「第51回ブルーリボン賞」候補発表 「おくりびと」が5部門でノミネート他 

2008.12.20 05:01 サンスポ

 東京映画記者会(サンケイスポーツなど在京スポーツ新聞7紙の映画担当記者で構成)が選ぶ「第51回ブルーリボン賞」の各部門候補が19日、決定した。

 主演男優賞では、「明日への遺言」でB級戦犯として軍事裁判を戦った実在の人物、岡田中将を熱演した藤田まこと(75)が候補に。「おくりびと」の本木雅弘(42)、「クライマーズ・ハイ」の堤真一(44)らと栄冠をかけて争う。

 最多ノミネートは、今年のモントリオール世界映画祭でグランプリを受賞した「おくりびと」の5部門で、これを追う伏兵的な存在が4部門で5人の候補者を出した「アフタースクール」だ。

 ほかにも綾瀬はるか(23)、吉永小百合(63)、堺雅人(35)ら邦画界を盛り上げた出演者の名がズラリ。

 本選は今月中に行われ、1月中旬に紙面で発表予定。2月3日に東京・銀座ブロッサムで授賞式と邦画作品賞の上映が行われる。



「おくりびと」は最初の下馬評はそれほど高くなかったようですけど
予想外のヒットでしたね。
予想外といえば、吉永小百合の「まぼろしの邪馬台国」も意外なヒットでしたね。
やっぱり人情をうたった映画は日本の風土にあっているんでしょうか。
[ 2008/12/20] テーマ : 映画 | TB(0) | CM(0)| 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://softtouch.blog90.fc2.com/tb.php/363-f1795531