人はそれをスキャンダルという 第12話「わが子3才の春」 

堂島家。
信子はふらつきながら、耕一郎に建を返せというが、耕一郎は私の孫だの一点張りで
建を抱いたまま返そうとしなかった。
信子はついに力尽きてその場に倒れてしまった。
静子が信子を病院に連れて行った。


病院。
翌朝、信子は病院のベッドで目覚めた。静子が看護していたが、医者が過労だと信子に
説明した。信子は静子に建は?と聞くと、静子は大丈夫よと言った。
そして、静子は信子に今の無職、無収入、無一文のあなたに建を育てるのは無理、私に
預からせて、あなたが建を育てる力がついたら信子に返すと言った。






堂島家。
信子は堂島家の前で堂島家を眺めていた。
家の中から建の泣き声が聞こえてきて、信子は切なくなり涙を流した。

家の中では、耕一郎と静子は建の世話に四苦八苦していた。
日出子はそんな二人の様子を迷惑そうに見ていたが、ふと日出子は吐き気をもよおした。
日出子は俊樹の子供を妊娠したようだった。


ブティック「RAN」
建が堂島家に言ってしまったことを蘭子たちは残念がった。
蘭子はこんなことになってしまったのも元はと言えば柳原のせいだ、柳原はどこに行ったの
かと言った。
川崎はこういうときはたいてい女房の実家に転がり込むものだけどと言った。
蘭子は柳原たちはきっと少しくらい小野寺家の財産をねこばばしていて、財産を持って
いるかもしれないと言い、柳原トキコの実家はどこにあるんだろうと言った。
しかし、手掛かりはなく、とにかく何十年も小野寺家に奉公していたシノに聞いて
みることにした。


成多屋に蘭子は足を運び、シノにトキコの実家を聞いてみると、大阪の塚口だった
はずと言ったので、蘭子はそのまま大阪に足を運び、知り合いのおばあちゃんに
トキコの行方を聞くと、おばちゃんは最初は蘭子がトキコを追い込みにやってきたのかと思い込み、トキコのこと勘弁してあげてくれと言った。
しかし、蘭子はトキコにお世話になった時のお礼をしたいと嘘を言うと、その嘘を信じ、
東京の…と住所を教えてくれた。
蘭子は、おばあちゃん嘘ついてごめんね、本当は全然感謝していない、
トキコは自分を泥棒猫扱いした人だから…とつぶやいた。
そして、蘭子は東京に戻り、トキコの住むアパートを探り当てた。


堂島家。
耕一郎は静子にアフリカに行くことに決まった、東ナミビアのダム建設を堂島建設が
入札したと言った。
静子はこの歳になってあんな暑いアフリカに行くのは嫌だと言ったが、耕一郎は
どうしても静子を連れていく、建の世話をしてもらうためだと言った。
静子は建もアフリカに連れて行こうとしていることに驚いた。


トキコのアパート。
蘭子は信子と一緒にトキコの住むアパートにやってきていた。
トキコはとにかく信子にひたすら謝った。
蘭子はトキコに柳原はどうしたと聞くと、トキコは信州の道路工事現場にいっていると
言った。
娘のカツコも内職の手伝いをしてくれていると言った。
蘭子が大きな声で、そんなことは自業自得、お金を信子に返してあげてよと責め立てる
と、隣に住む北山サチコ(神保共子)がやってきて、そんな言い方やめなさい、
トキコも苦労しているのだからと蘭子に反論した。
しかし、蘭子も柳原夫婦に無下に扱われた、小野寺家の財産泥棒扱いされたけど、
柳原夫婦の方が泥棒だったと怒りながら吐き捨てた。
信子は帰りましょうと言った。
トキコは、信子にお金は返せないけど、赤ちゃんを預からせてと言った。
信子は喜んで、お願いしますと言い、急いで堂島家に飛んでいった。


堂島家。
信子が堂島家につき、中へ入ろうとすると、車で耕一郎も堂島家に到着した。
そして、耕一郎は信子にすごい剣幕で建をどこにやったと聞いた。
信子は建がどうかしたのかと聞くと、家の中から家政婦(石原由紀子)が慌てふためいて
耕一郎を呼び寄せた。
信子と耕一郎はとりあえず堂島家に入った。
家の中に入ると、静子もパニック状態にあり、目を離したすきに建の姿が見えなくなって
いたと言った。
耕一郎はとにかくタテノに連絡した。
信子は静子に恨みます、堂島家に預けなければ建はさらわれることはなかったと言った。

