スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] テーマ : | トラックバック(-) | コメント(-)| 編集]

「田舎に泊まろう!」で吉澤ひとみ(23)が少年を泣かせたワケ。 

2009年01月07日13時30分 / 提供:Techinsight Japan

5日(日)の「田舎へ泊まろう!新春3時間生放送スペシャル」で、山梨県の田舎へ行った元モーニング娘。吉澤ひとみ。番組の趣旨どおり、ちょっとした紆余曲折を経て、おばあちゃんが昔、音楽の先生だったという音楽一家に泊めてもらえることに。せっかくお世話になったお宅で吉澤がしでかした事とは?

いつも、暖かい感動を運んでくれるこの番組。毎週毎週「ヤラセなんじゃないか?」と思わせるほど、親切な家庭が芸能人を世話してくれる。大概の家の食卓に並ぶおいしそうな郷土料理や田舎に暮らす人々の生活ぶり、貴重な土地のエピソードなどが垣間見えて思わず故郷に帰りたくなる人気番組だ。
泊めていただいたお礼に必ず行う「一宿一飯の恩義」も見どころのひとつ。これによって、出演したタレントの思わぬ一面が垣間見えたりする。

今回、吉澤は富士山の写真を片手に富士の麓にある標高940mの盆地を目指した。お約束の困難を経て、昔、音楽の先生をしていたというおばあちゃんの音楽一家に泊めてもらえることになった。
慣れない「米とぎ」やお手伝いに励んだ後、吉澤はピアノの練習に打ち込む孫の小学生に話しかける。

「ねえ、好きな女の子いるの?」ちょっと強引に切り込む吉澤。
少年は恥ずかしいのか、ピアノの鍵盤に顔を沈めた。
「ねえ、おしえてよ。」となおも詰め寄る吉澤に、少年は涙を流し泣き始めた。
いつもTVで見ていた元モーニング娘。が自分の家にやってきて、いま一番「家族に聞かれたく無い話」を吉澤に問い詰められた少年の頭は、いささかパニック状態になったのかもしれない。

吉澤は、2007年に最愛の弟を事故で亡くしている。彼女はこの年頃の少年が弟と重なり可愛くて仕方がないのだろう。ついいじりたくなったようだ。

弟の事故死の直後も、モーニング娘。のリーダーとしてコンサートの舞台に立ち、仕事を休まなかった。その頑張りぶりが、加護や辻の休業の際によく比較された。どのメンバーよりも「モー娘。」を大事に思い、人気再燃に一生懸命にやってきた。同じ意思がある矢口真里も「モー娘。」のために頑張っていたが、恋を楽しむ余裕を持っていた。吉澤は矢口のように器用ではない。辛いフットサルの練習に明け暮れ、常に仕事に全力投球だった。

そんな吉澤を、暖かく迎えてくれた田舎のお宅。
翌朝、朝食をいただき、最後まで照れていた少年が学校に行くのを見送った後、掃除などお約束の「一宿一飯の恩義」をきっちりこなし民泊終了。

吉澤のぎこちない「米とぎ」にも“ありがとう”と言ってくれるやさしいおばあちゃんとあったかい家族たち。最近、心の潤いを忘れ少々「男まさり」になりつつある吉澤にとって大きな出会いではなかったか。
(編集部:空野ひこうき)



そういえば、弟を亡くしてもう2年がたつんですね。
気丈に頑張ってきましたね。
最近はフットサルやっているのかな・・・。
Hangry&Angryもどうなったんだろう。
[ 2009/01/07] テーマ : ハロー!プロジェクト | TB(0) | CM(0)| 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://softtouch.blog90.fc2.com/tb.php/627-5d245272







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。