スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] テーマ : | トラックバック(-) | コメント(-)| 編集]

「肺炎の一歩手前」…桂歌丸(72)が緊急入院 

2009年02月03日06時02分 / 提供:スポニチ

 日本テレビの人気番組「笑点」の司会でもおなじみの落語家・桂歌丸(72)が2日、肺気腫のため都内の病院に緊急入院した。このため、東京・江戸川区総合文化センター小ホールでこの日に出演を予定していた「江戸川落語会」をキャンセル。代演は三遊亭小遊三(61)が務めた。

 本紙の取材に冨士子夫人(76)は「医師からは肺炎の一歩手前だったと言われた」と話し、1週間の入院が必要と診断されたことを明かした。呼吸器系がもともと弱かったという歌丸。1月30日に九州公演から帰京した際に「ちょっとおかしいな」と胸に違和感があることを訴えていた。

 翌31日に行われた「笑点」の収録はなんとか乗り切ったが、同日に横浜の三吉演芸場で行った独演会は、高座には上がったものの「すみません。声が出なくて…」と満員の客に断って仲入りで退席。定期的に通っている病院で2日に検査を受け、そのまま入院を勧められたという。

 歌丸は落語芸術協会会長という要職にあり、また独演会などにも精力的に取り組んでいる。冨士子夫人は「疲れもたまっていたんでしょう。今後のスケジュールは調整が必要になりましたが、食事もきちんと取れていますし、元気ですよ。14日の次の“笑点”の収録には間に合うと思います」と語った。

 ▼肺気腫 酸素を体内に取り込み、CO2を体外に排出する働きをしている肺胞が壊れることから起こる疾患。息を吐き出しても肺から出て行かなくなるなど呼吸困難が生じる。中年以降の男性が多く発症。患者の8割以上が喫煙者。



円楽よりも先に桂歌丸のほうが危ない・・・。
[ 2009/02/03] テーマ : 落語 | TB(0) | CM(0)| 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://softtouch.blog90.fc2.com/tb.php/891-9f9b35bc







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。