろうと言った。
さらに、光夫は君の父母の気持ちは分かっているのかと聞いた。
幸子を見ている茂、敏江も辛いんだと言った。
光夫は病院へ帰ろうと言うが、幸子は死ぬのが分かっているのに
病院へ帰ってどうなる、光夫さんも私のこと忘れてと言った。
光夫はどうしても死にたいというのなら、一緒に死のうと言った。
光夫が手首を切ろうとすると、幸子は止めてと言い、病院へ
帰るわと言った。


光夫は森川に幸子が生きる希望を失っている、どうしたらいいのか
と相談した。
森川は明日大阪から茂が帰ってきたら検討する予定だと答えた。
光夫は森川の下で働きたいと言った。
光夫は一生血液学を研究すると言った。


翌日、茂は東都大学医学部附属病院に帰ってきた。
光夫は幸子に付きっきりで、茂の姿を見てひとまず病室を出た。
茂は、以前と同じように幸子に接するが、幸子はショックのあまり
食事も取っていなかった。
茂は幸子の異変に気づいた。
森川は茂に事情を話した。
光夫も二人の話し合っているところにやってきて、
茂に幸子は大事な人だと言い切った。


敏江はようやく回復に向かい、太一郎も退院を許した。
しかし、敏江は寂しそうにする太一郎の様子を見て
もう少し、大事をとって医院にとどまることにした。
しかし、茂から電話が来て、大事なことを話したいから、
自宅に戻ってきてくれといった。
茂の声の様子からして、ただ事ではないと敏江は悟った。

敏江が自宅に戻ると、茂は敏江に幸子が白血病であることを
ほぼ確信していると伝えた。
茂ははっきり幸子に白血病だと告知した方がいいのではないかと
敏江に相談した。
しかし、敏江は最初は反対した。
ただ、二人話し合っているうちに、敏江も告知することに
賛成することにした。


岡崎ゆかりは、貴子に光夫が幸子の事ばかり考えて、幸子に
付きっきりで看病していることを報告した。
貴子は怒り、雅之にグチをこぼした。
雅之は光夫の勝手にさせろといい、貴子を相手にしなかった。
貴子は自分で何とかする、光夫を盗られてたまるかと言い、
鼻息荒かった。

貴子は幸子の病室に向かった。
貴子はいつものように、嫌みを並べ始めたが、
光夫は貴子を病室からつまみ出した。
すれ違いに、森川と敏江がやってきたが、
敏江は森川に一人で病室へといい、一人で告知する決断をした。
敏江が病室に入ると、幸子は布団で顔を隠した。
敏江は、幸子に本当の事を言いにきた、あなたの病気はね・・・と
言いかけると、幸子は布団から顔を出して、私は白血病、
血液の癌ねと言った。
続けて幸子は、あとどれくらい生きられるの聞いてきた。
敏江は答えることができなかった。
幸子は光夫さんの顔がもう見られなくなる、光夫はゆかりと
結婚すればいいんだわとやけ気味に言った。
すると敏江はあなたの本当の病気は白血病じゃない、再生不良性貧血
よと言い張り、また嘘をついてしまった。
幸子はもう何も聞きたくない、みんな嘘つきなんだものと声を荒げ、
帰ってよと幸子は言った。
敏江は静かに病室を出た。

そこに光夫がやってきて貴子を自宅の送り届けました、
先ほどの無礼を謝らせますといった。
敏江は光夫に本当の事が言えなかったと言った。


光夫は病室に入った。
幸子は自分のことは忘れてと言うと、光夫は嫌だと言った。


大島家で、茂は敏江に明日退院させて家で告知すると言った。


敏江は翌日、秩父にある34ヶ所の札所を巡り始めた。


幸子は茂の計画通り退院して、自宅の部屋でぼーっとしていた。
茂は幸子の部屋へノックして入った。

そして、茂は幸子に白血病であることを告知した。
茂は病気と闘って欲しいと言った。
しかし、幸子は勉強も愛することももうできなくなったことが
わかったわ、といい病気と闘う意志はあまりなかった。
茂はとにかく、1分1秒でも強く生き抜いてくれと言い、
強い語気で説得を始めた。
そして、茂と幸子は慰め抱き合った。

敏江が巡礼から帰ってきた。
光夫は茂と幸子は二階にいると言った。
敏江が幸子の部屋に入ると、茂と幸子は敏江の巡礼の格好を
見て驚いた。
幸子は自分のためにここまでしてくれたことにとても感動した。

幸子は精一杯生きる、白血病と闘うと宣言した。
[ 2012/03/08] テーマ : テレビドラマ | TB(0) | CM(0)| 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://softtouch.blog90.fc2.com/tb.php/1919-a7aaf8a2







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。