スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] テーマ : | トラックバック(-) | コメント(-)| 編集]

この人物のオモテとウラ 井川遥(32)「おめでた」でファンはヤキモキ(ゲンダイネット) 

2009年01月24日10時00分 / 提供:ゲンダイネット

「まさか、このままフェードアウトしちゃう気じゃないだろうな」

 ファンの間でこんな心配の声が上がっている。女優・井川遥(32)の妊娠について、だ。井川が妊娠を発表したのは先週14日のこと。公式ホームページで「新しい命を授かりました。今は初夏に向けて母になる喜びをかみしめる毎日です」とつづった。ファッションデザイナーの松本与氏(46)と結婚したのは06年11月。「できちゃった婚」じゃないところが、いかにも“元祖・癒やし系”の井川らしくて、ファンも好感を持って迎えているはずだが、同時に“心配の種”でもあるらしい。

「井川の“主婦願望”はファンの間では有名な話。出産を機にこのまま“引退”してしまうんじゃないか、と気を揉んでいるのです」(事情通)

 今どきの女優には珍しく、もともと「前に、前に」と出るタイプではない。昔ながらの日本人女性らしい「しとやかさ」が、ご覧のポッテリ唇とあいまって「癒やし系」といわれたゆえん。最盛期には年間120誌の表紙を飾ったこともある。その頃から「30歳までには結婚したい。芸能界にずっといたいという気持ちはありません」と公言していた。

 実際、昨年暮れまで朝日新聞に連載していたエッセーでは、夫の松本氏を「旦那」と呼び、あけすけな日常をつづっていた。たとえば、結婚後初めて迎えた正月をどう過ごしたらいいか母に相談し、「とにかくエプロンを持って行きなさい」とアドバイスされたこと、結局、夫の両親は旅行中で年始の挨拶に行っただけだったこと、さらにはある日の料理の味付けで「旦那」と口論になりかけたこと、それでもグッと言葉をのみ込んだこと、などなど。どこの新婚家庭でも起こりそうな出来事の数々で、普通の主婦を楽しんでいる心境がヒシヒシと伝わってくる。

 さらに周囲をヤキモキさせるのが夫・松本氏のカクカクたる経歴。自らのブランド「ato」を持ち、東京コレクションなどでも活躍中のデザイナーというのはご存じの通り。凄いのは、その父親がAV機器メーカー「パイオニア」の元会長・松本冠也氏であることだ。

「少なくとも金銭面ではすでにあくせく働く必要がないのです。むしろ、欲しいものがあるとすれば子供。結婚前から“3、4人は欲しい”と言っていた。もともと芸能活動に執着するタイプじゃないだけに、ひょっとするとひょっとするかも知れません」(テレビ関係者)

 事務所によると「現在撮影中の映画は最後まで参加する予定」という。その後は、まさか――。

(日刊ゲンダイ2009年1月21日掲載)



もはや井川遥は過去の人なので
ファンもいるかどうか不明ですね。
むしろ、今の“癒し系アイドル安田美沙子の恋人発覚の方が
ファンはヤキモキしているだろうし、イメージのダウンが大きいでしょうね。
[ 2009/01/24] テーマ : 芸能人の恋愛・結婚・離婚 | TB(0) | CM(0)| 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://softtouch.blog90.fc2.com/tb.php/815-5950ce97







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。