スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] テーマ : | トラックバック(-) | コメント(-)| 編集]

赤い疑惑 第20話「二人の父に涙あり」 

茂が郵便物をとりに玄関先に出て、郵便物を確認していると
理恵からエアメールが届いていた。
また仕事で来日するらしいが、内容は素っ気なかった。
敏江は茂に、本当はもっとたくさん書きたいことがあるはず、
幸子に会いたくて仕方ないんだわと言った。


山口百恵/赤...

山口百恵/赤...
価格:5,040円(税込、送料別)





茂は雅之に教授室の呼び出された。
雅之は茂に、理恵がまた来日するらしいが、ぜひ理恵に会いたいというと
茂は、遠慮して欲しいと雅之の申し出を断った。
雅之は茂に真剣なのに、なぜ邪険にするのだと言った。
雅之は今度は話題を変えて幸子がまた入院しているようだなといい、
また輸血してあげようかと言った。
茂はその申し出も断った。
雅之は茂になぜ君は輸血しないのかと聞くが、茂は自分が輸血している
間、だれが幸子の治療するのですかと誤魔化すが、雅之はそんなものは
森川に任せればいいだろうと言った。
茂はそのまま無言で教授室を退室した。
雅之は茂の態度を不審に思った。

雅之は血液学科に足を運び、森川が治療に集中している間
こっそり幸子の診療記録を見た。
そこには、幸子RHマイナスAB型、茂AB型、敏江O型と記されていた。
雅之は幸子は誰の子供なのだと疑問に思った。


幸子は茂や森川の検診を終えたあと、一度病室を出るが、
病室に生物の参考書を忘れたことを思い出し、取りに病室に戻った。
すると、病室では森川と茂の会話が聞こえてきた。
森川は茂に悪性の白血球の増殖率がかなり増えていると言った。
幸子はその会話を聞いてショックだった。

幸子は飛び出し、雨の中ずぶ濡れで歩き続けた。
川村のアパートにいる光夫が外の雨が少し気になり
窓から外を眺めると幸子がずぶ濡れでこちらの方を見ているので
驚いた。
光夫はすぐに幸子をアパートに入れ、幸子は着替えた。
幸子は寂しさのあまり光夫と抱き合った。
幸子はこのまま帰りたくないと言った。
しかし、光夫はダメだと言った。
幸子は理由を聞いた。
光夫は答えられなかった。
幸子は二人きりでどこかへ行きたいと言うが、光夫はそれも
絶対にできないと言った。
光夫は二人は実の兄妹だからとは言えず、光夫は辛かった。


雅之は理恵の記事が掲載されている雑誌を見ていたことが
貴子にばれた。
貴子はいつも通り、また雅之をなじり始めた。
雅之は18年間言われ続けてもうたくさんと言った。
貴子は雅之に出て行けと言い、雅之は家を出てしまった。


茂は幸子を探しに光夫が転がり込んでいる川村のアパートにやってきたが、
そこに貴子もやってきて、二人出くわした。
茂と貴子が川村の部屋に入ると光夫と幸子が二人一緒にいた。
茂は幸子が光夫と一緒にいて一安心したが、貴子は幸子に
辛くあたった。

幸子が茂とアパートから帰ったあと、貴子は光夫に雅之が家から
出て行ったと愚痴をこぼした。
貴子は川村のアパートに居座ろうとした。


茂は大島家に帰ると幸子にアパートに行って光夫を二人きりに
なってはダメだと釘を刺した。
茂が風呂に入っている間、幸子は残念そうにしていたが、
敏江は茂は嫉妬しているだけよと言い、幸子を慰めた。


茂と敏江は幸子の様子を見に、幸子の部屋に入った。
幸子の日記が幸子のそばに置いてあったので、
茂と敏江は日記を読んでみた。
日記には、また病状が悪くなった、でも泣いてはいけない、
光夫、茂、敏江のためにと書かれていた。
茂は光夫のアパートに行った理由が分かった、生きる支えが
欲しかったんだと言った。


貴子は川村のアパートにまたやってきて、掃除、洗濯をし、食事を作った。
しかし、川村と光夫の説得により、貴子は雅之のことが心配になり
自宅に戻る気になった。


雅之は教授室で酒を飲んでいた。
雅之はそこでふと、18年前に理恵が妊娠していたこと、茂が中絶させた
と言ったこと、理恵が幸子の事を話題に出したとき激しく動揺したことを
次から次へと思い出し、何か思いついた。
雅之は大島家に向かい、茂に話したいことがあると言った。
雅之は茂に幸子は本当は誰の子供なんだと尋ねた。
茂は、決まっていると自分の子供であると主張した。
しかし、雅之はとぼけなくていい、O型の敏江からAB型の子供は
産まれないと言った。
そして、続けて雅之は18年前、理恵のお腹にいた子供は中絶されずに
育った、それが幸子だと言った。
茂は激しい感情むき出しで、血液なんて関係ない、18年間苦労して
育ててきたと言い張った。
雅之は、そうかといい、とりあえず帰った。


光夫と幸子は来日する理恵のため、花を買うため花屋に出かけた。
そして、幸子は赤いカーネーションを買った。
幸子はカーネーションを持って、羽田に向かった。
羽田には茂が先に待っていた。
[ 2012/03/14] テーマ : テレビドラマ | TB(0) | CM(0)| 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://softtouch.blog90.fc2.com/tb.php/1923-814d3dd1







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。