スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] テーマ : | トラックバック(-) | コメント(-)| 編集]

フジテレビがなぜこんなタレントに振り回されているのか(ゲンダイネット) 

2009年01月19日10時00分 / 提供:ゲンダイネット

●相撲協会の抗議に謝罪したが…

 フジテレビが、開き直った小倉智昭(61)に振り回されている。情報番組「とくダネ!」(フジテレビ)で横綱・朝青龍に向けて発したキャスター・小倉の“八百長示唆”発言。これに対して日本相撲協会から抗議を受けると、小倉は番組で「申し訳ありませんでした」と謝罪した上で、「責任を取れというのであれば、いつでもこの番組の司会をやめさせてもらって結構です」と逆に局側を挑発する始末。まるで“オレを切れるものなら切ってみろ!”と言わんばかりだった。

 自分がピンチになるとゴタクを並べるのはいつものことで、“降板”を口にするのも初めてではない。2年前は「オレはそんなに数字を取れるタイプじゃない。(番組は)もうすぐ終わりますよ」とボヤいてみせたし、13日の放送でも「いつでも(キャスターを)代わる準備があるよ」と居直った。

 この小倉の態度にはこんな見方もある。

「最近はどのテレビ局も制作費の削減を進めていて、福留功男、徳光和夫、みのもんたといった出演料が高額のベテランキャスターに大ナタをふるっています。小倉は自分にも包囲網が迫っていることを察知しているはず。体裁を考え、“クビ”を宣告される前に“自主退職”しようとしているのかもしれません」(放送評論家・松尾羊一氏)

 予防線を張っているということか。

●視聴率は10%前後をウロウロ

 同番組は視聴率も最近は10%前後をウロウロしていて、勢いを失っている。

 12日も日本テレビの「スッキリ!!」が10.5%だったが、「とくダネ!」は10.2%。僅差で敗れた(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 それにしても情けないのはフジテレビの対応だ。

 同局は昨年まで5年連続で年間視聴率首位を達成した民放の雄。今回のトラブルで小倉が「やめる」と言っているのに、プロデューサーが相撲協会までノコノコ出かけて弁明するなど、小倉に振り回されっぱなしだ。前出の松尾氏が言う。

「フジにとって小倉は『とくダネ!』を引っ張ってきてくれた立役者で引導を渡しづらいのかもしれません。それに小倉の代役を探すのが面倒くさい気持ちが強いのではないでしょうか。でも、日本テレビが『情報ライブ ミヤネ屋』でフリー司会者の宮根誠司を起用して成功したように、挑戦しなければダメです」

 このままでは小倉はますます傲慢(ごうまん)になる。「いつでも代わる」と言っているのだから、この際、手をこまぬいている場合ではない。

(日刊ゲンダイ2009年1月16日掲載)



相撲協会も朝青龍には何も言えないくせして、
フジテレビには、映像の権利関係を盾に偉そうなこといってきますね(笑)。
[ 2009/01/19] テーマ : フジテレビ | TB(0) | CM(0)| 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://softtouch.blog90.fc2.com/tb.php/775-d8867f7f







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。