スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] テーマ : | トラックバック(-) | コメント(-)| 編集]

11日開幕するFIFAクラブワールドカップが盛り上がらない(ゲンダイネット) 

2008年12月14日10時00分 / 提供:ゲンダイネット

 11日開幕するFIFAクラブワールドカップ。ところが、ちっとも盛り上がっていない。

 テレビ中継局の日本テレビが、いくら番組で「クラブのワールドカップが開幕!」と大騒ぎしてもダメ。優勝候補のマンチェスター・ユナイテッド(イングランド=欧州王者)、キト(エクアドル=南米王者)がまだ来日しておらず、前宣伝にもならないからである。

 2クラブとも準決勝からの登場で17日に試合を行うキトは12日に来日。18日に試合が組まれているマンUは15日に来日予定。年間最優秀選手賞を獲得したC・ロナウド、ルーニー、テベスといった大物選手の“生映像”が流れず、これでは盛り上がらないのも当然だろう。

 前売り券の売れ行きもパッとしない。各試合ごとのチケットで売り切れているのは決勝と3位決定戦、あとマンUが初お目見えする準決勝のカテゴリー3、4だけだ。

 アジア王者・G大阪が登場する準々決勝は14日の日曜日。日程的にはベストだが、それでも全カテゴリーで完売していない。G大阪の試合に限らず、今後の伸びも期待薄なので、9日には当日券の販売決定が発表された。

 試合そのものも「見どころに乏しい」とはマスコミ関係者。マンUの対抗馬、キトは今季前にスペインに移ったFWゲロンを筆頭に多くの主力が流出。まったく別物のチームになってしまった。

「マンUはベストメンバーが来日する。チームにとってタイトル獲得の優先順位は、国内リーグと欧州チャンピオンズリーグが同列で、クラブワールドカップは“取れたらラッキー”という位置付けです。それでも準決勝と決勝の2試合だけだし、優勝賞金6億円の一部が分配されるので選手もヤル気満々。簡単に2連勝するでしょうね」(関係者)

 欧州王者と南米王者の一騎打ち時代(1981~2004年)からホスト局として大会を支えてきた日テレだが、9月中間連結決算で37年ぶりの赤字(約12億円)に転落してしまい、サッカー関係者の間で「サポートも今年限り!?」といぶかる声が噴出している。

「09、10年のクラブワールドカップは中東UAEで開催されることが決定済み。11、12年は再び日本開催となるが、来年以降の景気回復のメドも立たず、手を引く可能性は大です」(関係者)

 せっかくの祭典も暗い話題ばかりだ。

(日刊ゲンダイ2008年12月11日掲載)



そりゃ、C・ロナウドばかり宣伝しても興味もてないし。
去年も誰が出たか覚えてないし。

むしろ、盛り上がらなくて当然なんでしょうね。
もともとトヨタカップは、他国でやると過激なサポーターによる
暴動が起きるからサッカーに興味ない日本で開催することにしたという
経緯があるらしいので。

盛り上げすぎて事件・事故が起きたらもう日本で開催することは
ないので、こんな感じでいいんじゃないですか。
[ 2008/12/14] テーマ : サッカー | TB(0) | CM(0)| 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://softtouch.blog90.fc2.com/tb.php/276-46a7cd02







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。