スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] テーマ : | トラックバック(-) | コメント(-)| 編集]

“赤いシリーズ”宇津井健さん、慢性呼吸不全のため死去。82歳 

俳優の宇津井健が14日午後6時5分、慢性呼吸不全のため死去。

82歳だった。

 「ザ・ガードマン」や赤いシリーズ、「渡る世間は鬼ばかり」など人気ドラマで活躍した俳優、宇津井健さんが14日午後6時5分、慢性呼吸不全のため死去した。82歳だった。最近は肺気腫を患い、入退院を繰り返していた。

 宇津井さんは1952年に俳優座養成所に入り、53年の映画「思春の泉」で映画初主演。以降、黒澤明監督の「七人の侍」など多くの映画に出演した。

 65年から6年9カ月間続いたTBS系「ザ・ガードマン」では、悪に立ち向かう高倉キャップ。74年から始まるTBS系「赤い迷路」など〝赤いシリーズ〟では、山口(現・三浦)百恵さんとの共演で不動の人気を得た。

 2006年には「渡る世間は鬼ばかり」(TBS)の小料理店「おかくら」の岡倉大吉役を藤岡琢也の病気降板(後に死去)で引き継いだ。妻を同年、がんで亡くした日も共演者に明かさず、収録にのぞむなどプロフェッショナルに徹した。 

 健康と体形維持のため、50歳でたばこをやめ60歳で酒をやめた。仕事場に鉄アレイを持ち込むほどの徹底ぶりだった。

2014.3.14 20:36 サンスポ



また名優がなくなりましたね。

赤いシリーズ好きでした。

お悔やみ申し上げます。


[ 2014/03/19] テーマ : 訃報 | TB(0) | CM(0)| 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://softtouch.blog90.fc2.com/tb.php/2022-afbcc403







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。