スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] テーマ : | トラックバック(-) | コメント(-)| 編集]

赤い疑惑 第21話「しのび泣く生みの母」 

理恵を迎えに幸子と茂は羽田にいた。
幸子は茂に白血病のことは理恵には言わないでといった。
既に理恵は幸子の白血病のことを知っていたが、茂は
知らぬふりをしてああといった。
理恵が到着し、幸子と理恵は抱き合って喜んだ。

茂と幸子と理恵はタクシーに一緒に乗り込んだが、
幸子は勉強があるので先に大島家に戻り、茂と理恵は
ホテルニューオータニに向かった。



山口百恵/赤...

山口百恵/赤...
価格:5,040円(税込、送料別)




ホテルの理恵の部屋に入ると、茂は理恵に仕事は口実で幸子に
会いに来たんだろ、軽率だと説教した。
茂は理恵に本当の母親であることを幸子に悟られるなと釘を刺した。


光夫と幸子は大島家で勉強をしていたが、幸子は理恵が家に来るので、
そわそわして落ち着かず、勉強に身が入らなかった。
光夫が幸子に理由を聞き、理恵が来ることを知ると表情が曇った。
光夫はすぐに勉強を切り上げ、今日はおしまいと言い、そそくさと
帰ろうとした。
幸子は光夫に理恵を紹介すると言うが、光夫は遠慮すると言った。
光夫が帰ろうと玄関を出ようとすると、丁度理恵と茂が大島家に
つき、玄関で理恵と光夫が鉢合わせになった。
光夫は理恵に軽く挨拶をし、すぐに素通りして家路についた。
理恵は光夫のことをハンサムな人だわと言った。
茂は光夫のことを医学部の学生で幸子の家庭教師をやってもらっていると
説明した。
幸子は光夫の素っ気ない態度がちょっと気になった。

その晩、幸子、茂、敏江、理恵は四人で夕食を取った。


雅之はホテルニューオータニに理恵の部屋番号を電話で問い合わせ、
5821号室であることを確認したが、その会話を貴子も聞いていた。

理恵がホテルのラウンジで酒を飲んでいると雅之が声を掛けた。
雅之は理恵が日本に帰ってきたのは、仕事ではなく、姪の幸子のためだと言った。
理恵は最初はとぼけた。
雅之は理恵が以前17年前から、病気で死にそうな恋人の話をしたが、
それは幸子の事だ、いや雅之と理恵の二人の間にできた子供が幸子なんだと
言った。
理恵は否定し、二人がもめ合っているところに貴子がやってきた。
貴子は理恵に突っかかると、理恵はその場を退座した。


敏江は茂に幸子が理恵の泊まっているホテルの部屋に泊まりに行くと
いうことを言うと、茂は困惑した。


幸子がホテルに出向くと理恵も大喜びだった。
外国人(デデ・モンマルトル)のシャンソンを聴きながら
二人はホテルで食事を取った。
そして、幸子が今夜は理恵の部屋に泊まるというと、
さらに、理恵は喜んだ。
しかし、理恵は幸子に帰るように言った。
幸子はがっかりした。
理恵は幸子を見送ろうとしたが、理恵の見送りを待たず
幸子は一人で家路についた。
理恵は幸子が見当たらずホテルを飛び出した幸子を捜し始めた。


幸子は家に帰る途中、車にはねられそうになり、転び、足を
内出血した。
幸子は足を引きずりながら歩いた。

川村のアパートに光夫と貴子がいると、何か物音がした。
光夫が不審に思い、部屋のドアを開けると幸子だった。
幸子は光夫に足が痛くて動けないと訴えた。
光夫が幸子の足を見ると、皮下出血が止まらないようだった。
光夫は貴子にタクシーを呼んでくれるように頼んだ。

幸子は東都大学医学部附属病院に運ばれ、茂、敏江も病院に向かった。
雅之も貴子から幸子の内出血のことを聞かされ、病院に向かった。
理恵も病院にいると、雅之も駆け付けたので、驚いた。
理恵は雅之と二人で話すことにした。

理恵は自分はO型だと嘘をつき、血液型から幸子は理恵と雅之の
二人の間にできた子供ではないと言い放った。


理恵が病室に入ると、幸子はだいぶ回復していた。
そして、幸子は光夫の写真を眺めていた。
理恵は幸子にただの家庭教師ではないわね、ちゃんと
説明してくれない?と、にやにやしながら言った。
幸子はとても好きと言った。
理恵は名前を教えてと言うと、幸子はごめんなさいと言った。
そして、相良光夫といい、続けて幸子はおばさまと相良教授との
昔の関係を知っていたが、驚かしてごめんなさいと言った。
理恵はとにかく違う意味で驚き、居ても立ってもいられなくなった。
実の兄と妹が愛し合ってしまっているのだった。


理恵は茂をホテルに呼び出した。
理恵は幸子と光夫との関係を責めた。
茂はもう手遅れだったと言った。
理恵はなぜ放置しているのと聞くと、茂は幸子は自分が
白血病であることを既に知っている、光夫と結ばれるまで
持たないことも知っているから、茂も敏江も
そのままそっとしておいたと言った。
そして当の光夫も幸子に生きてもらうため、他人のふりをしていると言った。


理恵は光夫をホテルに呼んだ。
光夫は幸子を精一杯愛すると言い、理恵はありがとうと言った。


レストラン「VIRGO」で、幸子の快気祝いに、茂、敏江、
光夫、理恵があつまり、幸子を祝った。
[ 2012/03/16] テーマ : テレビドラマ | TB(0) | CM(0)| 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://softtouch.blog90.fc2.com/tb.php/1924-016c1c78







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。