スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] テーマ : | トラックバック(-) | コメント(-)| 編集]

注目番組の視聴率(ゲンダイネット) - バカ殿とか仮装大賞とか・・・ 

2009年01月16日10時00分 / 提供:ゲンダイネット

●伸び悩んだ江口、稲垣の「トライアングル」

《14.7%》

 新ドラマは大河ドラマ「天地人」がロケットスタートを切って、民放は押され気味。そんな中で放送されたのが江口洋介、稲垣吾郎、広末涼子の「トライアングル」(フジテレビ)。江口と稲垣が刑事役で25年前の少女の殺人事件を追いかけるサスペンス。脇を堺雅人、谷原章介、佐々木蔵之介ら中堅、北大路欣也、小日向文世らベテランが固め、キャスティングはベスト。

 しかし、初回は14.7%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)と伸び悩んだ。ラストで死んだはずの少女が生きていて、それが広末だったという、初回から大逆転のストーリーは意外だった。今後の展開はまったく読めない。その点は前クール放送の「SCANDAL」(TBS)が似ているかも。

●「仮装大賞」はさすがに賞味期限切れ

《12.7%》

 先週までは年始スペシャルが連日のように放送され、ウンザリだった人がほとんどだろう。この時期の恒例の正月番組も何本か放送された。

 たとえば、8日放送の「志村けんのバカ殿様 年の初めはバカ笑い!特大版」(フジテレビ)と「欽ちゃん&香取慎吾の第81回全日本仮装大賞」(日本テレビ)。「バカ殿様」は15.5%をマーク。最近のスペシャルはこの前後。「仮装大賞」は12.7%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)。かつて「仮装大賞」は30%近い視聴率を記録していたオバケ番組で、今年は大賞を「海の中のポニョ」を演じた少女らが受賞してタイムリーな気がしたが、結果は飽きられている感が否めない。

 さすがに賞味期限切れなのでは。

(日刊ゲンダイ2009年1月13日掲載)



稲垣吾郎は人気無いな。
[ 2009/01/16] テーマ : ★★★テレビ視聴率★★★ | TB(0) | CM(0)| 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://softtouch.blog90.fc2.com/tb.php/744-5a9f1c40







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。