スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] テーマ : | トラックバック(-) | コメント(-)| 編集]

この人物のオモテとウラ 嘉門達夫(49) 「三度目の正直」)(ゲンダイネット) 

2009年01月10日10時00分 / 提供:ゲンダイネット

●43歳の美人女医と…

「替え歌メドレー」などで人気のシンガー・ソングライター、嘉門達夫(49)が、都内の大学病院に勤める43歳の眼科医と結婚していたことが、12月25日にわかった。2008年春に出会って、11月30日に入籍し、東京・港区の八芳園で挙式というスピード婚だった。新婦・こずえさんのお披露目パーティーは、この2月に桂雀々、北野誠らを発起人にして東京、大阪で行われる予定だという。

 2人はワイン好きの共通の友人を通じて知り合い、グループ交際などを経て意気投合し、交際がスタート。4月に嘉門がトークゲストとして出演した桂雀々の独演会後の打ち上げで、桂や北野などの友人にこずえさんを紹介した。この席で嘉門がトイレに行っている間に、友人たちがこずえさんに「達夫をよろしく頼む」と猛烈アピールしたという。

 嘉門も自身のブログで「ありがたい友人たちに背中を押されて、もちろん互いに『この人とやっていこう!』と強く思ってのことですが、なんとか結婚しましたわ」と告白し、プロポーズの言葉は特にないが、嘉門と年齢が同じだという東京タワーで婚約指輪を渡したと書いている。

 1959年、大阪府生まれの嘉門は、今年50歳を迎える。初婚となるが、恋愛と縁遠かったわけではない。92年には一般女性と婚約し各所で紹介していたが、結局は婚約を解消。96年にはモデルの甲賀瑞穂との交際が発覚したが、これもまた破局している。

「独身でいる理由について嘉門は“家庭に入りたがる女性は好きじゃない”という一方で“向上心の強い女性はダメだ”など矛盾だらけの言い訳をしてきました。高校時代に強引に笑福亭鶴光に弟子入りしたものの、意見の食い違いで破門されるなど、理想に向けて妥協しない一面を持っています。嘉門本人の言う通り妥協不要の女性だったから、結婚に至ったのではないでしょうか」(ベテラン芸能ライター)

 このベテラン芸能ライターが言うように、理想を追求し妥協しない嘉門の性格は、これまでにいろんな場面で表れている。

 高校の卒業式で卒業生代表を務めた嘉門は、羽織袴(はかま)でDJ風のギャグ答辞を読んだが、途中、強制退場させられそうになるが、これにあらがい最後まで読み通したという。替え歌を作る時には必ず本人に挨拶し、使用許可を取る。CDレンタルには断固反対の姿勢を示し、「レンタルの人は参加するな」などのセリフも有名だ。阪神大震災の際に神戸市のホテルで被災した後には即500万円を、また自宅を売却して3000万円を追加で義援金として被災地に送ったこともある。さらにダイエットに関しても厳格で、41歳で決意してダイエットし7キロやせた体形を今でも維持しているという。

 よく言えば男気があるが、逆から見れば頑固一徹なのだ。「結婚は妥協の産物」という言葉もあるが、これまでの嘉門の生きざまからは妥協しての結婚などあり得ないだろう。妥協を避けて独身を貫いてきた嘉門達夫が最後に選んだ新妻が、どれだけ「いい女」なのか。2月のお披露目パーティーは注目である。

(日刊ゲンダイ2009年1月7日掲載)



初婚だったのは意外でした。
[ 2009/01/10] テーマ : お笑い芸人 | TB(0) | CM(0)| 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://softtouch.blog90.fc2.com/tb.php/659-062c8d2d







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。