夜8時を過ぎても連絡は何もなかった。


信子のアパート。
隆一が信子に会いに来ると、アパートの住人が集まって何かを話していた。
隆一が見てみると、床に建がゆりかごに入っていて、置手紙も入っていた。
隆一が手紙を読むと、建を返します、堂島日出子と書いてあった。


堂島家。
蘭子から電話があり、信子が出てみると建を預かっていると言った。
信子はすぐに蘭子のアパートへ向かった。
耕一郎も一緒に行くと言うと、大場(内田朝雄)と日出子が突然訪問してきた。
耕一郎はすみません、今はそれどころではなくて建が…というと、日出子が建のことを
やったのは私です、信子に返してあげたんですと言った。
耕一郎は驚いた。
そして、大場が建のことについてゆっくり話したいことがあると言い、耕一郎は困惑し、
蘭子のアパートへ行くことはやめた。


蘭子のアパート。
信子は建が無事でとても喜んだ。
隆一は学習塾の就職口を見つけて信子に知らせようとアパートに足を運んだら建が
いたので、びっくりしたと言った。
川崎が就職口見つけたんだと言うと、隆一は学習塾の先生やる気ないか?教師の免許
もっていると給料も少し良くなるらしいと信子に言った。
信子は喜んだ。


堂島家。
日出子は妊娠し、今3か月だと言った。
静子は喜び、元気な赤ちゃんを産んでくれと言い、憮然としていた耕一郎も急に表情が
明るくなり、喜んでありがとうと言い、大場と二人飲み明かそうとご機嫌だった。


ブティック「RAN」
日出子がやってきて、蘭子に信子に堂島家に近づくな、私は妊娠した、堂島家を継ぐ者が
できたから、信子には用がないと伝えてくれと横柄に言って帰っていった。


信子は学習塾で働き始め、トキコのアパートの隣に住む北山夫婦(西田健、神保共子)
の部屋で建を預かってもらうようにした。
信子が帰る途中、耕一郎が車で寄せてきて、車から降りてきた。
耕一郎はアフリカに行っている間、建を預けておくと言った。
信子は日出子さん妊娠おめでとうございますと、後継者として日出子の子供を大切にしてあげて下さい
というと、耕一郎は建は私の孫だよと憮然と言い、依然と全く変わらない態度を示した。


3年後。
東ナミビア、多目的ダム完成見通しつく!という新聞記事が載り、堂島建設の飛躍が報道された。

建(大原和彦)も成長した。
信子の部屋に隆一が来て、こうよう学園に欠員が出そうだから正式に小学校教員にならないかと
勧めた。
信子はもうしばらく学習塾で頑張ってみると言った。


成田空港。
日出子は女の子のエツコ(渡辺有希子)を出産していた。
アフリカから帰ってきた耕一郎を静子と一緒に出迎えた。


堂島家。
大場も来ており、みんなでエツコの歌をほめていたが、耕一郎は不機嫌な様子で顔をひきつらせ
ながら、エツコの歌を聞いて食事をとっていた。
大場はさらにエツコに将来銀行の息子を婿入りさせようと喜びながら言い、
耕一郎は愛想笑いをした。
耕一郎は途中で退席し、静子にも部屋来るようにアクションを起こした。
部屋に入ると、耕一郎は女の子はやかましくて困ると苛立って言った。
そして、耕一郎は静子に建はどうしていると聞いた。
静子は困惑し、建はもううちの子供ではありません、信子の子供ですと言った。
しかし、耕一郎は建はうちの大事な跡取りだと言い切り、さっきの大場の態度見ただろ、
女の子じゃ仕方ない、大場に堂島建設を乗っ取られてしまうと言った。
耕一郎は娘に婿を取っても俺の血をひいていない、堂島建設の跡を継がせるのは嫌だ、
やっぱり建だと言った。

その話を日出子も聞いていた。


堂島建設。
タテノに信子と建のことを詳しく調べろと耕一郎は命令した。


大場工業。
日出子は大場に耕一郎は、堂島家の跡取りは建にと考えていると告げ口した。
大場は電話でコウヤマをここに呼べと言った。


堂島耕一郎と大場との間に堂島建設の跡取り争奪戦が始まろうとしていた。
[ 2012/12/30] テーマ : テレビドラマ | TB(0) | CM(0)| 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://softtouch.blog90.fc2.com/tb.php/2004-5aad789d