競泳男子平泳ぎの冨田尚弥選手(25) 冤罪を主張 カメラ「盗んでいない」 

韓国で開かれたアジア大会でカメラを盗んだとして略式起訴された競泳男子平泳ぎの

冨田尚弥選手(25)が冤罪を主張。



 韓国の仁川で開かれたアジア大会でカメラを盗んだとして略式起訴され、日本選手団から追放された競泳男子平泳ぎの冨田尚弥選手(25)が6日、名古屋市内で記者会見し、約100人の報道陣の前で「僕はカメラは盗んでいない」と冤罪を主張した。見知らぬ人物にバッグを奪われ、カメラを入れられたという。

 韓国警察には「再調査をしてもらいたい」と述べ、判決文が届き次第、正式裁判の申し立てを検討している。

 事件を捜査した仁川南部警察署の関係者は同日、「監視カメラに犯行の様子が写っている」と話し、日本オリンピック委員会(JOC)も職員が映像を確認していると反論した。

2014・11・6 中日スポーツ



いったい韓国警察と冨田選手とどちらが正しいのでしょうか。

確かに、スポーツ大会でカメラが急に欲しくなって盗んだという話は

あまりにも不自然で、冨田選手の方が正しいようにも思えるのですが…。

JOCもなぜすぐに韓国警察の言い分を鵜呑みにしてしまったのでしょう。

本当に映像を確認したのでしょうか。

動画を公開してもらえないかな・・・。

[ 2014/11/06] テーマ : | TB(0) | CM(0)| 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://softtouch.blog90.fc2.com/tb.php/2028-f5da4ebd