スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] テーマ : | トラックバック(-) | コメント(-)| 編集]

オバマ大統領で民放各局の視聴率はどうだったのか(ゲンダイネット) 

2009年01月29日10時00分 / 提供:ゲンダイネット

 オバマ旋風に沸く米国。日本もオバマで大騒ぎで、ネット生保のライフネット生命保険が日本人のオバマ支持率を調べたところ、89.7%だった。これは米CNNが発表した84.0%を上回る数字だ。

 もっとも、本当に盛り上がっているかというとそうでもない。視聴率を調べてみると……。

「就任式後の21日の日テレの『スッキリ!!』、TBSの『みのもんたの朝ズバッ!』、フジの『とくダネ!』は1カ月平均と比較して、視聴率は微増程度。思ったほど数字は稼げませんでした」(あるテレビマン)

 テレビ朝日の「スーパーモーニング」は赤江珠緒キャスターをワシントンに派遣して現地リポートさせたが、視聴率は6.6%。“珠ちゃん効果”で20日よりアップした数字はたった0.3ポイントだった。

 ちなみに、NHKが21日未明に生中継したオバマ就任式は5.9%で普段の2~3倍。午前7時の「おはよう日本」も13.7%と2~3ポイントアップし、やっぱりNHKが強かった。オバマ、オバマと騒いでいる割に民放への恩恵は限定的。騒いでいるのはテレビだけ?

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区)

(日刊ゲンダイ2009年1月26日掲載)



そりゃ、日本はただですら投票率50パーセントあたりをうろちょろしていて
政治的無関心の国民ですからね。
ましてや、海の向こうアメリカの政治になんか関心ないでしょ。

ただ、今度ばかりは多少関心をもっておいたほうがいいでしょうね。
金融危機を脱出できるかどうかはアメリカにかかっていると
いっても過言ではないですからね。
[ 2009/01/30] テーマ : ★★★テレビ視聴率★★★ | TB(0) | CM(0)| 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://softtouch.blog90.fc2.com/tb.php/851-d7c0f7c1







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。