スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] テーマ : | トラックバック(-) | コメント(-)| 編集]

あややこと松浦亜弥(22)、骨折なんの!!ド根性ステージ 

2009.1.11 05:03 サンスポ

 5日に自宅で左足薬指を強打し、骨折した歌手、松浦亜弥(22)が10日、東京・中野サンプラザでスタートしたハロー!プロジェクトの新春ツアーに出演。全治6週間ながら、痛み止めを飲んで臨み、アクティブに熱唱。ニューハーフタレント、はるな愛(32)のものまねで知られる「Yeah!めっちゃホリディ」では、普段とは逆の右足を軸にして決めポーズを取るなど、プロ根性を見せつけた。


 ホントは“めっちゃ”痛いはずが、渾身の決めポーズだ。

 全治6週間の「左第四趾末節(しまつせつ)骨折」というアクシデントに見舞われ、痛み止めの服用と患部へのテーピングでハロプロ年長公演「エルダークラブ~Thank you for your LOVE!~」に臨んだあやや。公演の中盤で、豹柄のミニスカート姿で登場するや、満員の2200人に「気合、入ってますかぁ!」と呼びかけ、「Yeah!めっちゃホリディ」を披露した。

 けがの影響で、右足でしかリズムを取ることができない。そこで、はるな愛のものまねでもおなじみ、同曲最大の見どころ、左足1本で立ち、右足を横斜めに出して左手を伸ばす“スラッシュポーズ”に客席の注目が集まった。

 無理か…と思われたその瞬間、右足1本で立ち、手足を鏡に映して反転させたような“逆スラッシュ”を敢行。客席からはどよめきと拍手が沸き起こった。初の試みだけに、着地で若干バランスを崩したが、最後まで伸びやかな歌声とスマイルでファンを魅了した。

 公演の冒頭「私の不注意で、地味にポキッと、やってしまいました。動きが制限されると思いますが、精いっぱい頑張ります」とあいさつ。所属事務所によると、舞台での立ち位置が若干変更された以外に、曲数などの変更はなかったという。

 松浦がそこまでこの公演にこだわるのには、理由があった。2月1日の横浜アリーナ公演を最後にハロプロを卒業する。デビューから8年間、苦楽をともにしてきたメンバーたちとの“別れ”を控え、残りの共演ステージを中途半端なものにしたくない-。そんな思いがみなぎっていた。

 2006年10月には、あごに激痛が走る顎関節症を発症。通院しながらステージに立ち続けた経験も生きた。あややハロプロの“卒業証書”代わりに得た不屈のアーティスト魂で、ソロとしての飛躍を目指す。



最近では明らかにはるな愛の方が売れていますからね。
本家としては休んでいられないですね。
[ 2009/01/11] テーマ : 松浦亜弥 | TB(0) | CM(0)| 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://softtouch.blog90.fc2.com/tb.php/669-182393eb







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。