スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] テーマ : | トラックバック(-) | コメント(-)| 編集]

報道番組キャスターを選んだTBSアナウンサー小林麻耶(29)(ゲンダイネット) 

2008年12月22日10時00分 / 提供:ゲンダイネット

●“引き留め工作”でTBSにとどまった!?

「フリー転向か」「TBSに残留か」――。情報が錯綜していた小林麻耶(29)の進退がようやく明らかになった。TBSは夕方18時から2時間の大型報道番組を来年4月にスタートさせるが、このキャスターに小林を起用すると正式に発表したのだ。よって小林は「残留」が決定。「NEWS23」の後藤謙次氏、そして後に発表されるとみられるメーンキャスターのみのもんたとともに新番組のかじ取りをしていくことになる。

 発表直前まで小林の“フリー転向説”が流れていたのは、各方面から“引き抜き工作”があったからである。

「今月、ある週刊誌が掲載した女子アナの『潜在視聴率ランキング』によると、小林は局アナの中ではフジの高島彩、中野美奈子に次ぐ3位。そんな人気者を獲得するために妹・麻央の所属プロや、元TBSの故・川田亜子さんが所属した芸能プロが小林と接触を図ろうとしたといわれています。また、爆笑問題や山中秀樹の所属プロ、最近設立されたキャスターのマネジメント会社『フォニックス』も小林の獲得に動いているという情報がありました」(マスコミ関係者)

 まさに入り乱れての争奪戦。なのに小林が数々のオファーを断ってTBSに残る道を選んだのはなぜか。

「小林はバラエティー系と思われていますが、本人はあくまで報道志望で、数年前から局に希望を出していたそうです。それがこれまで実現しなかった。そこで、小林がある芸能プロと複数回接触を持っていたというのが実情。TBSはその情報をキャッチして水際で“引き留め工作”をして、小林を報道番組のキャスターに起用したのではないか」(関係者)

 小林が報道番組を本格的に担当するのは初めてだが、女子アナ評論家の高篠友一氏は「アナウンス技術は確かだし、番組の仕切りもうまい。報道でも大丈夫」と太鼓判を押す。

 来春からは毎夕、小林の笑顔を見られるのは朗報だ。

(日刊ゲンダイ2008年12月19日掲載)



フジテレビも“報道志望”だった中野美奈子を対抗馬にしそう???
[ 2008/12/22] テーマ : 女子アナ | TB(0) | CM(0)| 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://softtouch.blog90.fc2.com/tb.php/400-31d3c1c7







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。