スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] テーマ : | トラックバック(-) | コメント(-)| 編集]

「紅白歌合戦」時間帯視聴率、歌手別トップは「羞恥心」 

1月5日13時40分配信 産経新聞

 大みそかの第59回NHK紅白歌合戦の時間別視聴率が5日、分かった。瞬間最高は午後11時40分で、50.0%(関東地区、以下同)。紅白初の試みとして投票直前に全歌手の出演シーンをダイジェストで振り返る場面だった。歌手別の最高は、「羞恥心」が派手なパフォーマンスを繰り広げた午後10時29分の47.8%。

 午後7時20分から始まった紅白視聴率は尻上がりに上昇。同37分、IKKOやはるな愛の応援を受けた美川憲一(62)の場面で35.1%になり、55分に「崖の上のポニョ」を歌った藤岡藤巻と大橋のぞみでは38.5%に達した。

 後半、紅組のPerfumeに続き白組のジェロ(27)が登場した午後9時35分には41.0%と40%超え。同52分、水谷豊(56)が「カリフォルニア・コネクション」を歌うと43.1%に伸びた。午後11時28分、解禁された「おふくろさん」を歌い上げた森進一(61)は42.3%。大トリを務め号泣した氷川きよし(31)の歌唱シーンは、45~46%だった。

 また紅白歌合戦後半の平均視聴率42.1%、北京オリンピック開会式の37.3%を抜き、2008年の年間視聴率1位になった。



瞬間最高視聴率はそのとき出ていた人に対する興味の大きさではなくて、
それよりもちょっと前に出ていた人に関心があることを示す数字
という分析もありますね。

羞恥心よりも前に歌っていたのはaiko、その前は森山直太朗でしたね。
森山直太朗の曲はちょっと話題になっていたので、
そこに強い関心が寄っていたのかもしれません。

「生きてることが辛いなら いっそ小さく死ねばいい…」
世相を反映した、メッセージ性の強い詩でした。
[ 2009/01/05] テーマ : NHK紅白歌合戦 | TB(0) | CM(0)| 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://softtouch.blog90.fc2.com/tb.php/605-5fa3d5ec







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。